ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

RE:投資信託積立【2011年9月分】

私は毎月投資信託を積み立てているのです。
毎月26日に自動で買付をするよう楽天証券で設定しているのですが、どうもいつも高値掴みをしているような気がして、今月はその自動積み立てを解除して、任意の日に手動で買付したところです。

買付した日は平成23年9月2日です。

で、今日26日がいつもの積立日だったので、主要なデータを比較してみたいと思います。

主要データ 9月2日 9月26日 比較
日経平均株価 8,950.74円 8,374.13円 △576.61円
TOPIX 769.78 728.85 △40.6
NYダウ 11,276.82ドル 10,771.48ドル △505.34ドル
香港ハンセン 20,212.91 17,407.80 △2,805.11
ドル / 円 1ドル=76.77円 1ドル=76.35円 42銭円高ドル安



と、まぁ自分の勘がいかに当てにならないのかを再度認識したところです。
スポンサーサイト

| 資産運用中 | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

理系の人々2(よしたに)

理系の人々 2理系の人々 2
(2010/03/26)
よしたに

商品詳細を見る


図書館に本を返却しにいって、ふらっと立ち寄ったコーナーに置いてあった一冊です。
以前少しだけ読んで、けっこう面白かったので借りてみました。

amazonでの評価はイマイチですが、私はけっこう好きです。amazonでの評価と逆になる時が多いです。

私の場合amazonで高評価の本はあまり面白くなく、評価が低い本の方が面白い傾向があります。たぶん感覚がズレているのだと思います。このブログに書いてある駄文を読んでいただくいくとわかると思います。私がズレているということが...

学生の頃は人と違うことが自分らしさだと思っていました。でも社会人になってからは、より多くの意見の方に自分もいたほうが何となくいいかななんて思っていました。しかし、最近また学生の頃よりの考え方になってきたかもしれません。自分らしさなんて前向きなものでは無く、他の人と同じでも違くても「どうでもいい」ようになってきました。といいつつ、周りの視線ばかり気にして生きているのですが...

で、理系の人々なんですが、自分と似ているなぁと思う場面が多々あったのですが、自分って文系なのか理系なのかわからりません。理系の時もあれば文系の時もある、それが普通なのかなと思います。

読んでいてほっこりした気分になりました。

| 萌え | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブッタとシッタカブッタ3 なぁんでもないよ(小泉吉宏)


ブッタとシッタカブッタ〈3〉なぁんでもないよブッタとシッタカブッタ〈3〉なぁんでもないよ
(2003/05)
小泉 吉宏

商品詳細を見る


たぶん仏教の事を書いてある本です。

今回はシッタカブッタシリーズの第3弾で、「ものの見方」と「自分」などについて書いてあります。

私が読書をしたくなるのは、何かを探しているときかもしれません。

最近は仏教系の本をちょくちょく読みたくなります。

仏教系と言えば、あんな本こんな本を読んだ時がありましたが、正直何が書いてあるかさっぱりわかりませんでした。

シッタカブッタは4コマ漫画です。読解力がない私でも絵があることによっていくらか何を言わんとしているか、ぼんやりですがわかるような気がします。

苦しみの根本には4つの基本があるそうです。
①生きる苦しみ
②老いる苦しみ
③病む苦しみ
④死ぬ苦しみ

さらに二次的な4つの苦しみがあるそうです。
①愛しい人やものとの別れる苦しみ
②嫌いな人やものと結び付けられる苦しみ
③求めるものが得られない苦しみ
④得たものが満足できない苦しみ

これを四苦八苦と言うそうです。

だから何というわけではないですが、聞いた時がある言葉の意味がわかったので、一応書いてみました。たぶん、すぐ忘れるでしょうから、稀に以前の記事を見返す時があるので、その時にあ~そんな話もあったなと思いだすようにと書いてみました。

シッタカブッタ、4コマ漫画と言えど、深いい話です。
私のすさんだ気持ちが洗われるようです。

読めば当たり前のような話なのですが、毎日の生活ではシッタカブッタのように煩悩に囚われて、苦しみながら生きています。

深いい話と言えばTCC広告賞受賞した東京ガスのCMを見ました。



言葉じゃねぇんだよな。と、思いつつ、言葉で表現しないと伝わらないと思う時もあったりします。

| | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資信託積立【2011年9月分】

毎月同じ日に積立を行うように設定していたのですが、先月にドルの格付け格下げに伴う世界同時株安を受けて、そろそろ買い時じゃねなどと勝手に考え、積立以外の日に買ってみました。

そして今月も勢いで本日買付を行いました。

理由は野田新内閣発足です。
市場の反応はあまりにも未知数のため、とまどっているなどと書いてあり、最初からあんまり期待されない方が後々良くなる可能性が高いかなと思ったからです。

でもそんな予想は意味が無いとわかっています。

でも勢いで買ってしまいました。

今の心境は少しでもプラスになったら定期預金にしたい気持ちです。
投資は気持ちにゆとりが無いとできない行為だと思う今日この頃です。


投資来収益率 ▲13.2%

<H23.9.2終値データ>
・日経平均株価 8,950.74(-110.06)
・TOPIX 769.78(-8.50)
・NYダウ    11,276.82(-216.75)
・ドル / 円 1ドル=76.77円

| 資産運用中 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

分身(東野圭吾)


分身 (集英社文庫)分身 (集英社文庫)
(1996/09/20)
東野 圭吾

商品詳細を見る


クローン技術に関する一冊です。
皮肉にも不妊治療の中で起こった話でした。

自分と全く同じ人間がいたら・・・自分ならどう思うのか。

やはり「なぜ?」と思って、そのなぜ?を解明したくなると思います。

自分が誰かに似ていれば気になるし、逆に誰かに似ていないときも気になる。

AIDで生まれた子は父親のDNAは受け継がない訳ですから、外見は全く父と似ていない場合もあると思います。それはAIDでなくても似ていない場合はあると思います。

似ていないということは気になることなのか?

私はわかりません。そういう目線で考えたことがないからです。

正直私は両親どちらとも似ていると思います。自分以外の人からも似ていると言われます。それが血の繋がった親子だからなのか、両親に育てられたから似ていったのか、わかりません。

もし似ていなかったら…似ている言われている自分がこう言うことはおかしいかもしれませんが、私は両親と似ていなくてもさほど気にならなかったと思います。少なくとも今はそう思います。

でも、他の人がどう思うのかはわかりません。

「分身」のなかにもAIDという言葉が出てきました。今まで見たことも聞いたことも無かった言葉がたまたま読んだ本にあったことに、これは何かのメッセージでは?などと、アホな解釈をしてしまいました。

おそらく以前もAIDという言葉は見たり聞いたりした時があったのでしょうが、自分とはまったく関係ないことと思い、スルーしていたのだと思います。
ただ、ここ最近は自分にとって重要な言葉だから気にとめただけなんだろうと思います。

私が無精子症なのも単純に確率だと思っています。100人に1人の確率に自分が入っただけだと思っています。無精子症だったことに特別な意味などないと思っています。

運命とか、神さまは乗り越えられない試練は与えないとか、何らかのメッセージが含まれているとか、誰かの怨念とか(笑)、私はただたんに男性のなかの100人中1人いる無精子症だったということだと思っています。

ただし、そんな私と結婚することになってしまった嫁さんには大変申し訳ない気持ちでいっぱいになります。自分一人のことならば何とか気持ちの整理もつくけど、自分以外の人にも影響があるのは辛いです。

あっ・・「分身」まぁまぁ面白かったです。ただ、新参者の次に読んだのが悪かったのでしょうか、ぐいぐい引き込まれる感覚はなかったような気がします。

| 小説 | 08:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年10月

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。