ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「0円販促」を成功させる5つの法則

0円販促を成功させる5つの法則 (DO BOOKS)0円販促を成功させる5つの法則 (DO BOOKS)
(2009/03/05)
米満 和彦

商品詳細を見る


そもそも販促って何だ?という方のために販促について調べてみた。
というか、自分もぼんやりとしか分からなかったので調べてみた。

販促とは…

同義語 → 販売促進、セールス・プロモーション

キャンペーンなどを利用して、消費者の購買意欲や流通業者の販売意欲を引き出す取り組み全般。
セールス・プロモーションは、プル戦略の中心となる。広告などのプル戦略で喚起した消費者の関心を実際の購買に結びつけるのが主目的であるため、即物的な側面が強い。
セールス・プロモーションの手段は(1)消費者向け (2)流通チャネル向け (3)社内(営業担当者)向けの3種類に大別できる。



この度のお話は(1)消費者向けということでさらに詳しく調べてみると…

消費者向けセールス・プロモーションは、主に流通業者を介して潜在顧客に試用を促したり、値引きや記念品などのおまけ(景品)を付けるなどの手段を講じることで購入意向を促すもの。製品の試用(サンプリング)、製品の実演(デモンストレーション)、値引き、景品提供、店頭ディスプレイ、イベント・スポンサーシップなどがある。


ということで、ちょっと?な感じはあるけども、要はいくら立派な、便利な、おすすめな商品や自信作であっても、世の人々に知らしめなければ、その商品やサービスは無いに等しいということです。

商品やサービスを世間に認知してもらい、選択肢に入れてもらい、そしてリピーターを増やすためにはどうしたら良いのかということですね。

日本の企業の多くは中小企業ですので、販促に多くの資金を投入することは難しいということで、お金をかけないで販促をする必要があるのですね。

そこでこの「0円販促」が非常に有効な訳です。

「0円販促」を成功させるための5つの法則が書かれています。

目次

1章 素人でもできるインターネット販促で商売繁盛
2章 集客が半永久的に継続するツールで商売繁盛
3章 店の「個性」を打ち出すだけで商売繁盛
4章 考えて!考えて!考えて! 商売繁盛
5章 「人」、「情熱」を付加した最強クチコミで商売繁盛
終章



1章ではインターネットを使った販促方法を紹介しています。
今の時代自社のHPを持っていない会社は非常にもったいないと思います。毎日多くの人が検索エンジンを使って何かしら情報を探していますから、HPを持っていれば訪れてくれる可能性があります。そこで、有益な情報を発信していれば何か商品を買ってくれるかもしれません。

私のこのようなブログでさえ1日数十人の方が訪問してくれます。さらに、「0円販促」ではHPにある仕掛けをすることでもっと効果がある方法を紹介しています。

2章では継続的にお金をかけることなく集客する方法を紹介しています。
大企業は折り込みチラシなどをバンバン投入することができるでしょうが、地元の小さなお店ではそうはいきません。しかも、チラシはある程度期間限定で何回もチラシを作成して配布しなければなりません。もし、思ったような効果を上げることができなければ大きな痛手となってしまいます。そのようなことが続けば中小企業は宣伝を続けることができなくなるでしょう。
ということで、費用をかけることなく集客できるような方法を使う必要があるのですね。

著者の米満さんが言っています。

やはり自分で情報を収集して、考えて、考えて、方法を考えるべきだと。

確かに、何種類かこの「0円販促」でも具体的な例は載っています。でも、自分で考えて、自分の考えでやってみる必要があると。

そうじゃないと、いつも人に頼ってしまって自分では何もできない人になってしまうと。

意味はなんとなくわかります。
自分の子供にはお金を残すのではなく、お金を稼ぐ方法を残してやるとういう感じかなと思います。

ただ、0から何かを考えだすというのは難しいというか、たぶん無理なので(私は)、真似てもいいんじゃないかなと思います。パクリはダメですが、真似ならいいのでは?って違いがわかりませんが、真似する先に断るか、自分流にアレンジしてみればいいのかななんて。

まずは、動く。そして、失敗する。そうすると何か見えてくるのかな。

良いアイディアがあるけどどうしたらみんなに周知できるかなとか、自信作が出来上がったけどどうしたら売れるかなとか考えている小さな商店を営んでいる方や、はたまた会社にお勤めの方で販売に携わっている方はこの「0円販促」を読んで見て下さい。

実行すれば…きっとお客さんが喜んであなたのお店に来てくれますよ。

って、自分もやってみようと思います。


【編集後記】

初めて、献本をしていただきました!

この「0円販促」がそうです。
メールでオファーをいただいたのですが、まさか自分が献本を受けるとは夢にも思っていませんでしたから驚きました。

有名書評ブロガーさん、いわゆるアルファブロガーさんたちのブログでは献本されているという話をちらほら聞いていましたがまさか自分に来るなんて…

献本されたからといっても、自分の感じたことを素直に書きたいと思います。

ただ…正直うれしかったです (。´Д⊂) ウワァァァン!

米満さん!サイン入りの献本ありがとうございましたm(__)m

「0円販促」を成功させる5つの法則

関連記事

| ビジネススキル | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/172-c1c75b63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。