ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夜と霧 新版(著:ヴィクトール・E・フランクル)


夜と霧 新版夜と霧 新版
(2002/11/06)
ヴィクトール・E・フランクル

商品詳細を見る


神様のカルテ2でハルさんが同じ御嶽荘に住んでいる大学生 鈴掛 亮太に貸していた本です。
その大学生がすごく感銘を受けていたということで、読んでみました。

正直、ピンと来ませんでした。

私には想像力が無いのだと思います。

第2次世界大戦中の話だったと思うのですが、あまりにも現在の生活とかけ離れていて、共感?できる部分が少なかった...というよりも、無かったかもしれません。

人は極限状態のなかでどうなっていくか?という話なのでしょうが、読むとすぐに眠くなって、頑張って読まなければいけない本でした。

大学生 鈴掛 亮太はどこに感銘を受けたのでしょうか?

今、ここにある普通の生活がどれだけ幸せなことか?ということでしょうか。

今日はちょっとトゲがある文章になってしまいました。

たぶん心がトゲトゲしているのだと思います。
こんな時は本など読まずに、行動すべきかもしれません。

やはり経験しないと何事もわからないというのが私の実感です。
想像力がない私はやはり経験しかないと思う今日この頃なのです。
関連記事

| | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/322-308ea96f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。