ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TESE手術執刀医の選択

先日、精子検査を行った東京都内の病院でTESEを受けるのですが、執刀医を選択しなければなりませんでした。

まず、一人は院長先生です。
院長先生に執刀してもらうときは、8月末になるとのことでした。
かなり先だなーと思ったのですが、福岡のセントマザーだと半年待ちもざらのようなので、それに比べたら大したことないのかもしれません。

また、手術日は火曜になるとのことで、次の日の術後観察を含めると二日間仕事を休む必要があります。さらに私は臆病なのでその次の日も大事をとって休みたいと思っているので、3連休が必要です。
さらに、1週間後に抜糸があるので、手術の翌週の火曜日も休まなくてはなりません。

正直働き盛りの私にとってこれだけの休みは非常に取りにくいです。一生にかかわる重要なことですから、そんなことも言っていられないのですが・・・

一方でもう一人の執刀医は栃木の病院に勤務している先生が月に数回やってきて、手術をしてくれるそうです。最短で6月上旬とのことでした。
こちらの先生も泌尿器科の医師であり、栃木の病院でもTESEをしていると思われることから、技術は申し分ないと思っています。

また、栃木の先生(以下「B先生」にします。)であれば、土曜日に手術できるため、仕事を休まなくても手術が可能です。

院長先生とB先生どちらかにやってもらうかの選択を、基本的に何も情報が無いなかでするのは、非常に難しいです。

私はどちらでもかまわないと思っていると自分では思っているのですが、なぜか迷ってしまいます。
できれば早く手術を終わらせたいので、6月上旬しかも土曜日に手術することができるB先生という選択になりそうですが、なぜかすんなり決めることができません。

院長先生はネットや雑誌等でよく取り上げられる男性不妊の第一人者のようです。ミーハーなんだと思いますが、院長先生にしてもらいたいなぁという気持ちもあったりします。

非閉塞性無精子症の場合、MD-TESEによって精子を回収できる確率は2割から4割ということでした。ずいぶん開きがあるなと思うのですが、いろんなケースがあり個人差があるという看護師の説明だったと思います。そうなると平均3割となるのでしょうか?

バッターであれば一流ですね。でも手術の回収率はというと、かなり低いと感じます。

そもそも少ない可能性にかけることから、少しでも腕の良い先生に手術をしてもらいたいと思います。
恐らく医師によって、結果が異なる場合があると思います。

簡単に精子を見つけられた場合は良いと思うのですが、微妙な場合は腕の差かななんて思います。
なかなか見つからないような場合は、もし精子がいてもその後の妊娠までが厳しいとも思いますが、万が一にでもかけたいというのが正直な思いです。

しかし、院長先生とB先生のどちらが腕が良いのか?というのはわかりません。
それぞれのTESEによる精子回収率はわかりませんし、患者の状況によっては、というのも元々精子がいないとか、事前の検査で非常に厳しいと思われる(そんなことわかるかわかりませんが)患者ばかり手術していれば、回収率は下がると思われます。もっともお二人とも数多く手術をなさっていると思いますので、平均値はだいたい収束していくのかなと思いますが、それは恐らくわからないことだろうと思いますから、お二人の腕の良しあしなどわかるはずがありません。

そもそも、地元の病院では、院長先生がいる病院か、B先生がいる病院の二つを紹介されました。私は交通の便が良い、院長先生の方を選んだわけですが、地元の先生曰く、このお二人が今の日本の男性不妊を代表する先生だと言っていました。

だから私はどちらの先生に手術をしてもらっても、結果は同じと考えることにしました。恐らくいくら悩んで決断しても、悪い結果がでればその決断に後悔すると思います。

したがって、その他の要因で考えて条件が良いB先生に手術をお願いすることにしました。

残されている時間はあまり無いと思っていますので、少しでも早く結果を知り、先へ進んでいこうと思います。
関連記事

| TESE | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/268-b092d806

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。