ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手紙(東野圭吾)


手紙 (文春文庫)手紙 (文春文庫)
(2006/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野圭吾氏ってミステリー作家じゃないんだ、と思わされる一冊でした。

犯罪者の兄を持つ男の物語です。

犯罪を犯すということは、自分だけでなく、自分の家族、親戚、また被害者の家族などなど様々な人々に影響を与えることになるのだと再認識させられました。

直貴(主人公)は、兄が犯罪者であるということで、夢や恋、仕事などを奪われていきます。これらを奪うのは人間です。理不尽だなと思いつつ、そういう流れって断ち切ることは不可能だとも思います。

自分だってどう思うかわかりません。

直貴は経験から兄が犯罪者であることを抹消することにしたのですが、結婚してからは妻の意向もあり、積極的に隠すことはしなくなります。
しかし、やはり上手くいかなくなります。妻が仲間外れにされ、子供がシカトされるようになり、兄の影響は直貴以外のところにも生じてくるようになりました。

最終的には兄の存在を抹消して生きていく道を選択するのですが、確かにこの方法が現実的なのかもしれません。

私の近所にも犯罪を犯してしまった方の実家があったのですが、家族全員引っ越して行った記憶があります。

一度失ってしまうと、二度とは戻らないもの・・・失うのは簡単なのですけどね・・・いろいろあるような気がします。
関連記事

| 小説 | 08:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/300-97ee4545

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。