ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

産まれた

姉の2番目の子が今日産まれました。

仕事帰りに早速、病院へ見に行きました。

あかぴっぴです。

真っ赤な顔して泣いてました。

あ~、人間ってこうやって産まれてくるんだなと思いました。

何もかもちっちゃくて、
でもちゃんと手や足の形をしてて
それをぶんぶん動かしているんですよね。

自分もそんな時があったんだよな。

健やかに育ってほしいと思いました。

でも、心のどこかでひっかかる気持ちもありました。

今は他人の子供に対する気持ちは
「無」です。

何も思いませんし、何も感じません。

一時、可愛いなとか思った時期もありましたが、
今は何とも思えなくなってしまいました。

プラスの感情もマイナスの感情もありません。

「無」です。

でも姪と接していると、
微笑ましい気持ちになります。

血縁とは不思議なものです。

もしかしたら血縁では無いかもしれません。

ただ、一緒にいる時間があったから
そう感じるのかもしれません。

でも、今日病院の新生児室で
3人の赤ん坊が並んでいましたが、
皆同じ顔なわけですが、
やっぱり姪にしか特別な感情は抱きませんでした。

これが自分の気持ちなのでしょうか。


それと、先日すごい失敗をしました。

単純に酒で記憶を無くしただけですが、
強烈に後悔しました。

日頃思っている自分の悪魔の部分を
さらけだしてしまったかと思うと
恐ろしくて眠れませんでした。

また、言わなくていいことを口走っていたかと思うと
いてもたってもいられなくなりました。

ただ、同席していた方、お二人にお話を伺ったところ
思っていたよりは粗相をしていなかったみたいなので
ホッとしました。

年甲斐も無く恥ずかしいです。

こういうことがあると、
いつも今後酒に飲まれないようにしようと思うのですが
いつの間にか忘れてしまって、
同じ事を繰り返してしまいます。

まぁ、そんなに頻繁でないので
いいかななんて思ったりもします。

人間だもの...


とはいえ、非常に後悔しました。
些細な日常が幸せに思えてきます。

平平凡凡と何事もなく、
ぼけっと暮らしている日々が
とても幸せに思えます。

今日はとても幸せでした。

そんな風に思えると、
また頑張ってみようかなと思えてきました。

もう一回何かにチャレンジしてみようかなと思えてきました。

年齢的に最後のチャンスだと思われます。

勉強しようと思っています。

さて、何に取り組もうかな。

自分に向いているものって何かな。

未だにわからずです。

そういえば最近、同級生が1級建築士の試験を受けに行きました。

子供もいるのにすごいなと思う一方、
自分も頑張りたいなと思いました。

仕事はもちろん一生懸命取り組みたいと思っているのですが、
ちょっとだけやらされている感があるので、
主体的に何かやってみたいなと思いました。

| 雑記 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マイホーム

突然、マイホームを建てようかと考えました。

私は実家を出ているのですが、
実家には還暦を過ぎた母が一人でいます。

私が住んでいる地域は特別豪雪地帯に指定されるほど
雪深い地域で、冬期間は多くの人が雪で悩まされます。

雪ってふわふわ軽いものと思われがちですが、
降り積もるとかなりの重さで、
しかも除雪車で押された雪は人間の力では
歯が立たないほどの硬さ、重さになります。

雪が降った日は雪を片付けないと
外に出れませんので、
ほぼ毎日雪と格闘する日々が
12月から2月まで続きます。

私の母は体力だけはあるほうだと自他ともに認めていたのですが、
先日話した時に弱音を吐いていました。

確かに最近のアラ還は見た目は若いと言いつつも
さすがに若い男性でもひと苦労の雪片付けは辛くなってきたようでした。

我が実家は登記簿にも建築年が書かれていないほど古い建物で、
すきま風はぴゅーぴゅーですし、
土台が石ころだったりするので耐震性なんて無いと思われます。

また、断熱材なんて使ってないと思われるので、
もろに四季を感じる家になっています。

夏は熱中症になりかねませんし、
冬は台所で濡れたタオルが凍っています。

また、バリアフリーなんてどこを見ても見当たらず、
段差が無い場所を見つけることのほうが困難だったりします。

祖母の晩年はもっと劣悪な環境におったのですが、
その事は今でも後悔というか、
もっと快適な暮らしを提供できたら良かったと
自分勝手に思っています。
(祖母はそう思ってなかったと思いますが...)

そこで同じ後悔をしないために、
快適な居住環境で母には過ごしてもらいたいので
家を建てようかと思いました。

安易ですが、来年の4月からは消費税率が3%アップするので、
それまでに決めたいなんて思っています。

そこで家を建てるためには資金がいるわけですが
それをどうやって捻出するか頭を悩ませています。

私は住宅ローンを背負いたくありません。

また私はどちらかというと賃貸派だと思う節があり、
持ち家には及び腰だったりします。

家庭環境って十数年単位で変わることを思えば、
35年もかけて不要な部屋のために
ローンを払い続けることはどうかななんて思います。

もちろん考え方は人それぞれですし、
持ち家には持ち家の良さがあることも分かります。

庭とか良いなと思いますし、
小さい頃は貸家って何だか嫌だと思ったと思います。

実際自分も持ち家で育ってきて、
良い思いをさせてもらいました。

そう思いつつもやっぱり持ち家を自分で買うということは
あまりにもリスクが大きすぎて及び腰になってしまいます。

家も車並みの価格で買えれば良いのですがね...
あまりにも高すぎるような気がします...

と、持ち家を持ちたくないと思いつつ、
それでも家を建ててみようかななんて思っているのですが、
いかんせんマイホームに関してど素人なので、
誰かに相談したいと思っているのですが、
保険の窓口的な相談窓口を今探しています。

将来どうなるのか分からないというのが、
借金を背負ううえで一番のリスクだと思う今日この頃です。

怖い話も最近ではちょくちょく聞きますし...

4LDKの家に一人で住んでるとか...

その家のローンが後30年だとか...

| 雑記 | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

足るを知る

「足るを知る」なんて言う言葉があったような気がします。

欲しいものを手に入れるため?ん~、ちょっと違うな...

現状が不満で、いろんな人を傷つけてまで、今の状況を手に入れました。

なのにこの状況にも満足できていません。

いつになったら満足できるようになるんだろうか?

いつになったら心は満たされるのだろうか?


本当は、自分の心ひとつだと思っています。

以前の状況も、今のこの状況も。


満足できないのは自分の心がどこかを向いているから。


今、この瞬間、自分は幸せだと思う。

自分の気持ち次第で、大抵の状況で幸せになれる。満たされる。


今、この瞬間、自分は満ち足りている、のだと思う。

そう思えるようになりたい。

| 雑記 | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新年度になって

仕事をしていると区切りって年度と考えてしまいます。

一年の終わりは12月31日でなくて、3月31日という感じがします。

私の仕事は...ですが。

で、新年度になって、いろんな変化がありました。

自ら決断して変化させたものもありました。

そんな中で今日知った出来事があまりにも悲しくその気持ちを書きとめておきたくて、久々にブログを更新しています。

今日、元上司が亡くなりました。

社会人になって、年数が経てば当然出会う場面だとは思います。

私の直属の上司だった人が亡くなったのはこれが初めてで、悲報を聞いた時思わず言葉を失ってしまいました。

その人は60歳で去る3月31日で退職をした方でした。

しかし、退職の5か月ほど前に大腸がんと診断され治療していました...と聞いていましたが、実はもう手遅れで手術をできない状態だと言う事だったようです。

今の60歳はまだまだ若くて、そして退職して一息ついて、これからいわゆる第二の人生を送るはずだった人でした。

私は職場の酒飲みがそんなに好きではありませんでした。

というのも男の人との付き合い方が私(男)はわかりませんでした。

兄弟は姉が一人、学生時代も先輩との関わりが希薄で、年が違う男の人と話すのは苦手でした。

どういう風に接すれば良いのか?それがわからなかったから、職場の酒飲みは苦手だったのかもしれません。

しかし、その上司と酒飲みをすることはすごく楽しかった。

自然のままでいいんだよ、と教えられたような気がします。

すごくうれしかった。

息子ほど年が離れた私とも自然と話してくれてうれしかった。

仕事でも几帳面な人でした。

その几帳面さが仇となったのかな...


どうしてがんになるのか、いろんな要素がからんでいるのでしょうから、一概にこれが原因と決められないのでしょうが、あまりにも早すぎる死だと私は思います。

タバコも5年くらい前に辞めたのに...

退職するときは笑顔で送り出して、そして「ありがとうございました」と言いたかった...

身近な人の死に出会うと、いつも思う事があります。


思うように生きようと。

どんなことがあろうと、自分の人生を生きようと。

そういう事を強く思うけど、いつのまにか日常生活に戻ってしまって、日々流されながら過ごしてしまう。


亡くなられた元上司は仕事を一生懸命頑張った人だと思います。

仕事人間という感じでは無かったけど、順当に出世をした人でした。

別に出世したとかしないとか、そういう事はどうでもいいのですが、何ていうんでしょうか、自分の中で「仕事」
について思うことがあります。

がむしゃらに仕事「だけ」をして、そして余暇を楽しむ暇もなく、亡くなってしまう人、過労死的な感じの人も世の中にはいると思います。

やはりそれは異常だと思うし、問題だと思います。

ただそれとは別に仕事に真面目に向き合うことはすごく大切だと思います。当たり前なんですけど、そんな当たり前を私はボケーっとしていると忘れる時があります。

仕事の位置づけは私にとっては人生の背骨みたいなものだと思っています。仕事に妥協して、その他のことが充実できるほど私は器用ではないと思っています。

何というのでしょうか、仕事は半分の力で、遊びは10割で、みたいな感じは自分には向いてないと思います。

どっちも10割でしか充実できない不器用な人間だと思っています。

最近は不器用な人を見るといいなと思う時もあります。

器用なんてつまんない、そう思う時もあります。


で、話がそれてしまいましたが、退職して間もなく亡くなる人がいると、必ず、仕事なんて真面目にしたって死んでしまったら意味ない、みたいな事を言う人がいたりするのですが、それは違うのではという...

ん~、ちょっと違うな、そんなん言う人、最近はあまりいないかな。昔そういう事を言っていた人に対して思うのかな。


私は退職しても、社会との関わりを断たれるのは怖いと思っています。

だから、何らかの形で社会とは関わっていきたいと思っています、今は。


元上司は最後どう思ったのかな、若かったから、きっと怖かっただろうな...
それとも悟りを開いたのかな...

私はすごく素晴らしい上司に恵まれました。

あなたの部下として恥ずかしくない仕事をしたいと思っています。

あなたが自然体で接してくれたこと、本当にうれしかったです。

ありがとうございました。

どうか安らかに、ご冥福をお祈りします。

| 雑記 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

体罰

最近、桜宮高校の体罰が問題となっています。

体罰について、思った事があったので書いてみます。

私は学生の頃、とある部活に所属していました。

その部活の顧問は厳しいという評判は、入部する前から知っていましたが、そのスポーツがしたかった、というか自分の中ではその部活に入るという選択肢以外にはありませんでした。

その顧問は評判とおり厳しい人でした。

体罰もありました。

一番印象に残っているのは、部員がゲームセンターで遊んでいた(当時、ゲームセンターに行く事は禁止されていた。)ことが発覚し、連帯責任だということで蹴られました。

私はその顧問に怒られないように、部活動を行っていたような気がします。

そのスポーツを純粋に楽しむというより、いかにしてその顧問に怒られないように行動するかが自分の命題になっていたような気がします。

スポーツの世界では、厳しい指導も必要なんだと思います。

人間(特に私)は弱い部分を持っていますから、ついさぼってしまいがちだったり、勝手に限界を作ってしまって、もっと成長できるのに手を抜いてしまう時があると思うからです。

自分を奮い立たせてくれるために、何くそ!という気持ちにさせるためにも厳しい指導は必要かと思います。

ですが、指導者が生徒を委縮させてしまってはいけないような気がします。

これは体罰、言葉ともに同じだと思います。

今は体罰が問題になっていますが、思いやりの無い言動だって人を傷つけるし、委縮させてしまうと思います。

私はその人から思いやりの気持ちを感じたことはありませんでした。
私は今でもその顧問が嫌いです。


その顧問は私が卒業して数年後、生徒に怪我をさせたそうです。その結果、どうなったか知りませんがたぶん今でも教師をしています。


一方で学校崩壊という言葉は最近聞きませんが、どうしようも無い「悪」もいると思います。

そういう生徒にはどう接すれば良いのでしょうか?

言葉で何て改心しないと思います。

だからといって、力で制して良いのだろうか?

力で屈服させたとしても、何も変わらないのではないだろうか?

むしろ恨みを買うだけのような気がします。


全員をまっとうな人間に育てるなんていう考え方が、無謀なのかもしれません。


私は体罰を受けたことが、何かのプラスになっているかというと、全然なっていないような気がします。
むしろ人の顔色をうかがう事がクセになったような気がします。

これはもともとの性格なのか、学生の頃の習慣なのかわかりませんが、改めたいなと思っています。

太陽と風という童話がありますが、桜宮高校の体罰を行った教師や私の顧問だった教師はどう考えてるのか聞いてみたい気がします。

| 雑記 | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宗教の勧誘に乗ってみた

これは書いておきたいと思ったので、書く。

どれ晩飯でも食うかなという時間帯だった。

「ピンポ~ン」と玄関のベルが鳴った。

何だよ、こんな時間に、宅急便か?

とりあえず玄関を開けてみた...

そこには若い二人の外人が立っていた...


って、だいたい予想はついた。

これはキリスト教の勧誘だと。

おどろおどろしい日本語で何か言っていた。

いつもなら1秒でドアを閉めるところだ...



でも、彼らは幼く、寒そうだった...

俺のばぁちゃんは困っている人を見ると助けられずにはいられない性分だった。

雨の中、傘をささずにいる人を家の中から見かけると、
ダッシュで傘を渡しに行っていた。

その血筋を俺も受け継いでいるようだ。

まぁ、入れよ...と家に入れてしまった。


二人の名前は忘れた。

とりあえずマイケルとジョンにしよておこう。

マイケルは多少日本語がいけるようだ。
日本に来て、5か月ということだった。

ジョンはほっぺたが赤い小太りで少年に見えたが、
マイケルよりも一つ上の20歳だった。

ジョンはまだ日本に来て3カ月で日本語がほとんど話せないらしい。

まったく彼らも災難だ。

せっかく日本に来たのに、こんな寒さでバナナで釘が打てるような僻地に
配置されるなんて...


俺が英語に堪能でなければ、全く会話が成り立たなかったじゃないか。

マイケルは質問してきた。

「あなたのお仕事なんですか?」

俺は言ってやった。

「ワーキングだよ」

相手は苦笑いをしていた。

さらにマイケルは質問してきた。

「あなたは幸せですか?」

だから俺は言ってやった。

「ハッピーハッピー」

マイケルはもう俺には宗教は必要ないと
悟ったらしい。

それから談笑に興じた。

俺の英語のヒアリング力でその会話を紹介する。

趣味の話をした。

マイケルの趣味は狩猟らしい。

でかい鹿を採ったときの写真を見せてきた。

これみたらちょっとヒクかもしれないぜ!と脅しをかけてきた。

そしたらちょっと怖くなってきた。

こいつひょっとして鉄砲持ってるんじゃないか?
こいつら強盗じゃないかと思えてきた。

だから言ってやった。

「俺の趣味もモンキーハンターだ。」

そしたら、マイケルは喜んでいた。

ここでも狩りができるのかと。


興味があったので聞いてみた。

こうやって飛び込みで回っていて、
私のような寛大な気持ちで家に上げてくれる人は
どのくらいいるのかと。
(これを英語で話すのは至難の業だった)

マイケルは言った。

「あなたが初めてだ」と。

なかなか難しい事をしていると感じた。

なかなかの情熱だと思った。

俺も負けてはいられない。


さらに将来の夢を聞いてみた。

マイケルは日本でビジネスがしたいと言っていた。

でも、アメリカに帰ると言っていた。

どういう事かさらに聞いてみた。

日本でビジネスをしたいが、
マイケル自身はたまにしか日本に来ないそうだ。

日本を食い物にするということか!

まぁ、たくましい奴だと思った。

確かにたくましい。

俺がアメリカに行って、
仏教の布教活動をできるかと言ったら
無理だ。

もうおっさんだし、誰も家にあげてくれないだろう。


どれ俺も腹減ったし、そろそろ帰ってもらおうという雰囲気を醸し出してみた。

日本人特有の空気を君らは読めるか?

驚いたことに彼らは空気を読んだ。

腰を上げてうれしそうにマイケルは言った。

今日はこれからカッパずしに行くから一緒に来ないかと誘われた。

俺はすでに電子レンジの中に楽しみしていた野菜炒めをすでにチン済みだったことから
丁重にお断りした。

そしてマイケルは最後にこう言った。

「今日は本当にうれしかった」と。

俺もいい事したなと、いい気分になった。

結局ジョンは一言も話さなかったし、
俺のネイティブな発音にも微笑んでいるだけだった。

ジョン、なかなかのやり手だと感じた。
さすがマイケルの1個うえだけはある。

マイケルとジョンで油断させておいて、
次回ボスキャラあたりが来るのだろうか?

ちょっと怖い。

次は日本人で美人な人がきてほしい。

前、来たんだよな~。
なのに、その時、二日酔いで冷たくあしらってしまった...

今日はちょっと楽しい冒険だった。

当分、ブログの更新がなかったら拉致されたと思って、誰か助けにきてくれ。

| 雑記 | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新しい車

車を買い換えようと思い、何カ月経ったでしょうか...

やっと、欲しい車が見つかって、買い換えました。

結局買った車は軽自動車ではなく、普通車しかもけっこうでかいレガシィツーリングワゴンです。

レガシィツーリングワゴン


新車はあまりにも高く、3年落ちの中古車を購入しました。

中古車とは言え、自分にとってはかなり高価な買い物でしたが、いろんな面で満足しています。

まず、1点目として、たぶん自分で購入したモノで一番高価な買い物だと思うのですが、一括で買えた事に満足しています。

私の住んでいる地方は自家用車が必須ですので、その購入費用を積み立ててきました。それがきちんと実を結んで、一括で買えた事がとてもうれしかったです。

計画とおりに事が進むなんて事は私の場合めったに無いのですが、こうやって計画がうまく行ったというのがちょっとだけ自信につながりました。

まぁ、この車だっていつかは交換するときがくるでしょうから、それまでにコツコツと積み立てていきたいと思います。次は新車を買ってみたいなぁ。

次に2点目。

これはまだ購入したばかりであって、今後の維持費の負担によってどう思うかかわるのかもしれませんが、やはり新しい車は高性能です。しかも、今まで13年前の軽自動車に乗っていたので、そのギャップがすごいです。

エンジン性能とオーディオの性能がすごいです。

まずエンジン性能。660ccから2500ccになったので、ものすごくパワーが違います。
登坂車線や高速道路では、今までは会話ができないほどエンジン音がすさまじくレッドゾーンに入るくらいの回転数で走っていたのが、レガシィではかなり余裕で走る事ができます。

思わずスピードが出てしまうので、事故には十分気をつけなければと思います。

次にオーディオ関係です。
初めてナビがついている車を所有しました。(ちなみにエアバックも(笑))

ボタンがいっぱいあって戸惑うのですが、3日くらい触っていたら、その高性能ぶりに驚きました。

使う事がない機能もあるんだろうなと思いつつ、自己満足でいろいろ弄っています。

レガシィのオーディオにはオプションでマッキントッシュをつけることができるのですが、そのマッキントッシュが付いている車が欲しくて、付いていない車と比べるとけっこうお高くなるのですが、後悔するのが嫌でマッキントッシュが付いている車を買いました。

レガシィのマッキントッシュにはいろんな意見があるのですが(まぁ何にでもいろんな意見はありますが…)、後でオーディオをいじる必要がなさそうなので、優柔不断な私にとっては良かったです。もちろん、オーディオど素人の私にとって音質もすごく良く思えました。

高音もすごくきれいだし、低音も十分すぎるほど効いていると思います。

次にいろんな手続きを自分でできた事です。
すごく簡単な事ですが、それが自信というか、自己満足しています。

私が住んでいる地方にも中古車はたくさんあるのですが、欲しい車がなかなか見つからないし、金額的にもちょっと高いような気がしました。
今は(だいぶ前から?)業者でなくてもネットで全国の車を見ることができるから、便利な世の中になったものです。
あまりにも台数が多いので、迷う原因にもなるのですが...

goo netで東京で売られていた車を購入しました。

現物を見ないでの購入は不安でしたが、納車されてみて、特に問題はなさそうだったので、良かったです。ディーラー認定中古車だったので、思い切って買えたというのもあります。

車を買うにあたってはちょっとした手続きがいくつかある(車庫証明や任意保険の車両変更など)のですが、それらを実際にやってみたことが、ちょっとだけ経験値が上がったような気がしました。

お金の使い方については、いろんな考え方があると思います。

自己啓発書によく書いてある事として、お金は自分の投資のために使いなさいとあります。
そして、もっともよくない使い方として、消費に使う事です。

その代表が車だと書いてあることが多々あります。

私は弱い人間だと自分で思うようになりました。

強い人間は欲望に打ち勝つことができるのでしょう。

私は車を買えたことが、すごくうれしかったです。
所有欲を満たす事ができたからでしょうか。

車が故障気味だったので、買い換えはほぼ必須だったのですが、経済的な面で言えば、軽自動車がベストだったと思います。

これから先どうなるかわかりませんが、まぁ気楽にやっていければと思います。

深刻に考え過ぎると、何もできなくなるし、シッタカブッタでも人生を見誤ると言っていますしね。

ただ、一点。昨日初めてレガシィに給油したのですが、今までの倍以上の金額がかかってビビりました...

おいおい、いつになったら給油が止まるんだよ、と思いながら給油していました...

しっかりと維持費を計算して、予算を組みたて、楽しいレガシィライフを送りたいと思います。

| 雑記 | 09:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悩む

私はどうも悩みがちな性格です。

すぐに悩む。

それを克服したかった。

いろんな本を読んでみた。決断するためには?悩まなくするためには?

そんな本を何冊も読んできた。

でも、全然ダメだった。やっぱり決められないし、悩まなくなるなんて無かった。

で、今日ちょっと刺激を受けた。

別に悩んだっていいのでは?と思えてきた。

それで頭がおかしくなったらそれまでだし、どうせ悩みは尽きないし。

悩まなくなるためには?なんて考えること自体、悩みを一つ増やしている訳で(笑)

たぶん、人間そう簡単に壊れないような気もするし。人間というか、自分か。

もがいて、苦しめばいい。

だってそういう風にしか生きられないんだから仕方ない。

| 雑記 | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

決められない車選び

今日もスバルに行ってきました。

昨日スバルに行ったときに、同一県内に自分の予算の範囲内で買えそうなレガシィツーリングワゴンがあったのですが、その時はへぇとしか思っていませんでした。

そしたら、今朝スバルから電話がかかってきて、何とその車を取り寄せたのだそうです。

けっこう引きました...

だって、車で移動したら3時間はかかる距離なんですよ。

私の感覚ではかなり遠距離です。

営業の人も必死なんでしょうか?それともそれが普通なんでしょうか?

それで、午後から見に行ってきました。

そしたら、営業の人が積極的すぎてちょっと嫌になりました...

この車は明日までしか置いておけないから、明日まで返事をください、って...ちょっと、そんなに煽られてもという感じでした。

若い営業の方だったので、押せ押せなんでしょうか?

で、帰ってきて冷静になって考えてみると、やっぱり普通車は維持費が高いんですよね。

年間で軽く20万くらいは高くなるような予感がします。

1日15本位のタバコを辞めれば、月1万円、年だと12万円浮く訳ですから、そんなに頑張らなくても買えるのでしょうけどね...

こればっかりは、禁煙2回失敗した私には難しいような気がします。

あれこれ考えるとやっぱり軽自動車になってきた感があるんですよね。

ターボ付きなら遠出だって、苦にならないのかもとか思っています。


車選びが何だか面倒くさくなってきました。

まぁ雪が降るまで納車なればいいと思うので、焦らずに考えていこうと思います。

あ~あ、こうやって何も決められないんですよね。いつも迷路に迷い込む。

こないだパソコンが壊れて、修理に56,000円かかると言われた時は、即効で新しいパソコン買ったのですが...切羽詰まらないと何も決められないんですよね(汗)

なんでも面倒くさく考えてしまう、これは私のクセです。

慎重ともまた違うような気がします。紙に書き出してみるといいのかもしれませんね。どの位の維持費がかかるかとか、それぞれのメリット、デメリットなんかを。

まとめたものがネットにありますが、やっぱりどこか他人事に感じるので、自分の手で作った方が私の場合はいいかもしれません。

そうすればシュミレーションもできますしね。

それにしても車って何でこんなに高いんでしょうね。そう感じない位、高給取りになってみたい今日この頃です。

| 雑記 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車選びで考えるお金の使い方

いつからだっただろうか?自家用車の調子が悪くなってきました。

停止しようとすると、エンジンも停止するのです。平成11年式の車にアイドリングストップ機能はありません(笑)

今乗っている車は3台目になります。

1台目は学校を卒業して、初めて買った車です。
若かったので、いろいろと車をいじってきました。
エアロパーツ、ダウンサス、マフラー交換、埋め込みウーハーなど中古で買った車と同じくらいに改造費をかけたような気がします。
アコードセダンでしたが、今思えばすごく力強い?、感覚的に速かったような気がします。

次に買ったのがランドクルーザープラドでした。古くて四角いやつです。
豪雪地帯に住んでいるし、冬は結構スノーボードをしに山へ行くことからSUVを買ってみました。それと周りの影響もあったような気がします。
3000ccのターボ付きディーゼルエンジンだったのですが、維持費が結構大変だったと記憶しています。
10年落ちのディーゼルエンジンは自動車税が1割アップで55,000円だったような気がします。
また、燃料タンクが70リットルだったか90リットルだったか忘れましたが、1回の給油で10,000円くらいかかったような気がします。

これは私の収入に対して完全にオーバースペックだったような気がします。またその頃は金銭感覚がおかしかったし、家計ということを全然考えていませんでした。独身でしたから、普通かもしれませんね。

ランドクルーザープラドには1年半くらい乗ったと思います。130万円くらいで買って80万円で売れました。驚きの高価格だったと思います。

それで、車両価格39.8万円のマツダAZ-ワゴンを買いました。結婚することになったから、維持費の安い軽自動車にしました。それと車のローンを無くしておきたかったという理由だったと思います。

最初から挙動不審の車でした。自宅から車で2時間くらいのところまで電車で取りに行ったのですが、帰り道すでにエンジンが止まりそうな雰囲気でした。

それでも乗って帰ってくるというのが自分の気の弱さかもしれません。試乗もしないで買ったのが浅はかだったのかもしれませんね。

当時、車には全然興味が無くなっていて、オーディオさえMDしかついてないやつでした。MDに録音する媒体を持っていなかったので、すごく昔に録ったMDをたまに聞いていました。ほぼ、音楽なしで、車は必要最小限しか乗らなくなりました。

もともとドライブなんてしなかったし、車の走行距離は1年で4000km程度になりました。

そんなAZ-ワゴンがとうとうやばくなってきました。マツダに修理見積りを依頼したところ、4万円かかると言われて、もうすぐ車検だし、その車検で足回りの修理で7万円くらいかかると言われているし、外見もバンパーは外れそうだし、さびてるしで買い替えようと考えたのです。

で、次はどんな車を買おうかと考えたところ、まず初めに浮かんのだが軽自動車でした。乗れればいいやということと、普通車の維持費は軽に比べると大幅にアップするので、軽自動車を見に行きました。

せめて、軽自動車なら今までの反省を活かし、ターボ付きの新車を買おうと思っていました。

で、ダイハツに見積りをもらいに行ったところ、タントエグゼカスタムは190万円、ムーブカスタムは180万円と驚きの高価格でした。

これにはびっくりしました。goo carなどで見ると新古車みたいのが、もうちょっと安く買えそうですが、それでも乗り出し150万円くらいでしょうか。

それなら中古の普通自動車にしようかななんて思った訳です。むしろフィットクラスなら新車でも軽自動車と同じかむしろ安く買えそうな勢いです。

ただ、普通自動車を買った場合に、フィットクラスだろうが2000ccクラスだろうが、維持費ってそんなに変わらないのではと思ったのです。

いや、確かに自動車税で言えばフィットクラスは約35,000円、2000ccクラスは約40,000円と差額は5000円あるのですが、軽自動車との差額(28,000円)を考えると、何だか大したことないななんて思えてくるのです。

生活用品を買うときは、10円くらい違っても思いっきり迷うのにです(笑)

どっかのFPだかが言っていたような気がします。日常の10円とかを気にするより、大きい買い物をするときの万単位を気にしろと...

確かに合理性を考えるとそうだと思います。いくら1円とかを一生懸命節約しても、年間いくらになるでしょうか?塵も積もれば山となるかもしれませんが、10円とかでいちいち悩むくらいなら大きい買い物の時に大きく節約した方が精神的に良いのかもしれませんね。節約疲れとかもありますからね。

そう考えると、やっぱり軽自動車になるんですよね。車両価格には大きな差はありませんが、その後の維持費を考えれば、断然軽自動車の方が安い訳ですから。

またよく言われるのが安全性ですが、軽自動車は普通自動車に比べると安全性能が低いそうです。

どこがどう低いのかわかりませんが、衝突したときにべっこり行ってるのは軽なのかもしれません。あんまり事故現場を見たことが無いのでわかりませんが、何となくやばいときはどちらも同じような気がします。

私は軽自動車に乗っていて死ぬような事故で、それが普通車なら死ななかったというケースはごくまれなのかなと思うのですが、どうなんでしょうか。

だから安全性能だけで普通車を選択するのはどうかな~と思います。

そうこう考えている内に、ネットで見ているだけでは決められなかったので、中古車ショーとかいろいろな車を見て回りました。友達の車にも乗せてもらいました。

優柔不断な私はますます迷いました(笑)

なぜそうなったのか忘れましたが、巡り巡ってスバルのレガシィツーリングワゴンがいいなぁなんて思うようになりました。

新車は金額的に買えそうもないので、中古車になりそうです。それでも今欲しい車は250万円です。私の収入からはたぶんオーバースペックです。排気量も2500ccとオーバースペック。

でも、最近はいろんなところに行ってみたいと思うようになりまして、田舎に住んでいる私にとって移動手段はほぼ車になります。

経済的が合理性を考えれば軽のターボ付きでも一向に問題はないのですが、1回きりの人生で楽しそうな車に乗ってもいいのではないかと思えてきました。

私はここ最近といっても6年くらい?ずっと倹約に努めてきました。そしたら人生がつまらなくなってきたのです。ちょっと大袈裟ですが、このまま倹約生活を続けて行って、結局何がしたいのかわからなくなってきたのです。

もちろん将来に備えての貯蓄は必要だと思います。年金の問題や今は賃貸なので将来的に住むところを問題などなど、貯蓄はあるにこしたことは無いのでしょうが、何だかなぁという気持ちになるのです。

具体的な目標が無いからかもしれません。

ずっと倹約していたから、お金の使い方がイマイチわからなくなってきました。

ビジネス書とかには自分を成長させるものにお金を使いなさいとよく書いてあります。そして、車のような消耗品にお金を使ってはいけないとも書いてあります。

う~ん、そう考えると、車なんて安いもの...というか、自分の収入に見合ったもの。自分の収入に見合った車って幾らくらいなのでしょうか?

年収の3割、半分?なぜそうなるのか?家庭環境によっても異なるのでしょうが、そうなると軽自動車の中古しか買えないような気がしてきます(泣)

んじゃ、もっと収入を上げる努力をすべきなんでしょうね。サラリーマンの私はどうすれば年収が上がるかなんて今はさっぱりわかりません...

なんとな~く、このまま行くのだろうという気はしています。

あ~、頭の中が混乱して何を言いたいのかがわからなくなってきました。

要はオーバースペックの車を選択しようとしている自分を肯定したいのだと思います。

私は今いろんな事をしてみたいと思っています。

どこかにドライブに行ってみたい。釣りをしてみたい。

家の中で鬱々としているのが、嫌です。読書やネットも楽しいけれど、体を動かすことも大切です。

それには乗っていて楽しい車があれば、どこかにも出かけたくなるんじゃないかなと思うのです。

経済性、合理性を考えれば軽自動車です。今までの自分の行動を振り返ってみても、ドライブなんてするような人間ではない、車の運転が元々好きではなさそうなので、そんな高い車は不要かもしれません。

でも、でもオーバースペックの車を選択しようとしているのです。

しかし、みなさん良い車を乗っていますよね。おそらく職場で一番やっすい車を乗っているのは私だと思います。実際に下取り査定してもらったら、0円でしたし。

昔はギャンブルもしてたし、酒飲みにもお金を使っていました。でも今はギャンブルは一切しないし、酒飲みも馬鹿みたいにお金を使うということも無くなりました。

だから、きちんと計画性をもってお金を管理することができれば、普通車も買えそうな気がするのですがねぇ。

せっかくの1度きりの人生ですし、田舎で車は必需品だし、乗っていて楽しい車が欲しいと思う今日この頃です。

| 雑記 | 11:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。