ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祖母の状況と自分の気持ち

父の初七日も終わり、少しずつ落ち着いてきたところに、以前からわかっていたことだが、祖母の主治医から報告を受けた。

それは、祖母に残された時間が2~3週間程度ということだ。

祖母は平成22年5月22日に胃ガンのステージⅣと診断され、その時点で余命6ヶ月と言われた(本人には知らせていない)。

今月がその6ヶ月目だ。

祖母は今、緩和ケア病棟に入院している。確かに一般病棟より「良い」施設だと思う。キレイだし、個室も広いし、基本的には何でもして良いらしい。

ただ寝たきりになってしまった祖母に「何でもして良い」は無意味だ。緩和ケア病棟にはずら~っと病室が並んでいるのだけれど(どこの病棟も同じか・・・)、それぞれの人が終末期を過ごしているかと思うと、何とも言えない気持ちになってくる。

入口はドア(引き戸)もあるのだけれど、カーテンだけしている部屋も多いので、中の様子がチラッと見えたりする。寝ている人や起きて新聞を見ている人など様々いるようだった。

私の祖母の部屋はいつも賑やかだ。家族、親戚、友人が次々と訪れる。お見舞い(面会)者が多すぎて、祖母が疲れると感じるときもあるくらいだ。

父の時は、父が家族以外の面会を嫌っていたので、病室は比較的静かだった。祖母の部屋は正反対でいつも誰かがいる。

それぞれの人生を見ているように感じる時もある。

私自身、今の状況をよく理解していない・・・というか、この気持ちが「実感がわかない」ということなのだろうか。

すごく悲観的になっている訳でもなく、すごく冷静な自分がいる。落ち込んでいるという訳でも無いような気がする。父の時もそうだった。すごく忙しく思いにふけっている暇などなかったからかもしれない。徐々に実感が沸いてくるのかもしれない。

とにかく今は祖母に苦しい思いをさせたくないというのと、望んでいることを少しでも叶えてあげられたらということと、母をできるだけサポートしてあげたいという気持ちでいっぱいである。

いつ何が起きてもおかしくない状況であると思う。明日、意識がなくなる可能性だってある。自分自身、後悔しないように出来る限りのことをして、その気持ちが祖母を苦しめないようにバランスをとりながら、これから過ごして行こうと思う。
関連記事

| 祖母のこと | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/241-50c9ccc9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。