ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダイイング・アイ


ダイイング・アイダイイング・アイ
(2007/11/20)
東野 圭吾

商品詳細を見る


ホラーです。と、私は最後に思いました。

だって怖かったんですもの。

東野圭吾さんもこんな本を書くのですねと思った一冊です。

またまたamazonのレビューはあまりよくありませんが、私は最近東野圭吾さんの本ばかり読んでいますので、いろんなパターンの本があって助かっています。

いつも一辺倒ばかりの物語では飽きてしまいそうですから。

こうやって何冊も東野圭吾さんの本を読み続けていられるということは、構成が面白いことはもちろんですが、その内容も様々だからなのかなと思っています。

後半から一気に謎が繋がって行くストーリー展開にぐいぐい引き込まれて行きました。

交通事故で1年間で一万人の人が亡くなっているそうです。

日本の人口を一億人だとすると、10万人に1人が交通事故で毎年亡くなっていることになるそうです。

また、時間にすると50分に1人の間隔で亡くなっているのだそうです。(地域によってその間隔は異なるようです)

交通事故で死亡する間隔が50分に1人だとすると、怪我とかを含めるとかなり頻繁に起きていることになります。

私はまだ交通事故に会ったことがありませんが、加害者、被害者どちらも辛い人生を歩いていくことになりそうなので、できれば遭遇しないでほしいのですが、これは誰しも思うことであって、気をつけていても会うのが事故なんでしょうね。

今を一生懸命生きなきゃなぁと思わさせる一冊でした。
関連記事

| 小説 | 12:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/329-55a919b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。