ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

宗教の勧誘に乗ってみた

これは書いておきたいと思ったので、書く。

どれ晩飯でも食うかなという時間帯だった。

「ピンポ~ン」と玄関のベルが鳴った。

何だよ、こんな時間に、宅急便か?

とりあえず玄関を開けてみた...

そこには若い二人の外人が立っていた...


って、だいたい予想はついた。

これはキリスト教の勧誘だと。

おどろおどろしい日本語で何か言っていた。

いつもなら1秒でドアを閉めるところだ...



でも、彼らは幼く、寒そうだった...

俺のばぁちゃんは困っている人を見ると助けられずにはいられない性分だった。

雨の中、傘をささずにいる人を家の中から見かけると、
ダッシュで傘を渡しに行っていた。

その血筋を俺も受け継いでいるようだ。

まぁ、入れよ...と家に入れてしまった。


二人の名前は忘れた。

とりあえずマイケルとジョンにしよておこう。

マイケルは多少日本語がいけるようだ。
日本に来て、5か月ということだった。

ジョンはほっぺたが赤い小太りで少年に見えたが、
マイケルよりも一つ上の20歳だった。

ジョンはまだ日本に来て3カ月で日本語がほとんど話せないらしい。

まったく彼らも災難だ。

せっかく日本に来たのに、こんな寒さでバナナで釘が打てるような僻地に
配置されるなんて...


俺が英語に堪能でなければ、全く会話が成り立たなかったじゃないか。

マイケルは質問してきた。

「あなたのお仕事なんですか?」

俺は言ってやった。

「ワーキングだよ」

相手は苦笑いをしていた。

さらにマイケルは質問してきた。

「あなたは幸せですか?」

だから俺は言ってやった。

「ハッピーハッピー」

マイケルはもう俺には宗教は必要ないと
悟ったらしい。

それから談笑に興じた。

俺の英語のヒアリング力でその会話を紹介する。

趣味の話をした。

マイケルの趣味は狩猟らしい。

でかい鹿を採ったときの写真を見せてきた。

これみたらちょっとヒクかもしれないぜ!と脅しをかけてきた。

そしたらちょっと怖くなってきた。

こいつひょっとして鉄砲持ってるんじゃないか?
こいつら強盗じゃないかと思えてきた。

だから言ってやった。

「俺の趣味もモンキーハンターだ。」

そしたら、マイケルは喜んでいた。

ここでも狩りができるのかと。


興味があったので聞いてみた。

こうやって飛び込みで回っていて、
私のような寛大な気持ちで家に上げてくれる人は
どのくらいいるのかと。
(これを英語で話すのは至難の業だった)

マイケルは言った。

「あなたが初めてだ」と。

なかなか難しい事をしていると感じた。

なかなかの情熱だと思った。

俺も負けてはいられない。


さらに将来の夢を聞いてみた。

マイケルは日本でビジネスがしたいと言っていた。

でも、アメリカに帰ると言っていた。

どういう事かさらに聞いてみた。

日本でビジネスをしたいが、
マイケル自身はたまにしか日本に来ないそうだ。

日本を食い物にするということか!

まぁ、たくましい奴だと思った。

確かにたくましい。

俺がアメリカに行って、
仏教の布教活動をできるかと言ったら
無理だ。

もうおっさんだし、誰も家にあげてくれないだろう。


どれ俺も腹減ったし、そろそろ帰ってもらおうという雰囲気を醸し出してみた。

日本人特有の空気を君らは読めるか?

驚いたことに彼らは空気を読んだ。

腰を上げてうれしそうにマイケルは言った。

今日はこれからカッパずしに行くから一緒に来ないかと誘われた。

俺はすでに電子レンジの中に楽しみしていた野菜炒めをすでにチン済みだったことから
丁重にお断りした。

そしてマイケルは最後にこう言った。

「今日は本当にうれしかった」と。

俺もいい事したなと、いい気分になった。

結局ジョンは一言も話さなかったし、
俺のネイティブな発音にも微笑んでいるだけだった。

ジョン、なかなかのやり手だと感じた。
さすがマイケルの1個うえだけはある。

マイケルとジョンで油断させておいて、
次回ボスキャラあたりが来るのだろうか?

ちょっと怖い。

次は日本人で美人な人がきてほしい。

前、来たんだよな~。
なのに、その時、二日酔いで冷たくあしらってしまった...

今日はちょっと楽しい冒険だった。

当分、ブログの更新がなかったら拉致されたと思って、誰か助けにきてくれ。
関連記事

| 雑記 | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/385-df78be24

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。