ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なぜ、改革は必ず失敗するのか

なぜ、改革は必ず失敗するのか-自治体の「経営」を診断するなぜ、改革は必ず失敗するのか-自治体の「経営」を診断する
(2008/06/16)
木下 敏之

商品詳細を見る


元・佐賀市長である木下敏之氏の本。

1999年から6年半務めた佐賀市長時代の改革の話と自治体経営の未来の話。

流れを変えるということは非常に大変な事。既得利益を引っ剥がすには相当の覚悟がいること。現に木下さんの義理父が何者かに襲われたらしい。

しかし、誰かが流れを変えないと、第二、第三の夕張市となりかねない。正直、公共料金がやけに高かったり、病院や介護施設がヤバイ地方には住みたくない。(自分の住んでいる街も田舎で病院とかは充実してないけども…というか、この街に好んで引っ越してくる人などいないと思われる。)

そうそう、この本のタイトルにもあるように「改革は必ず失敗する」ですが、本当にそうなのか考えてみた。

そもそも行政のやっていることの評価は100年先でないとわからないという話を聞いたことがある。

少なくとも私は「郵政民営化」について良かったのか、悪かったのかわからない。もともと郵便局と縁がない私にとって、民営化されたからといって何も変わったように感じない。

それでも100年もたてば何かしら身の回りの生活の中で民営化して良かったと実感できる日が来るのかもしれないし、そうでないかもしれない。

とにかくこのままでは地方都市はますます元気が無くなっていきそうだ。そして、都市部のその後高齢化が著しく進むようなので、都市部とて安泰では無いらしい。

そんな厳しい状況でもピンチをチャンスに変えていく人もいる。失敗するかもしれないが行動しないことには何も変わらない。

覚悟を決めて、行動することでしか厳しい状況は打破できないのだろう。
関連記事

| 成功哲学 | 22:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

興味深い本ですね。
経済は成長し続けなければならない、という前提では、人口減少社会は破綻するしかなくなるような気がします。
しかし、経済=お金、という現状を改めれば、簡単に解決するような気もします…

| 読書系女子 | 2009/09/09 13:30 | URL | ≫ EDIT

>読書系女子さん

政治に期待しても無駄という気持ちが前からあって、
あまり選挙にも行かないのですが、
それでも新政権に少しだけ期待してしまいます。

ただ、新政権は無料とか手当とか「お金」に関するマニフェストが多かったような気が...

| JIRO | 2009/09/09 23:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/194-266b411e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。