FC2ブログ

ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

≫ EDIT

カッコウの卵は誰のもの(東野圭吾)


カッコウの卵は誰のものカッコウの卵は誰のもの
(2010/01/20)
東野 圭吾

商品詳細を見る


自分の娘と実は血が繋がっていないのではないかと父の葛藤を描く一冊です。
何だか旬な話題だなと思い読んでみました。

正直あまり面白くありませんでした。
珍しくアマゾンのレビューと同じ感じでした。

新参者はすごく面白かったです。
でも、この「カッコウの卵は誰のもの」は面白くありませんでした。

その違いは何か?

登場人物に共感できるかどうか、でしょうか?
う~ん、わかりません。

自分のなかで「面白い」or「面白くない」はどうやって決まってくるのか不思議です。

スポンサーサイト



| 小説 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月