ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

20代を振り返る

夢を叶える夢を見たで30代の生き方が大事と言っていたので、30代は大事に生きたいと思っているのですが、とりあえず自分がどんな20代を過ごしてきたか振り返ってみたいと思いました。

振り返るにはまだ若いというフレーズが聞こえてきましたが、気にせず振り返ってみたいと思います。

まず20歳ですが、この時は自分の転機だったと思います。私はこの頃、最初の就職先を辞めて、スロットばかりしていました。当然、すぐに金が無くなります。

親元にいましたから、親のすねをかじれば、いや実際かじって生きていたと思いますが、食うには困らなかったと思います。そういえば食費なんて出してなかったような気がします。

で、一応バイトを始める訳ですが、日雇いみたいなバイトで、最初は新鮮で楽しかったのですが、すぐにこれで自分の人生いいのかなと思い始めました。

1ヶ月でそのバイトも終わり、その金でスロットに行きました(笑)

で、出たんですね。

で、バイト代とスロットで出た金プラス親の援助(これがほとんど)で、なりたい職業につくために勉強しに行きました。

この「なりたい職業」を見つけたことが、20歳のときの最大の成果だったと思います。

では、なぜ目標が見つかったのか?この頃は本当に何もなかったからではないかなと思います。

やはり何かを出さないと何も入ってこないと言われますが、そのとおりかもしれません。何もなかったから、何か入ってきたのだと思います。

そして、21歳の時になりたい職業に就くことができました。就職したのはいいものの、私は社会性が無い人間だったようです。今の新採を見ているとすごいなと思います。自分の100倍はできると思います。

2年間くらいは全然仕事をしないで過ぎたような気がします。また、パチンコやスロットに明け暮れていました。
テキトーに遊んで暮らしていました。今思えば、くだらない時間を過ごしたと思いますが、そういう時期があってこそというか、自分の場合、何でも経験しないとわからない性質なので、いつかは無駄な時間を過ごす時があるのだと思います。

で、その後は上司の影響なのですが、資格取得に取り組みました。さらにこの頃から仕事にも積極的になったような気がします。

それから、3年間は勉強していました。特に最後の1年間は自分でもよく頑張ったなと思うくらい勉強したと思います。この3年間は本当に充実していたような気がします。基礎的な資格でしたが、基礎的なことを知らなかった私にはすごく役に立つ資格でした。

資格取得のメリットは効率よく知識を吸収できるということだと思います。使わなければ意味が無いとよく言われますが、もちろんそういう資格や、そういう一面も持っていると思います。
しかし、別に使わない資格...ん~、違うな、全く使わないのは時間の無駄かもしれませんが、何らかの形で実生活に役立つ資格であれば、「使えない資格」でも、別にいいんじゃないかなと思います。

まぁ、超難関資格などで、多くの時間を費やした揚句、合格できなかったりすれば恐ろしいですけど。

そうでは無い、基礎的な資格は効率よく勉強できるし、勉強の仕方も覚えることができるし、きっと世界も広がると思うのです。

だから、私は資格をとって良かったと思っています。できれば、また資格取得にチャレンジしたいと思っています。

24歳から28歳くらいまではそんな充実した期間だったと思います。

28歳からは読書を始めました。ビジネス書ばっかり読んでいました。このブログを始めたのもビジネス書がきっかけだったような気がします。ビジネス書を沢山(と言っていいかどうかわかりませんが。)読んで、ほとんど役に立たなかったと思います。なぜ役に立たなかったか?

語弊が無いように言えば、私には役に立たなかったということです。
なんか目指しているものが違うような気がするからです。だから、ビジネス書を読むのを辞めました。

でも、ブログは続けていて良かったと思っています。自分の思っていることを文字にすることはすっきりするからです。だから、ビジネス書もまったく役にたたなかった訳ではありません。ほとんどのビジネス書はブックオフに売ってしまいましたが、5冊くらいは手元に残っています。

デール・カーネギーの「人を動かす 新装版」や「道は開ける 新装版」、杉村太郎の「アツイコトバ」などがそうです。デール・カーネギーも調子が悪い時に読むと、なんだかイラッとするときがあるのですが、でもイラッとするときは自分が病んでいる時なんだと認識したりしています。

同じ文章なのに、気分によって全然受け取り方が違ってきます。当然といえば、当然かもしれません。

そして、デール・カーネギーも当然の事を言っています。誰でも知っているような事です。むしろ、幼稚園や小学校で先生から教えてもらったような事ばかりです。

まぁ、これからはビジネス書はもし読みたいのがあっても買うことは無いような気がします。図書館で借ります。
図書館といえば、最近はもっぱら図書館で済ましています。

図書館を知ると、本を買うのがバカらしくなってきます。まぁ、最も私は最近では小説しか読まないので、一度読んだらもういいや、ですから、図書館で間に合うのだと思いますが。

小説って何で読むのでしょうね。心が豊かになるのでしょうか?たんなる暇潰しでしょうか?何でなんて無いのでしょう。

私は頭でっかちだから、その理由を求めてしまうところがあります。理由なんて別にいらないと思うのです。
読みたいから読む。したいからする。それでいいと思うのです。

ということで、30代は自分を信じてやっていきたいと思います。根拠の無い自信を持って。
やりたいことをやる。そこに理由を求めずに、と思っています。
関連記事

| 日記 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/346-bedeb858

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。