FC2ブログ

ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月

≫ EDIT

平成23年度終了

今年度も今日で終わりです。

年度という考え方、つまり4月1日から3月31日までの期間を区切りとする考え方って他にもあるんですかね。
大学の入学を秋にするという議論があるようですから、他にもあるんでしょうね。

日本に住んでいると、それこそ幼稚園からずっと年度という期間の過ごし方しかしたことが無いので、1年の区切りとしては12月31日より3月31日が最後という感じがします。

それでも、今年からは何だか3月31日さえ区切りという感じがしません。

年をくったからでしょうか?

今年も職場では多くの先輩たちが退職されました。

一抹の寂しさはありますが、自分の事でいっぱいいっぱいで、その寂しささえも掻き消されてしまいます。

私は今の職場に異動してきて2年が経過しました。希望していた職場とは違ったので、最初は嫌で仕方ありませんでしたが、少しずつ今の職場に対応してきている自分がいるような気がします。

それでも、時々何で私がこんなことしなくちゃならないんだと思う時があります。まぁ、誰かがしなければならない仕事なんでしょうけど、何で私がという、意味不明な気持ちになる時があります。

プライドだけは高いのでしょうね。

全く困ったものです。

学歴も大した能力もある訳でもなく、そしてないモノを埋めようとする努力する気力もの無いくせにプライドだけは一丁前にあったるするんです。

今年は同じ職場内で人事異動が3名ほどありました。私が行きたかった担当が二人異動したのですが、そこに自分よりも若い人が異動してきます。一人は新規採用です。

思ったよりも嫉妬心はありませんでした。

もう自分を肯定してしまったのかもしれません。自分は自分に与えられた職責を全うすればいいかなと。

そして、自分と同じ係員がその係の長になりました。その人の昇格は決して早いものでもないし、ポジション的に微妙なところだと悪魔的な私は思ってしまうのですが、その人は昇格したその日に家族がケーキを買って待っていてくれたそうです。

涙が出そうなほどいい話です。

幸せってきっとそういうことなんだろうなと思います。

私はうれしそうにその話をする明日からの上司を心底うらやましく思いました。

幸せってきっとそこらじゅうに転がっているのでしょうね。私はその幸せに気づくことができません。

いや、気づいても、素直に幸せを表現できない嫌な奴なんです。


さて、私の職場では係長は自分の担当ってあまり無いのですね。まぁ、係の総括的なものが多いのですが、だから暇な人も結構多いんです。

で、この度の人事異動では係員が係長になり、係員の補充は無かったので、戦力は実質的に1名減なんです。

係員が6人だったのが、5人になりました。その中の3人は特殊な人たちなので、戦力は実質的に2人になりました。

係長が持っていた仕事を二人で分けることになるようなのですが、そういう時代なんでしょうか?

恐いな~、平成24年度。
スポンサーサイト



| 日記 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大般若心境

今日はお寺に行ってきました。
大般若心境という行事でした。

午前中は隣町の和尚さんの法話を聞きました。

話し方は上手いなと思ったのですが、内容に共感することができませんでした。

そもそも、周りは70代から80代の方ばかりです。わかりやすい話をチョイスしたのかもしれません。

午後に行う大般若心境についての法話だったのですが、最後に行事後にいただく「お札」の話をされました。

「お札」は人によって、ただの木の板にもなるし、ありがたいお札にもなるということです。

つまり、他人に感謝の気持ちを持たずに、自己中心的な人物にはお札のありがたみがわからないだろう、ということだったと思います。

例えば、お札を貰った年に、交通事故にあった場合に、感謝の気持ちを持てる人間ならば、車が壊れただけで良かったと思えるが、自己中心的な人間は交通事故に会うなんて何て不幸なことだろう、やっぱりお札の効果なんて無いじゃないかってなるでしょ?要は、心の持ち方なんです、と。

う~ん、そうっすかね?私は共感できない話でした。

だって、それは車が壊れた「だけ」の場合の話であって、もし交通事故で死んだらどう理解すれば良いのでしょうか?こんな世知辛いこの世を早く去れて幸せなヤツだったなとか、死んだ本人としては何を思うのかさえわからないし、むしろあの世に思いなんてあるのかさえわからなりませんし。

確か寿命という言葉があったような気がしますが、それはその人の寿命だったと言われればそれまでのような気がしますし。

私にとって「お札」って何だ?って考えた時に、とても怖いモノだと思います。なぜなら、前向きに生きている時には背中を押してくれるモノかもしれませんが、誰だってあるじゃないですか、ネガティブな時だったり、自暴自棄になってしまう時が。

そんな時にはお札に叱られているような気がします。

お札:「おい、おい。そんなことやってんたんじゃ、おまえ不幸にしちゃうぞ・・・」

という、声が聞こえてきそうでおっかないです。

でも、そういう高尚な方の想いが入ったモノならば、自己中心的な私にも御利益があってもいいのではと思う今日この頃です。

| 日記 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「月は怒らない」垣根 涼介


月は怒らない月は怒らない
(2011/06/03)
垣根 涼介

商品詳細を見る


一人の女性が3人の男性とお付き合いする話です。

何を考えているのかわからない女性に魅了された3人の男性が語っています。

特にあっと驚くような結末も無いのですが、最後はちょっとだけ感動します。

面白いか面白くないかと言われれば、う~ん、そんなんでも無いかもしれないです。

何を考えているかわからない人=神秘的な人というイメージを持っていました。

で、私はその昔「神秘的」な人に憧れていたので、何を考えているかわからないように振舞いました。

結果、自分でも何を考えているのかわからなくなりました。

シンプル・イズ・ベストという言葉がたまに身にしみる今日この頃です。

「普通」のことを繰り返すということが「普通じゃない」ということがわかっていながら全然できない今日この頃でもあります。

| 小説 | 20:22 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

2012年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年04月