ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

精子検査に行ってきた

平成23年4月17日に東京の病院にて精子検査をしてきました。

検査内容は
①精子検査
②睾丸のエコー検査
③血液検査
④触診

血液検査の結果は後日ということでしたが、地元の病院からの検査結果と併せて鑑みると、「非閉塞性無精子症」だと診断されました。

それは地元の病院でもわかっていましたので、特に何とも思いませんでした。
確かに今回検査を受けた病院で手術(MD-TESE)を受ける予定なので、検査は必要かもしれませんが、同じような検査を2度も受け、しかも血液検査の結果は後日聞きに行くことはすごく負担です。

仕方ないわけですが・・・

また、すべて自由診療のため10割負担です。今回の検査で31,500円かかりました。また、遺伝子や染色体の検査をするとさらに75,000円程度かかると言われて、思わず断りました。

染色体に異常がある場合、その異常が遺伝する可能性が高いとのことでした。具体的には無精子症が遺伝するということのようです。

自分の代でこの流れを断ち切ることも考えます。
不妊治療の末、もし自分に息子を授かったら、高い確率で無精子症が遺伝する訳ですから、辛い思いをさせないためにも、私が子供を諦めたほうが良いのではないかという考えもあります。

しかし、医療技術は日々進化していると思いますので、近い将来、無精子症でもTESE以外で子供を授かることができるようになるかもしれません。(勝手な想像ですが...)

結局は自分のエゴですが、TESEを受けようと思っています。

たまたま私はこの時代に生まれました。もう少し前であったら、無精子症とわかった時点で子供を諦めなくてはなりませんでした。しかし、現在は確率は高くないものの、子供を授かる可能性があります。

・・・いくら考えても、自分のエゴ以外にTESEをする根拠が見当たりません。

場当たり的な感情でTESEに臨もうとする自分がいます。
関連記事

| 無精子症 | 12:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/267-c7939916

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。