ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

もうちょっとだけ・・・

どんな事があっても、周りの風景は変わらず、日々が過ぎ去っていく。

皆、それぞれの生活があって、それぞれ頑張って生きている。

父と祖母が亡くなり、慌ただしかった日々も終わり、今週からまた通常通りの生活が始まった。

ここ2ヶ月は毎日ハラハラしながら生活してきた。いつ急変してもおかしくない二人の家族の急変の電話がいつかかってくるかハラハラしていた。

毎日仕事を終えるとそそくさと病院へと通う日々が続いた。出勤前にも顔を出していた。

そんな日々が急に終わってしまった。

思えば平成20年の4月に父のガンがわかってから、2年7カ月。そして、平成22年5月に母の胃ガン告知から、6ヶ月。

今にして思えば、父は相当長い期間、闘病生活が続いていた。もっともっと長いこと、病気と闘っている方もいらっしゃると思うけど、治ることも無いとわかった後の闘病生活はさぞかし辛かっただろう。

父は常に前向きだった。病気に屈することは無かった。父はいつまでも強かった。そしていつまでも自分にとって「父」だった。

祖母はいつまでも「祖母」だった。いつまでも優しい祖母だった。俺は男のくせに冷え性だから、この時期は手が冷たくなっている。祖母が亡くなる数日前に私の手を暖めてくれた。

祖母の手で。祖母の頬で。温もりを感じた。


まだまだ実感が湧かない。二人の家族がいなくなってしまったことを。

家に行けば、病院に行けばまた会えるような気がしてならない。

几帳面で強かった父と。

優しくて暖かかった祖母と。

また、会いたい。会って話をしたい。

もっともっと安心させてあげたかった。


49日までは悲しんで良いそうだ。それまでは、まだ「こっちの世界」にいるらしい。
もうちょっとだけ悲しもう。

そして、49日を過ぎたら前を向いて歩いて行こう。
関連記事

| 雑記 | 21:30 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

企業や経営者に関する本/書籍をまとめたサイトを作成したので、よかったら見てください。
http://eniac3.com/

| eniac | 2010/12/09 10:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/243-e65431a4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。