ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドバイ原油価格が1バレル=45ドルになっている件について

つい最近まで1バレル=100ドル突破した!なんていう話題で
盛り上がっていたのは、どこのどいつだ~い(笑)

私だよっ!(ちょっと古い?)

それが平成20年11月21日現在は1バレル=45ドルとなっていますが
これってどういう事?ということで、ちょっと調べて参りましたよ。



アラブ首長国連邦(UAE)のドバイで産出される原油のこと。産出量自体はそれほど多くないが、ほぼ全量がスポット取引(長期契約ではなく、短期での取引)であり、その時々の需給関係や国際的な思惑などで、価格が大きく変動する。そのためオマーン原油と共に、中東産の原油価格の基準となっており、さらにはアジアにおける原油相場の指標銘柄にもなっている。
日本の場合、原油のほぼ全てを輸入に頼っているうえに、その大半を中東産の原油に依存している。また、ドバイ原油とオーマン原油のスポット価格を基準にした市場連動価格方式で価格を決定している。そのため、オマーン原油にも影響を与えるドバイ原油の価格に大きな影響を受ける。ちなみに、ドバイ原油価格の発表はプラッツ社が行っている。

マネー辞典 m-Wordsより


またバレルとは石油の容量を測る単位で、約158.99リットルが
1バレルに相当します。

そのドバイ原油価格が過去最高を記録したのが、
2008年7月(月ベース)で1バレル=131.27ドルのようです。

それが今日は1バレル=45ドルってどういう事?

原油価格が上下するのにはもう本当にいろんな要因が
あるのでしょうが、たった4ヶ月で約3分の1になるって
どういう事??

今年の8月頃だったでしょうか、ガソリン価格が1リットル=180円くらいに
なったときに、すごい勢いで上昇していたので、あ~確実にこのまま
1リットル=200円を超えるなと思っていました。

それが、いつの間にか...
今では1リットル=130円を切る勢いですよね。

安くなるのは嬉しいことではありますがね...

今、思えば当時は異常な値上がりの仕方だったので
多少反動で安くなることは当然と言えば当然なのかもしれませんが
その当時は安くなるなんて微塵も思いませんでしたから。

ドバイ原油価格や円相場、日本の株価、アメリカの株価、世界の株価
そういった庶民(?)にはあまり関係のない、そして目に見えない
モノによって私達の実体経済が大きく左右される、ということは
すごく不思議な感じがします。

そして、今回思ったのが原油価格や株価、円相場なんて
予想することはまずできないと実感しました。

というか、自分の感?なんて全くあてにならないものだと
痛感しました。

確か今年の6月頃に商品価格に連動する投資信託を買ったような
気がしますが...その基準価格は見ないことにしておこうと思う。


【本日の教訓】

実態経済は目に見えないモノに左右される。
そして、そういう目に見えないモノは予測することは
ほぼ不可能...だと思うよ。
関連記事

| 資産運用中 | 00:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/tb.php/119-df6efc68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。