ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大般若心境

今日はお寺に行ってきました。
大般若心境という行事でした。

午前中は隣町の和尚さんの法話を聞きました。

話し方は上手いなと思ったのですが、内容に共感することができませんでした。

そもそも、周りは70代から80代の方ばかりです。わかりやすい話をチョイスしたのかもしれません。

午後に行う大般若心境についての法話だったのですが、最後に行事後にいただく「お札」の話をされました。

「お札」は人によって、ただの木の板にもなるし、ありがたいお札にもなるということです。

つまり、他人に感謝の気持ちを持たずに、自己中心的な人物にはお札のありがたみがわからないだろう、ということだったと思います。

例えば、お札を貰った年に、交通事故にあった場合に、感謝の気持ちを持てる人間ならば、車が壊れただけで良かったと思えるが、自己中心的な人間は交通事故に会うなんて何て不幸なことだろう、やっぱりお札の効果なんて無いじゃないかってなるでしょ?要は、心の持ち方なんです、と。

う~ん、そうっすかね?私は共感できない話でした。

だって、それは車が壊れた「だけ」の場合の話であって、もし交通事故で死んだらどう理解すれば良いのでしょうか?こんな世知辛いこの世を早く去れて幸せなヤツだったなとか、死んだ本人としては何を思うのかさえわからないし、むしろあの世に思いなんてあるのかさえわからなりませんし。

確か寿命という言葉があったような気がしますが、それはその人の寿命だったと言われればそれまでのような気がしますし。

私にとって「お札」って何だ?って考えた時に、とても怖いモノだと思います。なぜなら、前向きに生きている時には背中を押してくれるモノかもしれませんが、誰だってあるじゃないですか、ネガティブな時だったり、自暴自棄になってしまう時が。

そんな時にはお札に叱られているような気がします。

お札:「おい、おい。そんなことやってんたんじゃ、おまえ不幸にしちゃうぞ・・・」

という、声が聞こえてきそうでおっかないです。

でも、そういう高尚な方の想いが入ったモノならば、自己中心的な私にも御利益があってもいいのではと思う今日この頃です。
関連記事

| 日記 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/357-11dc3ed3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。