ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自分の小ささに気づいた日

3日に1回くらい仕事帰りに実家へ行く。

父の様子を見に行く。

病状を見に行くというか、何となく会いに行く。

いつも何を話したらいいかわからず、聞き手に徹する。

話を聞いてる俺の表情に気を使ってか、
今日は逆に励まされた。

検査結果で腫瘍マーカーが下がったという話を聞いた。

いつも気持ち悪いとか、食欲が無いという話ばかりしていては
おまえも家に来づらいだろうと、
たまにはうれしい報告をしないと家に着たくなくなるだろうと
父は言っていた。

そんなことはない。

どんなに暗い話だろうが、辛い話だろうが俺は父の話を聞くのは
苦痛ではない。

しかし、どこかでそういう気持ちをもっていたのだろう。

父の病気に対して何もしてあげられないもどかしさ。

全快は無理じゃないのかという無力感。

そんな気持ちが表情に出ていたのかもしれない。


自分(父)が一番辛いはずなのに、逆に気をつかわれた。


自分の小ささに情けなくなった。

家族が元気...とは言えないけど、とりあえず生活に支障なく
暮らしている。

自分の帰るところがある。

とりあえず仕事もしている。

これ以上、望むことがあるだろうか。

あとは自分の気持ち次第で何とでもなるのではないだろうか。

何も悩むことなどない。

小さくなった父に大きな勇気をもらった。
関連記事

| 父のこと | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/196-8a501e92

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。