ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

体罰

最近、桜宮高校の体罰が問題となっています。

体罰について、思った事があったので書いてみます。

私は学生の頃、とある部活に所属していました。

その部活の顧問は厳しいという評判は、入部する前から知っていましたが、そのスポーツがしたかった、というか自分の中ではその部活に入るという選択肢以外にはありませんでした。

その顧問は評判とおり厳しい人でした。

体罰もありました。

一番印象に残っているのは、部員がゲームセンターで遊んでいた(当時、ゲームセンターに行く事は禁止されていた。)ことが発覚し、連帯責任だということで蹴られました。

私はその顧問に怒られないように、部活動を行っていたような気がします。

そのスポーツを純粋に楽しむというより、いかにしてその顧問に怒られないように行動するかが自分の命題になっていたような気がします。

スポーツの世界では、厳しい指導も必要なんだと思います。

人間(特に私)は弱い部分を持っていますから、ついさぼってしまいがちだったり、勝手に限界を作ってしまって、もっと成長できるのに手を抜いてしまう時があると思うからです。

自分を奮い立たせてくれるために、何くそ!という気持ちにさせるためにも厳しい指導は必要かと思います。

ですが、指導者が生徒を委縮させてしまってはいけないような気がします。

これは体罰、言葉ともに同じだと思います。

今は体罰が問題になっていますが、思いやりの無い言動だって人を傷つけるし、委縮させてしまうと思います。

私はその人から思いやりの気持ちを感じたことはありませんでした。
私は今でもその顧問が嫌いです。


その顧問は私が卒業して数年後、生徒に怪我をさせたそうです。その結果、どうなったか知りませんがたぶん今でも教師をしています。


一方で学校崩壊という言葉は最近聞きませんが、どうしようも無い「悪」もいると思います。

そういう生徒にはどう接すれば良いのでしょうか?

言葉で何て改心しないと思います。

だからといって、力で制して良いのだろうか?

力で屈服させたとしても、何も変わらないのではないだろうか?

むしろ恨みを買うだけのような気がします。


全員をまっとうな人間に育てるなんていう考え方が、無謀なのかもしれません。


私は体罰を受けたことが、何かのプラスになっているかというと、全然なっていないような気がします。
むしろ人の顔色をうかがう事がクセになったような気がします。

これはもともとの性格なのか、学生の頃の習慣なのかわかりませんが、改めたいなと思っています。

太陽と風という童話がありますが、桜宮高校の体罰を行った教師や私の顧問だった教師はどう考えてるのか聞いてみたい気がします。
関連記事

| 雑記 | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/390-5cc9914b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。