ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「100万回の言い訳」唯川 恵


100万回の言い訳 (新潮文庫)100万回の言い訳 (新潮文庫)
(2006/05)
唯川 恵

商品詳細を見る


夫婦とは何か?を考えさせられる一冊です。

自宅マンションの上階で火事があり、消火活動により自宅に住めなくなったことを契機に別々に暮らすことになった夫婦の物語です。

それぞれ独身時代の気ままな生活に二人で生活する窮屈さから解放され、言い訳をしながら夫婦生活ではできなかった(してもらえなかった)ことを謳歌していきます。

気ままな生活は確かに良いけれど、本当にこのままでいいの?
逢瀬を重ねた相手も体の相性は良いけどそれでいいの?

やっぱり「私の帰る場所」が無いというのは辛い・・・
そして、夫と妻という間柄には不思議なものがあると言います。

共に闘ってきた仲間とでもいうのでしょうか?

最後になっても夫婦とは何か?の結論は出ません。そして、主人公である結子の母(60歳)になっても、夫婦って何だかわからないそうです。
そして、それを考えているうちは何とか夫婦を続けていくことができるのではないか、ということが結論になっています。

幸せはどこにあるのか、ということを考えさせられる一冊です。

幸せがここにある、と宣言できる人には無意味な本かもしれません。
関連記事

| 小説 | 08:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/354-13283496

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。