ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平成26年振りかえり

少し早いですが、平成26年を振り返ってみて反省やらしてみたいと思います。

【仕事について】
今年は仕事については、飛躍の年だったと思います。
他人からの評価はわかりませんが、自分的には
充実した一年だっと思っています。

それは、上司が変わったせいというのが大きな要因だったと思います。

3年前に上司が異動となって、今の上司が来ました。
元人事担当にいたこともあってか、
人の扱いが上手いというか、面倒見が良い人だと思います。

その人は私に仕事を与えてくれました。

今の職務が嫌いで、やりがいを見つけることができなかった私でしたが、
その仕事を与えてもらって、やりがいができました。

今ではその仕事の延長が私の進みたい方向性までを
見せてくれました。

そのせいで忙しくはなりましたが、充実した時間を過ごしています。

理想を言えば、このような状況に自らで作りださなければならないのかもしれませんが、
私は与えられた仕事によってやりがいを感じるようになりました。

でも、それでも良いと思っています。

自己啓発本には自主性を重要とありますが、
私はそればかりが仕事では無いような気がします。

サラリーマンであれば、自分の全く興味が無い分野の部署に行く場合もあります。
誰もがその状況を受け入れることができる訳では無いと思います。

我慢する人、そのような状況でもやりがいを自ら見つける人、
人事に直談判して異動の希望を申し出る人、
腐ってしまう人...いろんな人がいると思います。

私はあまり前向きに仕事に取り組んでいませんでした。

早く異動したいな~と思うくらいで、
特に何も行動しないでいました。

でも、やりがいのある仕事を与えられて
自主性がでました。

その仕事から派生していろんなことを自主的に取り組みました。

その結果、今の仕事に面白さややりがいを感じるようになりました。

与えられた仕事でしたが、今の状況は悪くないと思っています。

来年は異動しそうな予感もしますが、
異動してもしなくても前向きに取り組んで行こうという気持ちです。

【趣味について】
去年からボーリングを始めました。
週1のペースでボーリング場へ言っていましたが
ここ2か月はどうもやる気が起きません。

ちょっと飽きてきたのかもしれません。

来年はボールでも買って、やる気を奮い立たせたいと思います。

ゴルフに関しては10年目くらいでしょうか?
上手くなりません。
スコアが伸びません。

アベレージは多少良くなっているかもしれません。
まぁ、練習不足というのは自覚しているので
当然の結果です。

気持ちの持ち方的なものがわかってきたような気がするので
来年もこんな感じで頑張りたと思っています。

今年は17回ラウンドしたようです。
平均ストロークは96のようです。
昨年は95のようですから、1悪くなしました。

来年は92くらいを目標に頑張りたいところです。


【投資について】
今年は約16%増えたようです。
昨年は34%、おととしは15%増えたので
3年連続のプラスとなりました。

アベノミクスの効果でしょうか。

私は平成19年から投資を始めたのですが、
すぐにリーマンショックの波に飲まれ
一時期は元本の半分くらいまでになったのですが、
現在価値は元本の140%程度になりました。

今思うところは、投資して良かったなですが、
明日はどうなっているかわかりません。

実際、リーマンショックの時は
証券会社のマイページを見るのが恐ろしかったですから。

今年はまぁまぁの金額を投資にあてることができました。

給料はそんなに増えないような流れなので、
来年も今年と同じくらい投資に回せればと思います。

やはりローンを組んでいないということが
資産運用できる一番の要因だと思います。

今年が投信スーパーセンターから楽天証券へ
すべて移し替えしました。

銘柄も移し替えしました。

シンプルな投資となり、すっきりしました。

来年はいつ買うかが課題となりそうです。

今は実態無き株高が進んでいるような気がします。
来年かわかりませんが、一気に下げるような気がします。
明確な根拠はありませんが、リーマンショック前も
実態が伴わない感じで株価が一気に上がった記憶があります。

一方で実態が伴って株価が上がる時などあるのかという疑問もありますが、
何だか下がりそうな気がするので来年は投資するタイミングが難しそうです。

とりあえずドルコスト平均法ということで、
毎月積み立てでもしてみようかなと思っています。


【目標について】
今年の目標は7つもありました。

一つ目は失敗を恐れずチャレンジすることです。
二つ目は失敗しても気にしないことです。

仕事では目標を達成できたかなと思います。
大きな失敗は無かったような気がするのですが、
自分が行った仕事の評価はすべきだと感じました。
いわゆるPDCAサイクルは改めて感じました。

一方で私生活ではチャレンジしなかったような気がします。
来年はもっとチャレンジしなきゃと思いました。

3つ目が自律でした。
そして、4つ目が自立でした。
自分をコントロールして、他人に依存しないための目標だったと思います。
自律はできたような気がします。
これは酒に関してですが、二日酔いするほど飲まなくなりました。
酒を飲んでも、そそくさと帰ってくるようになりました。
それほど盛り上がる酒飲みの場に出くわさなかったということもあるかもしれませんが、
今年は二日酔いで次の日がつぶれたということが無かったような気がします。これは自律の結果だったような気がします。
自立については、比較的他人に依存しない生活を送っていたような気がします。
これは気持ち的な問題です。
実際にはいろんな人に助けられて生きているので、
かなり依存はしていますが、
気持ち的に依存は無くなったのかなと思います。
時々、依存しているなと思うときもありましたが、
目標として掲げていたので、
おっといけないというブレーキをかけることができたような気がします。

5つ目は親戚に会いに行くということでした。
千葉にいる祖母の親戚に会いに行こうかなとふと思って
目標として書いた記憶があります。
千葉には行ったのですが、親戚には会いに行きませんでした。
代わりに違う人と会っていました。
その親戚は祖母が亡くなった時や法事の時に
70代後半ですが、高速をぶっ飛ばして駆けつけてくれました。

物事を見る目が私と似ていて親近感を覚えました。
再来年は祖母の7回忌ですが、恐らく家族だけで行う予定ですので、
むしろこちらから会いに行きたいなと思います。
きちんと時間をとって会いに行きたいと思います。

6つ目は東京オートサロンに行くということでした。
気づいた時には終わっていたので、それは平成27年にということですが、
う~ん、一人で行くのも何なので
友達を誘ってみたいと思います。

7つ目は...
達成できませんでした。
1年間もあったのに達成できませんでした。
すごく残念です。
チャレンジしなかった...
いや、したけど...
なんか中途半端でした。
来年は中途半端なことは辞めて、勇気を持って結論を出し
前に進んで行きたいと思います。
スポンサーサイト

| 雑記 | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

職場での夢

今日、職場の研修の一環で我社のボスと自分の職場の夢を語るという研修がありました。

同世代10人程度がボスの前で職場での夢を語るという恐ろしい内容の研修です。

日常業務に追われていると、長期的な視野に立って物事を考えるという事を忘れがちのため、改めて夢と言われると非常に難しいものがあります。

それでも、何とか原稿書いてみました。

なかなかいいものが出来上がったのですが、研修中は基本的に原稿を見てダメというお達しがきており、融通が利かない私は必死にその内容を暗記しました。

たぶん、スピーチ的には原稿の丸暗記って良くないという記事をどこかで見た記憶がありますが、私には暗記するしか原稿を見ずに話すということはできないと思ったので毎日風呂場で暗記して、暗唱していました。

スピーチは3分なのですが、いざ話してみると長いような短いような。

削りに削った原稿ですら、かなり早口で読んで3分ジャストという感じで、本当であればもっとゆっくり話して3分という内容を検討すべきだったのでしょうが、面倒くさくて早口でもいいやと思いきってその原稿で勝負しました。

で、思ったのが、何回も何回も読んで、暗唱しているうちに最初は何となく書いた事が「自分のもの」になっていく感じがしました。

改めて反復って大切だなと思いました。
むしろ物事を理解するって反復しかないのでは、とまで思ったところです。

今日その本番を終えて、私がトップバッターだったのですが、思った以上に良くできたような気がします。

途中、何気に原稿を見たり、緊張で声が震えたりしたところもありましたが、自分的には80点くらいはあげたい出来だったような気がします。

その理由として、3分ジャストで話し終えたこと、すらすら話せたことがあります。

それは、何回も繰り返し練習したこともありますが、スマホの録音機能を使って、自分でスピーチした内容を何回も聞いたことが功を奏したような気がします。

自分のスピーチを自分の耳で気軽に聞くことは練習する上で大変参考になりました。

変に語尾が強調されていたり、つっかかるところが同じであることに気付いたりしたので、その辺を注意してスピーチできたことが良かったような気がします。

内容については比較的抽象的だったような気がしますが、3分間という時間で行うスピーチは抽象的な方が良かったような気がします。

異なる部署の人たちが集まる中で、具体的な話をしても、そしてされてもチンプンカンプンになると思うので、アウトラインを示すような感じで良かったような気がします。

ちなみに前日に天才高校生のプレゼンを見て、自分もこんな風に話せるのではないかと勝手に思ったのですが、全然無理でした。



3分間で原稿の内容を話しきるということで精いっぱいでした。

この天才高校生と呼ばれている人の話を聞いていると、基本的なテクニックも必要だけど、それでけでは無い「何か」の方がもっと大切であると感じました。

プレゼン、スピーチの基本的なこととして、早口はいけない、ゆっくり話そうみたいのがあると思いますが、この学生さんはとっても早口です。

それでわかりにくいかというと、別にそんなことありません。むしろテンポが良くて聞き心地が良いくらいです。

テクニックよりも大切な「何か」はよくわかりませんが、彼のように話せたら気持ちいいだろうなと思います。

彼は頭の中が気持ちよく整理されているような気がします。


話はかわりますが、研修を受けた同僚の一人が話した内容の一言で、子育て支援は充実しているという言葉ありました。

充実しているかどうかは、私にはわかりませんが、
子育て支援というフレーズは良く聞きます。

それだけ国や自治体、企業が力を入れていることだからだと思います。

確かに子供を産んでもらって、人口減少に少しでも歯止めをかけなければ社会保障制度は維持できない状況になるのかもしれません。

でも、そこにスポットを当てすぎるのも何だかな~とは思います。

そう思うのは、もしかしたら自分に利益が無い話だからかもしれないと思いました。


研修と聞いて初めはかなり面倒くさかったのですが、いざ終わってみると、準備にいそしんでいた先日までが非常に充実した時間を過ごしてきたなと思う研修後の夜でした。

| 仕事 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。