ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いぼ痔(血栓性外痔核)4~7日目

【4日目(9月3日)】
今日から仕事に行きました。
朝起きても結構痛かったのですが、仕事を休むまでの痛さでも無かったので、円座クッションを持参して職場に行きました。

座っていると、痛みが出てくるのですが、ずっと痛いという訳でもありません。

しかし、一旦痛みが襲ってくると、当初の痛さと大して変っていなかったような気がします。

ちなみに腫れは全然引いてる感じがしませんでした。

【5日目(9月4日)】
仕事に行ってから2日目になりました。
この頃からだいぶ痛みが出てくる時間帯が減ったような気がします。

私の場合、痛みが小さくなっていくというよりは、痛い時が減っていくという感覚でした。痛い時は最初と同じくらい痛いです。

今日から酒を飲み始めました(笑)ビール1本ですが。

今思うと、だいぶ良くなってきたのかもしれません。

【6日目(9月5日)】
今日は職場のフットサルの大会でした。
自分から職場の仲間たちを誘っておいて、自分は参加できないという残念な結果になってしまいました。

一応、応援だけでもということで、見学だけに行きました。

リーグ戦で負けてしまったものの、敗者トーナメントで引き分けになったとき、じゃんけん要員ということでじゃんけんに参加しました。

そのじゃんけんにも負けるという、いっさい何の役にも立たずに終わってしまいました。

そんな事が出来るくらい、痔は良くなってきているのだと思います。

今日は初めて、自分のいぼ痔を見てみました。

こりゃ痛いだろうと思うくらいふくれていました。
見た目はかなり派手です。

でも、大分痛みは治まってきました。
本当に徐々にという感じです。

【7日目(9月6日)】
いぼ痔ができてから1週間がたちました。
朝起きたら、全く痛くありませんでした。

注入軟膏の挿入もスムーズです。
最初は痛くて注入できませんでしたが、昨日くらいからきちんと入れられるようになりました。

きちんと入ると肛門から漏れてきません。
おかげでパンツも汚れなくてすみます。

私の場合、朝晩×14日分で28個の注入軟膏を処方されたのですが、もういいんじゃないかななんて勝手に思ってしまいます。

私の場合、外痔核なので、なんで肛門の中に軟膏をいれるのかいまいちわかりません。

まぁ、でもビビりなんで、処方された分はきっちり注入するのだろうと思っています。

いぼ痔になって1週間過ごしてみて、感じたことを書いてみます。

①痛みについて
なった当初は何をしても痛いです。むしろ何もしなくても痛いです。痛くて死にそうです。
医者いわく、1日半で痛みはだいぶ治まると言っていましたが、痛みの軽減を私が感じたのは4日目くらいからだったと思います。
しかも、軽減というよりも、痛む時間帯が減ってきたという感じです。
痛い時は最初と同じくらい痛いです。ずっと咳もくしゃみをできませんでした。くしゃみができるようになったのは1週間後です。

②座浴について
おしりをあっためた方が良いということで、座浴を勧めるネット記事を沢山読みました。
専用の洗面器みたいのがあるようですが、私はもっぱら風呂に入りました。多い時は1日3回入りました。5~10分程度温めると良いとありましたが、私は基本的に本を読みながら風呂に入るので30分以上入っていたと思います。
おかげでのぼせて大変だった記憶があります。体力をかなり消耗しました。
座欲は5~10分が良いと思います。
私の場合、痛みが引いたかというと、別にそうでもなかったような気がします。風呂に入っている時は、痛くなかったような気がしますが、出るとやっぱり痛かったような気がします。
もしかしたらずっと風呂に入っていると、痛みは無いのかもしれません。

③排便について
唯一の救いは排便時に痛くなかったということです。
ただ、私の脳は何もしていなくてもこれだけ痛いのに、排便したら死ぬ痛みだろうと認識していたことから、便はあまりでませんでした。
今ままで便秘という経験をしたことが無かった私は、1日出なかっただけでも、かなりあせりました。
だから牛乳やヨーグルトを食べて、せっせと排便を心がけました。

実際、出てみると全く痛くありませんでした。でも、排便後はなぜか痛くなりました。

私は風呂で本を読むのですが、トイレでも新聞や雑誌を読みます。だから、トイレに入っている時間が長くなってしまいがちで、それも肛門には良くないみたいです。
読書の時間が減ってしまうのは大変残念ですが、これからはトイレは5分以内に出てくるよう心がけたいと思います。


この1週間、地獄の苦しみでした。
でも、こんな時に改めて家族のありがたさが身に染みました。
また、健康で過ごしていられるときの素晴らしさも思いました。

これからはいぼ痔が再発しないよう、肛門に気を使いながら生きていきたいと思います。
スポンサーサイト

| 雑記 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いぼ痔(血栓性外痔核)3日目

今日も朝起きてがっかりしました。

昨日と大して痛みが変わっていません。

早々に職場へ休ませてほしいと電話をしました。

職場にはいぼ痔であることを伝えていましたので、お大事にとの言葉をもらいました...

今日はできるだけ、お風呂に入ろうと決意しました。

朝からお風呂に入りました。

今日は肛門を温めることによって幾分、痛みが緩和されたような気がしました。

ただ、ほんの少しだけです。

劇的に痛みが無くなるという訳ではありませんでした。

また、注入軟膏の入れ方は横になってしたほうがスムーズと書いてあったので、ベットに横になって入れてみました。

すると、肛門に力が入らず、すんなりと入れることができました。注入後、肛門を触ってみても、軟膏が出てきている様子はありませんでした。

う~ん、ネットってすごい。

そういえば、昨日は怖くて排便できなかったので、今日こそはと思い、昼にヨーグルトや牛乳を飲んでみたところ、急に催してきました。

これはと思い、トイレに駆け込むと、意外や意外、まったく痛みがありませんでした。

そう思ったのも束の間、排便後は急激に肛門が痛くなりました。

腰を曲げてしか歩けない状態です。

これは風呂に入るしかないと思い、本日2度目の風呂へ行きました。

風呂に入ると確かに痛みは和らいできました。

1度目よりも痛みが治まってきたように感じます。

本当に徐々にという感じです。

ちなみにいぼ痔の腫れは全くもって引いてきている感じはしません。

医者には2週間後に来いと言われているので、腫れは当分引かないのかもしれません。ネットで見ても1カ月から1ヶ月半はかかると書いてあります。

せっかく先週、自転車を買ったのに当分乗れそうにありません。

むしろいぼ痔が再発しそうで、乗るのが怖いです。

明日は良くなっているといいな...

| 雑記 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いぼ痔(血栓性外痔核)2日目

朝起きた時、非常にショックでした。

昨日と全く痛みが変わっておりません。

医者には1日半で痛みはだいぶ変わってくるからと言われているので、今日の午後には痛みは引いてくるはずと期待していました。

仕事も休んでいるし、痛みで動けないしで、暇だからどうしてもネットでいぼ痔(血栓性外痔核)のことを調べてしまうのです。

いぼ痔(血栓性外痔核)になる原因を調査してみたところ、

・ゴルフ(二日前にした)
・重い物を持つ(ボーリングを二日前にした)
・座りっぱなし(二日前に飲み会でずっと座りっぱなしだった)
・便秘、下痢(下痢にはよくなり、いつもトイレは長い)
・急に腹に力を入れた(一日前に1年ぶりにサッカーをした)

さらには、
・最近、急に寒くなってきて、体が冷えていた
・1週間前からサドルが固い自転車に乗り始めた
・最近、ニンニクを大量に食べていた
・最近、辛い物を頻繁に食べていた


と、原因になりそうなことがわんさかあって、これという原因はわかりませんでした。

また、座浴というものが外痔核には良いそうで、さっそくやってみようと思いました。

でも、何で座浴をしたらいいのか悩みました。洗面器では小さすぎるし...

で、考え付いたのはベビーバスでした。実家に姪っ子のベビーバスがあるかもしれないということで連絡してみると、空気でふくらますタイプのモノがあるとのこと!

早速、入浴しに行きました。

う~ん、微妙。ズボン、パンツを抜いで、上半身も乳首くらいまでまくりあげ、ベビーバスにつかります。

入ってみた感想は、普通の風呂でいんじゃね、でした。

温めると痛みが和らぐとのことでしたが、私はあまり実感できませんでした。

ただ、1日目の痛みが100だとすると、2日目の痛みは95くらいだったような気がします。

医者は1日半で痛みはだいぶ良くなると言っていましたが、私の場合、2日経っても「だいぶ良くなった」とは言えない状態だったと思います。

それから、朝晩、注入軟膏を自分でいれなければならないのですが、痛くて入れられませんでした。洋式トイレに座った状態でいれようとしていたのですが、痛くて先っぽが入って行きませんでした。

途中で軟膏を絞り出しているような感じで、ちゃんと入っているのかわかりませんでした。

それから、姉も出産後、外痔核になったそうで、その時は半年間、治療を続けたそうです。

また、その半年間の間に何回かいぼができたそうです。

この地獄の苦しみが何回か訪れると想像しただけで、くらくらします。

恐ろしくて死にそうです。

| 雑記 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年12月

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。