FC2ブログ

ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人生を変える!「心のブレーキ」の外し方

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~
(2006/11/21)
石井 裕之

商品詳細を見る


何の本だったろう...

何かの本でこの人生を変える!「心のブレーキ」の外し方の言葉が引用されていた。

心に響いた言葉だったのでスケジュール帳のメモ欄に書いておいた。

「根拠のないハッタリの自信」さえあればいい。結局はやるかやらないか


そう私は自信がないことばかり。それもそのはず。世の中にはごまんと人がいてそれぞれ秀でた能力を持っている。上を見ればキリがない。

私はこうやって本を読んで、ブログに感想のようなものを書いているけれど、文章を書くのはすこぶる自信が無い。他の書評ブログを見るとなるほどと感心されられることが多い。

他のことでもそうだ。自分が何かしよう若しくはしていることでも上には上がいる。そんなことを言っていてはいつまでも「自信」を持つことはできない。

良い意味で自信を持たないと、上手く行くことも上手く行かない...時もある。と思う。


そんなことでこの人生を変える!「心のブレーキ」の外し方の言葉が心に残った。それから3カ月たった先日どうしても全部読みたくなったので早速アマゾンで注文しようと人生を変える!「心のブレーキ」の外し方のページを見てみた。

人気の本だったので感想は沢山あるだろうと思っていたが、思いのほか感想が多かった。そして、悪い感想が多かった。流されやすい私はなんだこの本評判悪いから読まなくてもいいかななんて思う。

アマゾンの感想は、買う前に人の評価を見ることができるから買って損する本?は買わずに済むが、逆にそれが迷う原因になったりもする。

欲しいものの評価が悪いとどうも迷いが生じる。まぁ、それでも欲しい時は買えばいいだけの話だが...

そして、勇気を振り絞って買ってみた。そして、読んでみた。


うん、面白かった。私は役に立つ本だと思った。

そこで、気づいた。アマゾンで悪い評価がついている本は自分はけっこう面白いというか読みやすいというか、参考になる。タメになる。

逆に良い評価が沢山ついている本は、読んでいて辛くなるし、結局何も残らない場合が多い。私の場合は。

どうなんでしょうか。本って何か得たい情報がある時に読むとすごく参考になるけど、たいして困っていないときにビジネス書なんぞ読んでも全然面白くないのでは?と思う。これも私の場合。

結局はなんだか悩んでいるときに、何冊かその悩みを解決してくれそうな本を読んでみるしかないのかな。もしかしたら一冊目で解決してくれるかもしれないし、5冊目かもしれな。さらに、何冊読んでも解決してくれないかもしれない。それでも得るものはあるはず。ビジネス書とはそんなものだと思う。

何かすごく脱線していまったけど、たまに自分の思いを書きたくなる時がある。それが今日らしい。

また、変なタイミングで目次を紹介します。

1 スタートは、できるだけ丁寧にゆっくりとやる。
2 なぜ、感情やヤル気は長続きしないのか?
3 あなたの中にいる“たくさんのあなた”に心を配る。
4 迷ったときに役立つ“たったひとつの言葉”
5 過去も未来も変える力
6 実績や経験に頼らない。
7 フェイク・イット!


特に潜在意識に関する話が多い。潜在意識と顕在意識との違いを理解することによって「心のブレーキ」を外すというのがこの本のキモ。

よくある話だけど、いわゆる3日坊主になってしまう理由はなぜか?この本によれば潜在意識を変えなければ変わろうとしても変わる前の自分に潜在意識が引き戻してしまうらしい。

これも良くある話だけど潜在意識を変えると言う話。でも、潜在意識は意識的に変えることができないから、じゃあ、どうすればいいの?その答えがこの本に書いてあります。

心に残ったフレーズがいくつもありました。

この本を読んで分かったことがいくつかあります。

それはアマゾンの評価は気にしないでまずは買ってみるということ(笑)

これも「心のブレーキ」の外し方の一つかななんて思っていますが。

厳しいレビューがいっぱい!
>>「心のブレーキ」の外し方|アマゾンのレビューを見る

| 成功哲学 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「0円販促」を成功させる5つの法則

0円販促を成功させる5つの法則 (DO BOOKS)0円販促を成功させる5つの法則 (DO BOOKS)
(2009/03/05)
米満 和彦

商品詳細を見る


そもそも販促って何だ?という方のために販促について調べてみた。
というか、自分もぼんやりとしか分からなかったので調べてみた。

販促とは…

同義語 → 販売促進、セールス・プロモーション

キャンペーンなどを利用して、消費者の購買意欲や流通業者の販売意欲を引き出す取り組み全般。
セールス・プロモーションは、プル戦略の中心となる。広告などのプル戦略で喚起した消費者の関心を実際の購買に結びつけるのが主目的であるため、即物的な側面が強い。
セールス・プロモーションの手段は(1)消費者向け (2)流通チャネル向け (3)社内(営業担当者)向けの3種類に大別できる。



この度のお話は(1)消費者向けということでさらに詳しく調べてみると…

消費者向けセールス・プロモーションは、主に流通業者を介して潜在顧客に試用を促したり、値引きや記念品などのおまけ(景品)を付けるなどの手段を講じることで購入意向を促すもの。製品の試用(サンプリング)、製品の実演(デモンストレーション)、値引き、景品提供、店頭ディスプレイ、イベント・スポンサーシップなどがある。


ということで、ちょっと?な感じはあるけども、要はいくら立派な、便利な、おすすめな商品や自信作であっても、世の人々に知らしめなければ、その商品やサービスは無いに等しいということです。

商品やサービスを世間に認知してもらい、選択肢に入れてもらい、そしてリピーターを増やすためにはどうしたら良いのかということですね。

日本の企業の多くは中小企業ですので、販促に多くの資金を投入することは難しいということで、お金をかけないで販促をする必要があるのですね。

そこでこの「0円販促」が非常に有効な訳です。

「0円販促」を成功させるための5つの法則が書かれています。

目次

1章 素人でもできるインターネット販促で商売繁盛
2章 集客が半永久的に継続するツールで商売繁盛
3章 店の「個性」を打ち出すだけで商売繁盛
4章 考えて!考えて!考えて! 商売繁盛
5章 「人」、「情熱」を付加した最強クチコミで商売繁盛
終章



1章ではインターネットを使った販促方法を紹介しています。
今の時代自社のHPを持っていない会社は非常にもったいないと思います。毎日多くの人が検索エンジンを使って何かしら情報を探していますから、HPを持っていれば訪れてくれる可能性があります。そこで、有益な情報を発信していれば何か商品を買ってくれるかもしれません。

私のこのようなブログでさえ1日数十人の方が訪問してくれます。さらに、「0円販促」ではHPにある仕掛けをすることでもっと効果がある方法を紹介しています。

2章では継続的にお金をかけることなく集客する方法を紹介しています。
大企業は折り込みチラシなどをバンバン投入することができるでしょうが、地元の小さなお店ではそうはいきません。しかも、チラシはある程度期間限定で何回もチラシを作成して配布しなければなりません。もし、思ったような効果を上げることができなければ大きな痛手となってしまいます。そのようなことが続けば中小企業は宣伝を続けることができなくなるでしょう。
ということで、費用をかけることなく集客できるような方法を使う必要があるのですね。

著者の米満さんが言っています。

やはり自分で情報を収集して、考えて、考えて、方法を考えるべきだと。

確かに、何種類かこの「0円販促」でも具体的な例は載っています。でも、自分で考えて、自分の考えでやってみる必要があると。

そうじゃないと、いつも人に頼ってしまって自分では何もできない人になってしまうと。

意味はなんとなくわかります。
自分の子供にはお金を残すのではなく、お金を稼ぐ方法を残してやるとういう感じかなと思います。

ただ、0から何かを考えだすというのは難しいというか、たぶん無理なので(私は)、真似てもいいんじゃないかなと思います。パクリはダメですが、真似ならいいのでは?って違いがわかりませんが、真似する先に断るか、自分流にアレンジしてみればいいのかななんて。

まずは、動く。そして、失敗する。そうすると何か見えてくるのかな。

良いアイディアがあるけどどうしたらみんなに周知できるかなとか、自信作が出来上がったけどどうしたら売れるかなとか考えている小さな商店を営んでいる方や、はたまた会社にお勤めの方で販売に携わっている方はこの「0円販促」を読んで見て下さい。

実行すれば…きっとお客さんが喜んであなたのお店に来てくれますよ。

って、自分もやってみようと思います。


【編集後記】

初めて、献本をしていただきました!

この「0円販促」がそうです。
メールでオファーをいただいたのですが、まさか自分が献本を受けるとは夢にも思っていませんでしたから驚きました。

有名書評ブロガーさん、いわゆるアルファブロガーさんたちのブログでは献本されているという話をちらほら聞いていましたがまさか自分に来るなんて…

献本されたからといっても、自分の感じたことを素直に書きたいと思います。

ただ…正直うれしかったです (。´Д⊂) ウワァァァン!

米満さん!サイン入りの献本ありがとうございましたm(__)m

「0円販促」を成功させる5つの法則

| ビジネススキル | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事が夢と感動であふれる5つの物語

仕事が夢と感動であふれる5つの物語 (講演CD付)仕事が夢と感動であふれる5つの物語 (講演CD付)
(2008/10/31)
福島正伸

商品詳細を見る




amazonさんで私におすすめの本ということでまんまと買ってみました。

以前の購入履歴や閲覧履歴からおすすめの本は選ばれているとのことですが、確かに仕事に関する悩みの本を買ったり、探していますね私。

先日読んだ「この世でいちばん大事な「カネ」の話」では、夢を持つことすら忘れてしまった人や夢を持っても夢を実現することはほぼ不可能な環境にある子供たちの話が書いてあったので、「仕事が夢と感動であふれる5つの物語」とはちょっと内容が対極にあるのかななんて気持ちで読み始めてみましたよ。

まずは、著者の福島正伸さんは企業家セミナーを開催しており、この会で実際にあった5つの話を本に掲載しています。

どれも良い話だなぁ~と、感動します。そして、その具体的な話の次に夢を持って仕事をすることの大切さや見つけ方を語っています。

なんとな~く、いい話はいい話なんですが、いざ自分の生活が変わるかというとそういう訳でもなく、読んで終わっちゃいそうな感じもします。

CDも付いていまして、本の内容がそのまま入っているのかなと思いながら聞いてみると、本の内容とはまた違った講演会の様子が収録されています。

こちらも良い話です。本当に話し方が上手だと思います。ユーモアもありながら大切なことを伝える。いつかこんな風に人前で話せるようになってみたいとも思いますね。

どうもこの手の本は読んで感心して、感動して、成長した気持ちになって...でもいざ生活に戻ると何も変化が無かったりします。

なぜか?実際に行動に移さないからだと思います。私がそうなんですが、なんだか出来る人になったように勘違いしてただ優越感に浸ったりして、自分はいっぱい本を読んでいるから人よりもできるみたいな勘違いをしているときがあります。

逆効果ですよね。これでは。謙虚に本に書いてある方法を実行しなければ何も変わりません。しかも、継続することに意味がありそうな気がします。恐らく、成功本に書いてある内容はほぼ同じかななんて思います。ですから、何冊読んでもほとんど同じ内容が書いてあるような気がします。

それでも、また買っちゃいます。なぜか?成功したい、成長したい、と思って成功本や自己啓発本を買って読んでいるのに変化がないから。それは読んで満足しているだけだから。実行に移さないから。

そして、いざ実行しても上手く行かないときも多々あると思います。

「なんだよあいつアツくてウゼーな」

なんて思われるときもあるでしょう。そう思われるのが怖くて何も変われないときもあります。でも、最近知ったのですが自分はいかに狭い世界にしか住んでないことがわかりました。同じ職場でも私のいる部署はけっこう古風、保守的、なあなあ主義、よくいえば家族的で古き良き時代の職場と言えます。しかし、他の部署の人の話を聞いてみると意外とアツかったり、自分の言いたいようなことをバシバシ発信している人もいたりします。

周りに溶け込むことも大事です。でも、自分が矢面にたって職場を引っかき回すこともアリかもしれません。一度きりの人生です、人に迷惑をかけない程度に、自分の考えを発信してみようかなと思ったきっかけを作ってくれた一冊です。


【編集後記】

成功本の読み方...名書と呼ばれる一冊に絞って何回も読み込んでもいいし、いろんな本を沢山読んでもどっちでも結局同じような気がします。

いろんな本を読めば知識が増えそうですが、意外とそんなに覚えていません。ただし、成功本は重複しているところが多いので、重複しているところは覚えるかもしれません。

まぁ、私は飽きやすい性格なので、いろんな成功本を買い続けると思います。ははっ。

| 成功哲学 | 13:41 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

この世でいちばん大事な「カネ」の話

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
(2008/12/11)
西原 理恵子

商品詳細を見る


「カネ」の教育を受けて来なかったような気がするので
お金について知っておこうかなと思って読んでみました。

まずは読みやすい「よりみちパン!セ」シリーズから読んでみようかなと...

意外と言ってはなんですが、実はお金ってすばらしいものですよ!
というような話かなと思って読み始めたのですが、
いえいえ全然違います。
もっとリアルな話。

カネがないとどういうことになるか?という話で著者の西原さんが
小さい頃貧乏だった話から始まります。

本当に貧乏だと夢も希望も無くなるそうです。そして、親が夢も
希望もないと、小さい時にこんな親になりたくないなと思っていた
姿にいつのまにかなってしまうという負のスパイラルが続くのだそうです。

いつも読む成功の法則や自己啓発系の本には、夢や希望は諦めなければ
いつか必ず叶う...いや、違うな、なんていうんだろう...
読んでいていてなんとなく違和感、どこか自分とは遠い世界の話のようで
しっくりこない感じがいつもするのだけれど、この本はリアルに感じる。

といっても、私は幸いにも裕福な家庭で育ったわけでもないと思うけど
ちゃんと家もあって、食べたい時に食べたいものが食べれて、
しかもおもちゃもそれなりに沢山買ってもらって育ちました。

親はギャンブルもしないし、酒もほとんど飲まないので
修羅場なんて見たこともありません。

だけど、なんとなく言わんとしていることはわかります。

私は幸せな家庭で育ったんだなと改めて感じ、そして親に感謝です。

また、西原さんは貧しいアジアの国々を回っているそうですが、
日本とは比べ物にならないほどの貧困がそこにはあるそうです。

先日「世界がもし100人の村だったら」というテレビでも見ましたが
小学生にも満たないような子供が家族の食う分を稼ぐために
働いている状況がアジアの国々ではあります。

なぜ、そんな状況になるのか?政治の問題なのか、親の問題なのか
わかりませんが、そんな国の子達は負のスパイラルから抜け出せるのでしょうか?

その子達にも夢や希望はあるそうです。でも西原さんは言っています。無理だろうと...

比較する?比較して良いのかさえ疑問ですが、それに比べて自分は、
ヤル気さえあれば何でも出来る状況にありながら、夢や希望をもっていない。

先進国の多くは選択肢がありすぎるために、自分のやりたいことが
見つけられないのだろうか?

そして、そのまま一生を終えるのだろうか?

漠然と目の前の仕事をやっつけながら生きていくことも
必要な時もあるのだろうか?

決してやりがいが無いわけではない。
やりがいがない仕事なんてないかもしれない。
その仕事のとらえ方、考え方、やり方、先を見通す目
自分がしている仕事によって誰かが笑顔になっているとすれば
自分の仕事にやりがいが無いわけがない。

今は仕事を選べる経済状況でないことも認識しているが
それでも今の仕事も含めてやりがいを見つけていきたい。

どうも最近気づいたのだが、人からありがとうと言われると
単純にうれしいことがわかってきた。

仕事の対価としてありがとうと言われるような仕事をしたい。
業種ではなく仕事の仕方で何でも良いような気がする。

ただ、一点。なにかあった時に家族を守ることができる
経済力だけは絶対に持っておきたい。

ところで「よりみちパン!セ」って青少年向けの単行本のような
気がするのだけど(実際、漢字には全部ふり仮名が書いてあるし。)
三十路手前の私が読んでも読みごたえ十分ですごく勉強になったのだが...
私の心はまだ青少年なのだろうか(笑)

| お金 | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あんたの神さま

あんたの神さまあんたの神さま
(2009/02/17)
てんつくマン

商品詳細を見る


「夢を叶えるゾウ」みたいな感じかなと思ったけど
ちょっと違いました。

人は本当にやりたいことを始めるとそれぞれの神さまが
手を貸してくれてどんどん事が上手く進んでいくという話かな。

著者の「てんつくマン」という人は山崎邦正とコンビを組んでいた
お笑いの方らしい。

1994年にお笑いを辞めて、映画作りを始めたとのこと。

映画作りの話もちょっとだけあるけど、海外ボランティアの話が
多かったような気がする。

ただ、海外ボランティアという話は一つの例であって
伝えたいことは人は本当にやりたいことをウキウキしながら
楽しんでやっていれば必ず上手くいくということなのかなと思う。

いろんな良い話があった。
いろんな影響を受けた言葉があった。

私は自分に自信がない。
だが「あんたの神さま」によれば自信がないからこそ
やってみることなのだという。

やりたいことが何なのかもいまいちピンと来てないけど
なんとなく人に喜んでもらえるとうれしいし、
充実した気持ちになる。

今の仕事を通じても人のためにできることは無限にあると思う。

良い意味で現状に満足せずにどうやったら周りの人間を
喜ばすことができるか、元気にすることができるのか
考えて、実行していきたい。

どんなことにも意味がある。と「神さま」が言っていた。

どうも最近ネガティブになっていたような気がするので
起きた出来事を前向きにとらえて新しい季節を迎えたいと思う。

| 成功哲学 | 22:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コミュニケーションって難しい?

いつもいつも思います。
コミュニケーションをとることは難しいです。

先日、職場の酒飲みでいろんな部署の方と話をする
機会がありました。

その時、誰ともうまく話せませんでした。

元来、話好きなのですが、どうも昨日はうまく行きませんでした。

なぜ?

私の父親も他人とコミュニケーションをとるのが苦手だと思います。
滅多に酒飲みになんか行きませんし、酒飲みの場で
酒を飲むことすらしません。

人と関わることが基本的に面倒くさいのかな?と感じています。
それでも最近ではやっと丸くなって?(今さら(笑))
仲の良い友達とご飯を食べたりして、その事を私にうれしそうに
報告してきます。

やっぱり人と関わりを持つことって重要だと思います。

小さい頃から他人嫌いの父親を見てきて、自分はそういう人間に
ならないようにと思っていたのですが、やはりそこはカエルの子は
カエルとうことで...

最近はめっきり、初対面の方と話すのがすごく面倒になってきました。

家族とはいつも話しているので、相手も自分を知っているし、
自分も相手を知っているので話すのも楽です。

でも初対面やあまり知らない人と話すときは、会話を探すのが
すごく面倒です。

20代前半のときは合コンとか大好きで、初対面の人と話すのも
大好きだったんですけど、今はそういうパワーもナッシング~。

今流行の「草食系男子」ってやつですかね、自分。

自分の趣味に没頭して、開放的になれない私...


でも、こんなんじゃダメだと。
もっと、いろんな人と上手くやっていかないと。
人間関係は大事ですから。

そこで最近そういえばこんな本買ってたなぁ~ということで
ちょこっと読んでみましたよ。

なぜあの人は人前で話すのがうまいのかなぜあの人は人前で話すのがうまいのか
(2007/12/07)
中谷彰宏

商品詳細を見る


自己紹介の重要性が書いてありました。

昨日も全然自己紹介できてなかったことを反省(ノД`)

読書は課題が見つかったときに読むとすごく吸収率が
高まると思います。

というか、何の課題も無いのにビジネス書読むのは
けっこう苦痛かもね。

今年の目標は「酒飲みの場で楽しく会話すること」にします。

| 成功哲学 | 21:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。

続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論。
(2008/12/20)
戸田 智弘

商品詳細を見る


多読の目的の一つに本は「良い本」と「良くない本」があって
「良い本」に出会うために多読をする、という話を
どこかで聞いたことがあります。

そして多読を続けるうちに目利きが出来るようになって
「良い本」と出会う確率が高くなってくるのだそうです。

この「続・働く理由 99の至言に学ぶジンセイ論」は
私にとってすごく「良い本」でした。

良い本とは、人によってそれぞれなんかじゃないかなと
思います。

本を読む目的の一つとして、自分がぶち当たっている課題を
克服するために本を読む、ということがあると思います。

自分の今悩んでいることを解決してくれることが
書いてある本がその人にとって「良い本」になるのでは?
と思っています。

私の最近の課題は「仕事」についてです。

何のために働くのか?と聞かれたときに
あなたは何と答えますか?

という質問は意地が悪い質問だと思います。

お金のためといえば、何だか金の亡者だったり
本当にそれだけでいいの?っていう疑問がわいてきますし、
かといって、自己実現や世のため人のためというのも
何だかウソ臭く、偽善者ぶっているように思えますね。

だから仕事をする理由は一つじゃないと思います。

もちろんお金は大切です。お金が無ければ、
寒いときに暖かい部屋で過ごすことが出来ません。

お金が無ければ、家族を幸せにすることが
出来ないかも、しれません。

しかし、お金だけあっても幸せになれるとは
思えません。

と、漠然と感じていても、じゃぁ一体自分は
お金、生活のため以外に何のために働いているのか?
そんなことを思ったら読んだらいい本です。
(前置きめっちゃ長くなりましたが...)

はぁ~、ひさびさに心に響く本に出会った感じです。

人の書評を見て、面白そうだなと思って買ってみても
意外と期待はずれというのが多かったりするんですよね。

これは自分が勝手に人の書評を読んで勝手に面白そうだと
思って買っている自分の責任なのですけどね。

というのも、Aさんにとってはすごく良い本かも知れませんが
自分にとってはそうでもない場合もあるという、
ごく当たり前のことに最近気づきましたという話です...

私がこの「続・働く理由」にすごくタメになったのは
私が今「仕事のこと」について悩んでいたからだと思います。


今の仕事はやりがいが無いわけではないです。

でも本当にやりたいことなのかと考えると
そうでもないかもと思ってしまいます。

で?本当にやりたいことって何?と考えると
ただ「ここ」ではない「どこか」に憧れているだけ
かもしれません。

基本的に「ここ」で満足できない自分は次の「どこか」が
「ここ」になったときにまた不満が生まれてくるということも
何となく予想できます。

今さらながら、このタイミングで
【目次】行きます。

1 可能性を見つける

2 「やりたいこと」と「できること」

3 自分の価値観を知る

4 仕事で自分を表現する

5 幸福VS成功

6 仕事VS労働

7 迷う力、決める力

8 挑戦する力、持続する力、適応する力

9 良い自分探しVS悪い自分探し

10 自分探しと”世界探し”

11 豊かさパラドックス

12 人生の意味

13 生きるとは自分の物語をつくること




これだ!っていうやりたいことが見つけることは
容易ではありません。

むしろ見つからないという場合の方が多いのでは?
とも思っています。

そしてたとえ「これだ!」というものを見つけたとしても
それが本当に自分のやりたいことなのか、
他にも知らない職種はいっぱいあってもしかしたら
そっちのほうが適しているかもしれません。

でもそんなこと言っていたら何もできません。

「決める」ということは「捨てる」こと...

まずはいろいろやってみること。

無駄だと思うことでもやってみること。

それが人生を豊かにしてくれる。

そして、いろいろやってみて...

結果、あ~これが自分がやりたかたことなんだな
と事後的にわかるのが自分の天職なのかもしれません。

今年1年も無駄だと思うことでも人様に迷惑をかけない範囲で
いろいろやってみようと思う。

20代のうちに...いろいろと...


【編集後期】

11月に2008年は毎日にこのブログを更新すると宣言して
3、4日休んでしまいましたが、何とか更新することができました。

そして、その反動で2009年の更新頻度は1月18日現在で...
たったの3回(ノД`)

本の感想を上手く伝えることができる文章を書けるように
なれるといいなぁ。

そして自分の考えをはっきりとできるようになれば
いいなぁ。

ゆくゆくは本を出してみたいなぁ。

自費出版で...(笑)

| 成功哲学 | 21:46 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。

ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。ソース―あなたの人生の源はワクワクすることにある。
(1999/10/01)
マイク マクマナス

商品詳細を見る


ワクワクねぇ~。

「ワクワクすること」をやれば人生上手く行くという話です。
(実際はもっと深い話ですからね...)

自分がワクワクするとこなんて最近感じたことないかも...

何かに期待すると期待通りに行かないと、その落差に
ショック大きいですよね。

平常心が「0」だとして、ワクワクしたときにその数値が
10まで上がり、実際は期待通りにいかないと-10まで
下がってしまうから、その落差は-20になります。

だから私はほとんど期待・ワクワクしないようになりました。

ワクワクしないで常に平常心でいることを心がけた結果
落差のない人生になっているような気がします。

ワクワクしない代わりに、ショックもない...

つまらないですかね?


そんな風にして10数年生きてきたから、ワクワクすることが
なくなってしまったんですね。

それとも大人になると自然とワクワクなんてしなくなるのかな?

大人になると変に深読みしちゃって、ワクワクしすぎるとブレーキ
かけるようになるのかな?


この「ソース」という本のなかには、自分の中のワクワクを見つけるために
いくつかの質問事項があります。

んで、その中に
「自分のしたいことを自由にできるとしたら何をしますか?」
という質問があります。

本当にこの仕事ずっと続けていっていいのかな?なんて思ってみたり
しているのですが...


ですが、ですが、自由にしていいといわれても別にしたいことが
浮かんでこなかった...

で、一応全ての質問についてノートに答えてみたんですよ。

そして、でてきた答えがこの本の参考例を真似して書いた
「ピアノを弾いてみたい」
「多くの人の前で堂々と話をしてみたい」
なんてことでした。

ピアノは勝手に弾けばいいと思います(笑)

話すことは大好きなのですが、人前で話すのが苦手なので
スラスラと話すことができる人に憧れてしまいます。

う~ん、我ながらショボイ答えだな。

あなたは最近「ワクワク」することしてますか?
(不倫とかはダメだそうです(笑)詳しくは「ソース」を読んでね♪)

| 成功哲学 | 17:09 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

寝ている間に全自動で副収入が月8万円儲かるしくみ

寝ている間に全自動で副収入が月8万円儲かるしくみ【CD-ROM付き】寝ている間に全自動で副収入が月8万円儲かるしくみ【CD-ROM付き】
(2008/11/08)
田中千瑞禾

商品詳細を見る


100年に一度の大不況という事で...

私のような庶民は本業の他に月8万円も副収入があったら
かなり生活が楽になると思います。

それも寝ている間ですよ...

タイトルは胡散臭さ満載(失礼m(__)m)ですが、
中身はいたって真面目です。

簡単に説明しますと、ブログに広告を貼って
収入を得るということですね。

まずはブログを作るということですが、
これはパソコンさえあれば誰でもできますね。

いや、むしろパソコンがなくても携帯電話でも
ブログは作れる時代です。

ですから誰でも始めることができる、
すごくハードルが低いんですよね。


そして広告ですが...

いちいちどこかの企業に対してオイラのブログに
広告出してみませんか?なんてアポイトメントとる必要は
ありません。

そう、みなさんご存知のあの広告です。

ってこれ↓

アドセンス

こうゆう広告見たことありますよね?

これはグーグルさんが行っているアドセンスという広告です。

ブログにペタッと貼り付けると、そのブログの内容と
似たような広告を自動で表示してくれるんですね。

そして、その広告を誰かがクリックすると収入になるんです。

広告の内容によっても単価は違うのですが
1クリックで0.01ドルから3ドルくらいまであるみたいです。

ちなみに何ですが私もこのブログでアドセンスを貼っていたのですが...

その時の感想ですと、
私のブログは大体1日平均20くらいのアクセスがあります
今のところ...

その時は、全然収入にはなりませんでした(・o・)ゞ

そうですね1ヶ月で1ドルなったかどうか...

ちなみに100ドルにならないとグーグルさんから引き出しできないので
これではいつまで経っても引き出しできなかったでしょうね。

その後、私はアドセンスはこのブログでは辞めました。

アドセンス貼ってると、何だかアクセス集めに走ってしまって
書くことが思いのまま書けなくなるのかななんて思ったから
辞めました。

(最近また始めました...大して収入にはなりませんが...なんとなく)


そして大して収入にもならないし。

そうアドセンスをやるには日記系のブログが一番ダメなんです。

こんな素人の日記は誰も読みたくないんです(笑)

だからアクセスは集まらないんです!


とまぁ、それはいいとしてこの本にはアドセンスで
収入を得る方法が書いてあるわけですが...

寝ている間にというのは...

本当の話...だと思います。

ただし、そのシステムを構築するまでは
結構な時間と手間と努力が必要です。

まぁ、当たり前の話ですな。

また、そのシステムが構築できたとしても
日々の更新作業は必要になってくるでしょう。

誰でもできることです。

あとはやるかやらないかそれだけです。

やってる日とはネットで月100万円稼ぐ主婦もいるそうです。

もし自分の嫁が100万円稼いでいたら...

なんかやるせないですよね、ハイ。

【編集後期】

保険のCMにもなっていますが、
涙がボロボロでました。

8分くらいの話なので、ぜひ見てみてください。




本当にこんな話ってあるんですね。

かっこいいですね。

理屈なんていらないですよね。

自分のショボさが身に染みます。

オレももっと頑張ろう。

| IT | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イチロー262のメッセージ

イチロー 262のメッセージイチロー 262のメッセージ
(2005/03/11)
『夢をつかむイチロー262のメッセージ』編集委員会

商品詳細を見る


この本「夢をつかむ イチロー262のメッセージ」は
2001年から2004年における、イチロー選手の各メディアでの
発言を参考資料として編集、構成したもの、なんだそうです。

イチロー選手のストイックさには前から尊敬というか
言葉にはできないような畏敬の念...

そう、もうほとんど神の域に達してる人みたいに思っていました。

まぁ、インタビューとか聞いていても言う事が
普通じゃないじゃないですか?

なんていうんだろう、言う事一つ一つが哲学じみてるというか。

そんな言葉をまとめたのがこの一冊なわけですけど、
初めはこんなオレでも共感できる部分があるとか思いながら
読んでいたわけですよ。

確かに「あ~、なるほどねぇ。」とか「ほぉ、そういうことかぁ。」とか
思う場面もあるわけですよ。

ですが、イチロー選手がこの時期に言ってることって
様々な経験や苦悩を乗り越えてきて実感している言葉です。

しかも並大抵でない経験、体験、苦悩だと思います。

その経験から得た言葉なわけですよ。


で、私はというと...

まだ、そんな境地に至ってないわけです。
(イチローと同じ境地に至っている人なんて
少ないと思いますが...)

例えば(あくまでも例えばですよ...)
レベルが1から100まであるとして
イチローがレベル80だとして
自分はまだ5だとします。

そんでレベル80の人のレベル80の境地の話を
私が実践というか心構えても馬の耳に念仏?というか
豚に真珠?かなという気もしたんですね。

んでもって、イチローがもっとしょぼかった時期に
何をしていたか、何を考えていたかを知るほうが
レベル5の私にとって役に立つんじゃないかなと思うわけです。

同じやり方をしたからといって、必ず同じ道を進めるかというと
そうではないと思いますが、何か参考になるのかななんて思います。

イチロー選手の哲学的な言葉が好きです。

だからこの本を買いました。

本当にこの人は強い人だ。

【編集後期】

頭でっかちになっていないか?

子供の頃、難しいことを難しく言う先生が
キライでした。

勉強のことでも楽しい話で教えてくれる先生が
好きでした。

今、自分が大人になって頭でっかちになっていないか?

理屈っぽくなっていないか?

本を読んでるからといって、人より抜きん出ていると
おごり高ぶっていないか?

子供の頃、こんな大人になりたくないなと思っていた
大人になっていないだろうか?

ツマラナイ大人になっていないか?

今年が終わる前に確認しなくては。

| 成功哲学 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT