ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誓約書

AID(非配偶者間人工授精)という選択をして、2回目の病院に行ってきました。

AIDという治療を受けることの誓約書を提出しました。

私はAIDという治療をします。正確には嫁さんにしてもらいます。

嫁さんは妊娠に関して何ら問題なく、子供を授かることができる体なので、私以外の人と結婚していれば100分の99の確率で不妊治療をすることなく、子供を授かっていたと思われます。

私と結婚したがために、肉体的にも精神的にも辛い治療を受けることになったわけです。

不妊以外でも辛い思いをさせてきました。

それでも結婚生活を続けていてくれる…申し訳ないです。

本当に申し訳ないです。

不安なことが沢山あり過ぎます。

AIDで子供を授かる可能性は1回あたり3~4%との説明を受けました。

あまりにも低い確率に愕然としました。

また、もし運よく子供を授かったとしても、告知の問題があります。

今回のカウンセリングでは告知が主な話題だったのですが、私は前回の記事で書いたとおり、告知すべきかどうか迷っている状況です。

ただ、生まれてきた子供がAIDという治療によって自分が生まれたことを知ったら、間違いなく動揺すると思います。

その子が幸せになれるのかどうか・・・それは周囲の考え方、サポートによるのだとは思いますが、不安であることは間違いありません。

そんな不安だらけではありますが、AIDを受けることの誓約書を提出しました。


最近、思ったことがあったので、備忘録代わりに書いておこうと思います。
私は不妊治療を第一に考えたくありません。
これまでもそうでした。正直あまり深く考えたことがありません。

確かに、時には絶望してしまうほど、落ち込んでしまうときもありますが、それは一瞬です。すぐに復活します。
それはあまり深く不妊のことを考えていないからだと思います。

子供はかわいいです。特に自分と近親である子供(姪とか)は、何されてもかわいいと思います。
だから、子供は欲しいと思います。良いことばかりではないでしょうが、子供がいる人生を送りたいと強く思います。
だからといって、不妊治療のことばかり考えていても、子供を授かれるわけではないと思います。

私が思うに、あくまでも夫婦二人だけでも生活していこうという気持ちがなければ、不妊治療が長くなれば辛くなってしまうような気がします。

よく言われることで、不妊治療をしていると、子供を授かることがゴールになってしまい、生まれてからが上手くいかないと言われます。本当は子供が生まれてからがスタートなのですが、妊娠することだけに着目し、努力してしまうために、そこで息切れしてしまうのかなぁと思います。

でも、その気持ち痛いほどわかります。

子供は?とよく聞かれます。子供がいる人にとっては、その質問に悪意は全く無いと思います。でも最近、私はその質問をされるたびに心臓がドキドキします。

いい年をして子供がいないということは、普通ではないことなのではないか?と思ってしまいます。
別に普通でなくてもよいと常々思っているのですが、なぜか質問されるたびにドキドキしてしまいます。

だから子供がいないことによって精神的に追い込まれる気持ちがわかります。
子供さえできれば・・・そう考えることもあります。

しかし、努力すれば必ず授かるものでもないので、一生懸命頑張りつつも、どこか自分を客観視する必要があると思います。そうしないと、私は潰れてしまいそうで恐いのです。

AIDという治療そのものに私のでる幕はありません。だから、頑張るのは治療を受ける嫁さんです。もちろん私も精一杯サポートしていこうと思っています。

治療に向かう気持ちに温度差があると、必ずケンカになると思われるので、自分の気持ちを頻繁に伝えたいと思います。

第1回目の治療は11月頃ということでしたので、それまでは不妊治療の事を勉強しつつ、それ以外の事にも目を向けてバランスの良い生活をしていこうと思います。

関連記事

| AID | 12:47 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

以前にもコメントをさせていただきました。
AIDをされるのですね。お二人は行動力、決断力がおありですね。

うちのほうは、その後前進も後退もしてません。どうしていくかの話もお互いに、いや、私が避けているのですが、こういう話のたびに、気持ちが沈み、泣かなければならないのが辛いところで、こんなことでもなければ普通に仲のよい夫婦だと思っているので、この話題を避けてしまっています、情けないです。
友達のところや親戚がベビーラッシュで、素直に祝ってあげられない気持ちもあり、なんか嫌ですね。
告知など、いろいろ大変なこともおありかと思いますが、辛い思いをされたお二人ならば、お子さんにもたくさん愛情を注がれると思いますから、いろいろなことがよい方向に向かわれますように。

| じゅん | 2011/09/03 14:08 | URL |

>じゅんさん

返信遅くなって申し訳ありません。

>この話題を避けてしまっています
うちもそうです。
この話をするたびに価値観の相違にぶち当たります。
だから、できるだけ核心には迫らないようにしているかもしれません。
でも、それではダメなんでしょうね・・・
ぶつかっても話さなきゃダメなのかもしれません。
でなきゃ、いづれゆがみがでてきそうな気がします。

難しいのですがね・・・
現実は厳しいですが、何かと決断しなければならないことが
沢山あったりしますよね・・・

>素直に祝ってあげられない気持ちもあり、
me tooです。
そんな自分が嫌になったりします。

じゅんさんも幸せになれるよう
同じ境遇の者として願っています。

| JIRO | 2011/10/04 22:20 | URL | ≫ EDIT

初めてコメントさせていただきます。数か月前から、ブログを拝見しておりました。不妊治療のことで見ていたのですが、そのほかの内容もとても興味深く、拝見させていただいています。私の主人は昨日、MD-TESEを受け、今朝結果を聞きました。結果は「みつかりませんでした」と。帰りにいろいろ話をして、AIDは考えられないと主人は言いました。私はまだ自分がどうしたいのかわかりません。奥様とはすぐに意見が一致しましたか?初めてのコメントで質問してすみません。

| ゆか | 2011/10/15 18:48 | URL |

>ゆかさん

返信コメント書いたのですが、あまりにも長いためかコメントを受け付けてくれませんでした…
返信は入力していただいたメールへ送信しましたので、ご確認ください。

| JIRO | 2011/10/15 22:09 | URL |

私達夫婦も、今年夏頃テセを、しましたが残念な結果に終わり。
先月初めてのAIDを実施して来ましたがダメでした。11/末頃二度のAIDをしに行く予定です。同じ境遇の方がいるんだ、と思えると折れかかっていた心が少し前を向ける気がします。
一日でも早く天使が来てくれるよう。お互いに頑張りましょう☆

| りん | 2011/11/19 16:24 | URL | ≫ EDIT

>りんさん

1回目のAID残念でしたね・・・

私のブログが少しでもお役に立てたのなら、
大変ありがたいことだと思っています。

実は私は今、充電期間で何もしていません。
AIDも保留中なんです。

何もかも嫌になってしまいました・・・

でも、逆にこうやってコメントを頂いて、
頑張っている人がいるんだなぁと思うと、
私も頑張らなくちゃと思えてきます。

コメントありがとうございました。

りんさんに良い知らせが少しでも早く訪れるよう
願っています。

これから寒い季節になりますので、
体調に気をつけてくださいね。

| JIRO | 2011/11/20 06:26 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2013/06/12 01:56 | |

Re: aさんへ

コメントありがとうございます。

貴重なご意見を聞けて良かったです。

AIDに関する冊子や書籍、ネットにおいて
AIDで生まれた方のお話を見ると
あまり良いことは載っていないような気がします。

正直、私はAIDについて自分で結論がでないまま、
考えるのを辞めてしまいました。

わかりませんでした。

自分の気持ちとしては
我が子をこの腕で抱いてみたい、
そして育ててみたい、
一緒に人生を歩いてみたい、
そう思いました。

でも、もし幸運にもAIDで子供を授かったとき
その子供はまず間違いなく悩むと思うのです。

それを乗り越えられるか・・・

乗り越えられるようサポートできるのか・・・

私にはわかりませんでした。


でも、aさんからのコメントを拝見して
あ~こういう方もいらっしゃるのだなと
改めて思いました。

aさんのご両親は素晴らしい方ですね。
そして、aさんも。

aさん、あなたが幸せに生きられることは
私にとって希望の光です。

これから先、また悩むことがあるかもしれませんが、
どうか勇気を持って切り開いていってください。

そして素敵なご両親をいつまでも大切にしてください。

貴重なご意見ありがとうございました。

| JIRO | 2013/06/23 08:46 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/307-6c2ee7df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。