ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「白い巨塔」DVD


白い巨塔 DVD-BOX 第一部白い巨塔 DVD-BOX 第一部
(2004/03/03)
唐沢寿明、江口洋介 他

商品詳細を見る


白い巨塔のDVDを見ました。

今から8年以上も前にやっていたのですね。

原作は40年近く前に書かれたようですが、今作で投げかけられた問題点であったインフォームドコンセントやセカンドオピニオンはここ10年くらいで確立されてきたように感じます。

実際に父や祖母がガンを患った時は、ガンだと告知されました。どの程度というのは家族にだけ話されましたが、告知されたうえで治療や入院をしました。

いろいろ調べてその疑問を医師に聞いてみましたが、きちんと答えてもらったような気がします。

DVD版では財前教授の人間らしさが原作よりも強く感じました。

財前教授は原作では憎たらしいほど強い男でしたが、DVDでは迷いや不安、恐れなどが原作よりも強く描かれていたような気がします。

財前教授が病気になってから、死期が近付くと達観できると思っていたが、むしろわからなくなってきたという言葉が心に残りました。

私もそう思っていた節がありますが、2年前に父と祖母の死に立ちあい、そんな事は無いような気がしました。いつでも、そうなんだと思うのですが、いきなりガラっと人が変わることって、ほぼ無いような気がするのです。

父も祖母もいつまでも父と祖母でした。私が知っている父と祖母でした。

今の私はきっと長い時間かけて作られてきたものなんだと思います。こうやって書いている内容も今まで自分が作ってきた「私」という存在がにじみ出ていると思います。

だから当たり前のことなのですが、毎日毎日の積み重ねがその人をつくり、それが死ぬまで変わらないのだと思います。

私はいつからか、何事に対しても真摯に取り組む姿勢が無くなりました。

こんなことしたってどうせ...、メンドクセ...、なんでこんなことをしなくてはならないのか...、そんな事ばかり思って毎日を過ごしていました。

そしたらいつの間にか、どんな事に対してもそう思うようになってきました。

だから何かをしなければならない時に、全然自信がなくって、上手く行かない。積極性が無いから、何をしてもツマラナイ。やらされている感がありありで、生きることに対しても、後ろ向きになっていました。

自分の人生なのにただ歩かされている、自分で何も決められない、そんな自分が出来上がっていました。

たぶん今変えないと死ぬまで、何も変わらないと思います。

だから、変えたい。変わりたい。自分に正直でありたい。なりたくない人間になりたくない。

自分を信じられるようになりたい。自分に嘘をつきたくない。


私はメモ帳にその時感じたことや、感銘を受けた言葉を書き留めて、その年ごとにまとめています。たぶん5年くらい前は人生を前向きに生きていたと思います。その時に感じていたことや考えたことを振り返ってみて、その時の気持ちを思い出してみたいと思います。

財前教授は死ぬ前に心に閉まっておいたことを言葉に出していました。里見教授とは意見が合わなかったけど、目標は同じだったのではないかと思います。患者を救いたい。でも、その方法が違うだけだったのかもしれません。

財前教授は地位と権力によって多くの患者を救おうとした。里見教授は患者と向き合うことによって患者を救おうとした。

どちらも必要なことだと思います。上に立たなければできないこともあるでしょうし、より多くの患者を救えるのはハード的なものが必要なだと思います。でも、心が通わない医療では、救われない場合もあると思います。

どちらも必要なことだと思うのですが、なかなか難しいことなのかもしれません。実際は上に立つためには、清濁あわせ飲む必要があると思いますし、一回でも流されてしまうと、なかなか戻れるものでは無いと思います。

柳原医師のように、一度自分の信念を曲げてしまうと、戻ろうとしても戻れない場合があると思います。

かといって、自分の信念ばかり貫いていくことは、なかなか難しいとも思います。そんな「硬物」はツカエナイ奴として烙印を押され、閑職に追いやられることがあるのかなと思います。

時代に影響されず、人の目を気にせず、なりたい自分になりたい今日この頃です。

一生懸命することが恥ずかしいと最近思っていたのですが、自分でもバカだなと思います。周りの目を気にし過ぎていました。そのことが恥ずかしいです。本気にならなきゃ、つまらないし、死ぬ時に絶対に後悔すると思います。

ムダだっていいと思います。とにかく一生懸命やってみようと思います。

関連記事

| DVD | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/364-a399f4b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。