FC2ブログ

ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

≫ EDIT

テレフォン人生相談

テレフォン人生相談という電話で人生相談をするという画期的なラジオ番組があります。

先日、車を運転していてこのテレフォン人生相談を聞きました。

相談者の年齢は72歳の男性です。と、聞いた時に、失礼かもしれませんが、そんな年になっても悩みってあるんだと思いました。
でも、よくよく考えてみれば、私の祖母も85歳で亡くなりましたが、悩みはあったような気もします。しかしながら、どこか達観したとこがあって、テレフォンで人生相談するまでは悩んでいなかったような気もします。孫である私が知らなかっただけかもしれませんが...

と、私の話はこの位にして、その72歳の男性(以下「A」とします。)の家族構成ですが、娘と一緒に暮らしているということでした。
パーソナリティは当然ながら?「奥様は?」と聞きました。
そしたらAは「2年前に離婚しました」と答えました。

えええーーーΣ(゚д゚;)

70歳で離婚!熟年離婚もいいとこだ!

どうもAは一方的に奥様(以下「B」とします。)から離婚を言われたようです。調停による離婚と言っていたような気がしますが、とにかくBはAに思いやりがないと一点張りとAが言っていました。

離婚届に印を押すしかない状況になり、仕方なく印を押し離婚したのだそうです。

最近は熟年離婚という言葉が普通に使われている時代ですから、そういうこともあるのかなと思っていたのですが、実はAに思いやりがなかった訳では無いのです!

Bには男(以下「C」とします。)がいたのです!BはAの2歳年下なので、離婚時は68歳だと思われます。
Bは今Cと一緒に住んでいるらしいのです。

Aは年金分割されて、生活が苦しいので、その年金分割を解除してもらえないかというのが一つ目の相談でしたが、弁護士から難しいと言われていました。

また、AはBが2000万円入っているA名義の預金通帳を持って行ったと思っているようです。2000万円と言えばかなりの大金だと思うのですが、持って行ったと思っているって確信が無いのが不思議でした。弁護士曰く、持って行っている可能性は無いと思うとのことでした。持って行ったとしても、銀行のセキュリティ上、下ろすことはできないと言っていました。

もう疑心暗鬼になっているのでしょうか?

さらに、BとCの関係はずっと前から続いており、離婚の原因もCと一緒になりたいからであり、Cに慰謝料の請求はできないかというのが三つ目の相談でした。弁護士曰く、離婚前から不貞行為があったことを証明する証拠が無い限り、慰謝料の請求は認められないだろうと言っていました。

気持ちがおさまらず、何とか慰謝料を請求できないか喰い下がるAですが、やはり慰謝料は請求できないと言われていました。

最後にパーソナリティから元嫁さんとお金にあまり執着し過ぎると、苦しくなるだけなので、何とか忘れる努力をした方が良いと言われていました。でもAはそんなに簡単に忘れられるものじゃない、できないから相談しているんだと言っていました。

何だかとても怖い話を聞いてしまいました。
スポンサーサイト



| 雑記 | 07:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

捨てちゃえ、捨てちゃえ(ひろさちや)

捨てちゃえ、捨てちゃえ捨てちゃえ、捨てちゃえ
(2010/02/20)
ひろ さちや

商品詳細を見る


何がきっかけでこの本を読んだのか?
たぶんamazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」にあったような気がします。

<目次>
第1章 「こだわり」を捨てる―「かくあらねばならぬ」ではなく、「いいかげん、ずぼら、ちゃらんぽらん」でちょうどいい(事実以上のこだわり―ありのままに受け容れる「見方革命」を
不愉解な心―思い切り腹を立てて、あとはさらりと忘れてしまう ほか)
第2章 「世間」を捨てる―「成功」や「世間の期待」に踊らされず、「自分の物差し」で生きましょう(他人目―自分は自分と割り切る
独りよがりな親切―相手には余計なお世話 ほか)
第3章 「欲望」を捨てる―希望なんていりません。現在に感謝して楽しむ心を持ちましょう(泥沼にはまる誘惑―最初にきっぱりやめておく
詐欺にかかる強欲―買ってしまうほうにも責任はある ほか)
第4章 「自分」を捨てる―世間の操人形の「自分」など捨てて、あるがままに、ゆったり、のんびり生きる(性格を変えること―短気、怠け心は出てきたときに鎮める
特別な解決法―平凡なあたりまえのことを大切に ほか)



タイトルやamazonの中身!検索で面白そうだなと思って読んでみたのですが、何も残りませんでした。今までビジネス書を少しだけ読んで来たのですが、その反動でしょうか、こういった仏教系の話を読みたくなるときがあります。

でも結局何も残らないのです。ビジネス書を読んでいるのと同じなのかもしれません。言っていることもあまり変わりが無いような気がします。そういえば私が読んでいたビジネス書にも仏教の話もでてきたかもしれません。

そう考えると何ら真新しいことが書いてあるわけではないような気がします。同じようなことが書いてあるということは、大切なことは同じことなのかもしれません。

私は何となく聞いたことがあるという程度で、それを本当に理解しているか、実践しているかと言われれば、全然できていないと思います。

たぶんいくら本を読んだって、実践できないと思います。人間って変われるものなのでしょうか?私にはわかりません。

| | 06:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月