ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

認定ファシリティマネジャー試験の感想

平成26年度認定ファシリティマネジャー試験を受験しました。

その受験勉強と試験について感想を書きます。

まず受験勉強の方から。
参考書は「総解説ファシリティマネジメント(以下「総解説」という。)」と
「総解説ファシリティマネジメント追補版(以下「追補版」という。)」があります。
総解説の方はでかくて重いです。字も小さくて、読む気がしません。
ページ数も513ページとかなりのボリュームです。

総解説は2001年に初版が発行されたため、内容も古くなっているため、
最近の動向について追補版として225ページのものが発刊されています。

正直これはあまり読みませんでした。これは辞書です。

用語解説みたいな感じで使いました。

しかし、試験では総解説や追補版の文章や図がそのまま問題として出てきました。
といっても、どこが出るのかわからないので、これだけのボリュームがある参考書を
まるごと覚えるのは現実的ではありません。

次に過去問ですが、最新4か年の過去問題集が1種類だけ発刊されています。
監修がファシリティマネジメント資格制度協議会、
編集が認定ファシリティマネジャー資格試験研究会となっています。

認定ファシリティマネジャー試験を主催しているのが
ファシリティマネジメント資格制度協議会なので
公式と言っていいのか...

むしろ他で出す気もなさそうです。

私はこの過去問を5~6回ほど読みました。
対策としてはそれで十分だった気がします。

ほとんど風呂場が勉強場所でした。
どうも机に座って、いざ始めようとすると
どうも集中できない傾向がありました。

また、コーヒーショップなどでも集中できました。
多少ガヤガヤしている方が集中できるのかもしれません。

それから、過去4年間の試験問題なので、
内容的に古いものがあります。

その時の数値などがそうです。
調べると逆転している項目もありました。

試験問題は繰り返し出題されるので、
変わる数値は新しいものを覚えた方が良いかもしれません。

また、勉強してみて思った事は、
今までの資格試験と比べると
内容がぼやけている気がしました。

おそらくファシリティマネジメントという分野自体が
比較的新しいため、その手法もまだ進化中ということがあると思います。

それから内容が抽象的なものが多いような気がして
勉強内容を具体的に活かすイメージがつきにくかったです。
恐らくこれは私の理解不足かもしれません。

どの資格試験もそうですが、
まったく聞いた事が無い言葉はなかなか頭に入ってきてくれませんでした。

SLA、KPI、SECIモデルなんて全く縁の無かった言葉だったので、
イメージするのに苦労しました。
イメージできないと、覚えられないので...

また、私は施設管理や設備管理といった事に興味が無かったので、
頭に入りにくかったこともあったかもしれません。

むしろ、数字や法律系が好きだと自分では思っています。
以前から簿記をとってみたいなと思っていましたが、
結局とらずにいて、
興味が無かった施設管理系の資格の勉強をしていました。

これでいいのかなと思いつつ、何となく勉強していましたが
実際仕事上、役に立っているような気がしますし、
頑張っている自分がけっこう好きだったりしました(笑)

次に試験についてです。
試験は80分×3、90分×1の長丁場です。

こんなに集中力持つかなと思っていましたが、
実際やってみるとあっという間でした。

見直している時間はほとんどありませんでしたし、
見直す気力もありませんでした...

試験問題は比較的素直な内容だったと思います。
過去問を理解、暗記していれば解ける問題がほとんどですし、
若干ひねった問題もありますが、
落ち着いて考えると過去問の知識で解けると思いました。

この試験はまず間違いなくその業務に就いている人が受験するのだと思いますが、
業務上知っている、知っているべき内容も結構出題されますので、
その辺は楽かもしれません。

時事的な問題もありますので、
日頃から最近の傾向と情報を把握しておくことも必要かもしれません。

ですが、日々新しい情報は発信される時代に
どの情報を把握すべきか難しいところですが、
施設管理系の仕事をしている方であれば、
自分の業務に関係ある部分については知っておいた方が
良いかもしれません。

択一は過去問をしつつ、疑問があるところや関連項目について
総解説などで確認しておけば合格点はとれると思います。

次に論述ですが、これは実際に書くしかないと思います。
論述の模範解答があれば、それを読めばいいのですが、
無いので、実際に自分で書くしかありません。

私が思ったのは実際に自分の言葉で書くのがいいと思います。
もちろん問われている事にたいしてちんぷんかんな回答はダメですけど、
自分の言葉で書く事が大切かなと思いました。

過去問をしっかりやっていれば、
論述のキーワードは少なくとも2つくらいについて
説明はできると思います。

その説明できるキーワードを使って論述を展開するしかないと思います。

ポイントは与えられた問題にきちんと答えることだと思います。

与えられた問題に対しての課題とその解決方法を書けばOKなのかなと。
実際、自分が合格しているかわかりませんが(笑)

それから、試験では下書き用紙が渡されるのですが、
私は90分もあると思ってゆっくり下書きをしていたのですが、
最後の方は時間が足りなくなりそうで焦りました。

90分はけっこうあっという間という感覚でした。

何となく構成を考えて、下書きはイメージ図的なものにして
後は本番用紙に書いていった方が良いかもしれません。
(それができればの話ですが...)

最後に、私が受験した会場ですが、
クーラーがガンガン効いてて寒かったです。

半そで、短パンの人もいたので人によりけりだと思いますが
私は寒かったです。

なので、寒がりな人はクーラー対策として
長袖、長ズボンで行く事をオススメしておきます。
関連記事

| ファシリティマネジャー | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/402-5f5a0d97

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。