ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タネナシ(ダイヤモンド☆ユカイ)

タネナシ。タネナシ。
(2011/07/22)
ダイアモンド☆ユカイ

商品詳細を見る


ネットで見る限りでは私と症状が異なることからスルーしようと考えていたのですが、やっぱり気になって購入した次第です。

無精子症には2種類あります。
「閉塞性」と「非閉塞性」です。

閉塞性の無精子症とは何らかの原因で精子を体外に運ぶ管が詰まっている状況で、この場合はほぼ精子は造られていることから手術をすれば95%の確率で精子を採取できます。
ユカイさんはこのパターンです。

非閉塞性の無精子症とはその名のとおり閉塞(詰まっていること)していないのに、精子が無い。つまり元々精子を造っていない場合です。無精子症の80%が非閉塞性だと言われています。
非閉塞性の場合は手術をしても精子を回収できる確率は病院によって異なりますが、おおよそ30%です。
私の場合は非閉塞性でした。

ユカイさんは手術をして精子を見つけることができましたが、私の場合、精子を見つけることができませんでした。

確かに精子が見つかれば、まだ自分の遺伝子が入った子供を授かる可能性が残されることから、見つかるに越したことは無いのですが、ネットで拝見する情報によれば簡単な話ではなさそうです。

ユカイさんは子供を授かることができましたが、何回顕微授精しても、子供を授からないという人もいるのです。顕微授精は1回50万円くらいします。それから顕微授精をしている病院はそれなりにあるのでしょうが、実績がある病院となるとけっこう遠くに行かなければなりません。医療費や旅費といった金銭的な問題、また先の見えない治療による精神的疲労などは大変なものがあると思います。
顕微授精を20回しても授からず、1000万円使ったという方もいらっしゃるようです。

先が見えない治療というのは本当に辛いと思います。

ユカイさんはロックンローラーらしく、相当な女好きだったようです。
何人も女をとっかえひっかえして、更に離婚までして、いろいろと学んだようです。
私もすごく勉強になりました。
夫婦生活を継続するには「努力」が必要であること。

私はずっと今まで努力をしてこなかったかもしれません。
安定した生活の上であぐらをかいていたかもしれません。

でもユカイさんは子供が生まれても浮気をしていたみたいですね。
さすがロックンローラー。
先輩の内田裕也さんという大御所がいますから、ユカイさんの今後に目が離せません。

ただこの本のタイトルはずるい。タネありなのにタネナシと言っているのですから。
本当にタネナシなのは私の方です。

スポンサーサイト

| 暮らし・健康 | 11:19 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

パラドックス13(東野圭吾)

パラドックス13パラドックス13
(2009/04/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


東野圭吾氏はミステリーだけだと思っていたのですが、この「パラドックス13」はパニック系というのでしょうか、地球がめちゃくちゃになっていき、切羽詰まった時に人間はどう行動するか?を描いた一冊だと思います。

10人程度の人間がすさまじいほどの天変地異の中を必死に生きて行くのですが、警察官の兄弟が物語の中心となっています。

兄の誠哉はエリート官僚でいつも冷静沈着で頭が切れるリーダータイプ、弟の冬樹は所轄の巡査でつい感情で後先考えず先走ってしまうタイプ。

中にはどうせ生きていたって助かる道は無いのだから、さっさと死のうと自暴自棄になる者もいます。

何だか自分とかぶっているなぁと思いました。

私の場合も何てことはないのですが、突然落ち込む時があります。
たまに自暴自棄な考え方になってしまうのですが、考えるだけで何もできない根性無しです。

「どうでもいい」なんて考えても、実はどうでもよくは無くて、辛いのはいや、痛いのはいやと思っているのです。

かなり例えばの話ですが、スノーボードでワンメイクというものがあります。
ジャンプ台で空中に飛び出し横とか縦に回転するものです。

いくら下が雪と言っても、硬いです。特にナイター何かだとコンクリートです。

本当にどうでもいいと思っているなら、ノーターンで思いっきり突っ込んで行けるはずなのに、怖くてビビってターンを入れて、回転するはずが真っすぐ飛んで行ったりします。

ビビりなんです。

「どうでもいい」なんて思っているようで、例えば死にたいと思った時があったとしても、実はそれは単なる甘えなのかもしれません。

俺はこんなに辛い目にあっている。誰か俺の辛さをわかってくれと。じゃないと俺は死んじゃうんだよ。

逃げ、逃げ、逃げなんです。いろんなものから逃げているのです。

私は幸せ恐怖症の疑いがあります。(そんな恐怖症あるのか知りませんが...)
いつも幸せそうな雰囲気になるのが嫌でした。居心地の悪さを感じてその雰囲気をぶち壊してきたりしました。
例えば家族そろっての年越しとか、クリスマスとかそういうの嫌いでした。
だから、あえてそういう日にパチンコとか行ったりしてました。

私のエネルギーは不幸なのかもしれないと思う日があります。

その一方で幸せそうな人を見ると嫉妬してしまいます。
昨日も地元で大きなビアパーティがありました。ちょうど終わった頃に会場付近を通ると、楽しそうな人たちがぞろぞろと歩いていました。

そんな姿を見ると、激しくイライラしてしまいました。楽しそうにしやがって、チキショー、みたいな・・・

自分が幸せな雰囲気にいると居心地が悪くなって不機嫌になってしまう傾向があり、一方で幸せそうな人たちを見ると激しく嫉妬するという状況、これもパラドックスでしょうか?

面倒クセー男です。何を求めているのかさっぱりわからない今日この頃です。

高岡蒼甫 本人ブログというのが話題らしく、読んでみましたが、彼もまたパラドックスにハマっているのでは?と思わされます。わかるようなわからないような・・・自分とちょっとだけ同じ匂いがするようなしないような・・・
奥様、超美人なのに、それでも満たされないのか・・・勉強になりまする。

| 小説 | 10:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある


ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにあるブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある
(2003/05)
小泉 吉宏

商品詳細を見る


宗教系の本はタイトルや紹介文に惹かれて買ってしまう時があるのですが、実際に読んでみるとちんぷんかんぷんで消化不良の場合が多いです。

しかし、このブッタとシッタカブッタは何とか意味を理解しながら読むことができました。

数年前までは著者の伝えたいメッセージを読み取るのにさほど苦労しなかったような気がしますが、今は読みとるために時間がかかります。

そういえば、「著者の伝えたいメッセージを読み取る」こと以外でも数年前まで簡単にできていたことが、難しく感じるようなことって沢山あるような気がします。

最近では会話を成立させることが難しいなと感じます。お話好きの私は「会話」って得意分野だと思っていたのですが、最近は話をするのも、聞くのも難しく感じます。

以前は多少複雑な内容もわかりやすく話せたような気もしますが、今は難しい内容は頭に入ってこないためか、それを人に説明することなど全くもってできません。どう説明していいか、想像できません。

こうなったのは去年の4月に職場が変わってからでしょうか。もっとも苦手な分野の職場に来てしまったことから、仕事内容を覚えることを脳が拒否しているのです。

それが1年経った今でも続いているという、何とも情けない話です。

どんどん退化していっている感覚があります。

年齢を重ねるって進化していくことだと思っていましたが、実はそうでない、むしろ努力をしないと退化していくことかもしれないと思うようになりました。

そんなネガティブな私に少しの勇気と自信を与えてくれたのが、このブッタとシッタカブッタでした。

| | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近読んだ本

感じない男 (ちくま新書)感じない男 (ちくま新書)
(2005/02/08)
森岡 正博

商品詳細を見る



世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
(2007/06/29)
渡辺 健介

商品詳細を見る



ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)ベスト・パートナーになるために―男と女が知っておくべき「分かち愛」のルール 男は火星から、女は金星からやってきた (知的生きかた文庫)
(2001/05)
ジョン グレイ

商品詳細を見る



黒笑小説黒笑小説
(2005/04/26)
東野 圭吾

商品詳細を見る

| 雑記 | 12:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近読んだ本

I'm sorry,mama.I'm sorry,mama.
(2004/11/26)
桐野 夏生

商品詳細を見る



セックスレスの精神医学 (ちくま新書)セックスレスの精神医学 (ちくま新書)
(2004/09/07)
阿部 輝夫

商品詳細を見る


浮気をしたい脳--ヒトが「それ」をがまんできない訳浮気をしたい脳--ヒトが「それ」をがまんできない訳
(2007/07/21)
山元 大輔

商品詳細を見る


| 雑記 | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

死なない病気―あとの祭り(渡辺 淳一)

死なない病気―あとの祭り死なない病気―あとの祭り
(2011/04)
渡辺 淳一

商品詳細を見る


ビジネス書の反動で多少ひねくれているような事(人の言葉を借りれば「世論とはひと味違う解釈、切り口」)を書いている本を読みたくなる今日この頃です。

著者の渡辺淳一さんは「失楽園」を書いた人というと、わかる方も多いのではないでしょうか。

何でこんなに何も感想が出て来ないのだろう。
ただ、「読んだ」という感想しかない。

最近、全国大会で入選した小学生の読書感想文を読みました。
素晴らしい文章でした。

何となく読書感想文みたいなものを書き続けても全然上達しないことはわかりました。
やはりきちんと学びながら書かないと上達しないのですね。

基礎が無いからメチャクチャな文章になってしまいます。

| | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テレフォン人生相談

テレフォン人生相談という電話で人生相談をするという画期的なラジオ番組があります。

先日、車を運転していてこのテレフォン人生相談を聞きました。

相談者の年齢は72歳の男性です。と、聞いた時に、失礼かもしれませんが、そんな年になっても悩みってあるんだと思いました。
でも、よくよく考えてみれば、私の祖母も85歳で亡くなりましたが、悩みはあったような気もします。しかしながら、どこか達観したとこがあって、テレフォンで人生相談するまでは悩んでいなかったような気もします。孫である私が知らなかっただけかもしれませんが...

と、私の話はこの位にして、その72歳の男性(以下「A」とします。)の家族構成ですが、娘と一緒に暮らしているということでした。
パーソナリティは当然ながら?「奥様は?」と聞きました。
そしたらAは「2年前に離婚しました」と答えました。

えええーーーΣ(゚д゚;)

70歳で離婚!熟年離婚もいいとこだ!

どうもAは一方的に奥様(以下「B」とします。)から離婚を言われたようです。調停による離婚と言っていたような気がしますが、とにかくBはAに思いやりがないと一点張りとAが言っていました。

離婚届に印を押すしかない状況になり、仕方なく印を押し離婚したのだそうです。

最近は熟年離婚という言葉が普通に使われている時代ですから、そういうこともあるのかなと思っていたのですが、実はAに思いやりがなかった訳では無いのです!

Bには男(以下「C」とします。)がいたのです!BはAの2歳年下なので、離婚時は68歳だと思われます。
Bは今Cと一緒に住んでいるらしいのです。

Aは年金分割されて、生活が苦しいので、その年金分割を解除してもらえないかというのが一つ目の相談でしたが、弁護士から難しいと言われていました。

また、AはBが2000万円入っているA名義の預金通帳を持って行ったと思っているようです。2000万円と言えばかなりの大金だと思うのですが、持って行ったと思っているって確信が無いのが不思議でした。弁護士曰く、持って行っている可能性は無いと思うとのことでした。持って行ったとしても、銀行のセキュリティ上、下ろすことはできないと言っていました。

もう疑心暗鬼になっているのでしょうか?

さらに、BとCの関係はずっと前から続いており、離婚の原因もCと一緒になりたいからであり、Cに慰謝料の請求はできないかというのが三つ目の相談でした。弁護士曰く、離婚前から不貞行為があったことを証明する証拠が無い限り、慰謝料の請求は認められないだろうと言っていました。

気持ちがおさまらず、何とか慰謝料を請求できないか喰い下がるAですが、やはり慰謝料は請求できないと言われていました。

最後にパーソナリティから元嫁さんとお金にあまり執着し過ぎると、苦しくなるだけなので、何とか忘れる努力をした方が良いと言われていました。でもAはそんなに簡単に忘れられるものじゃない、できないから相談しているんだと言っていました。

何だかとても怖い話を聞いてしまいました。

| 雑記 | 07:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

捨てちゃえ、捨てちゃえ(ひろさちや)

捨てちゃえ、捨てちゃえ捨てちゃえ、捨てちゃえ
(2010/02/20)
ひろ さちや

商品詳細を見る


何がきっかけでこの本を読んだのか?
たぶんamazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」にあったような気がします。

<目次>
第1章 「こだわり」を捨てる―「かくあらねばならぬ」ではなく、「いいかげん、ずぼら、ちゃらんぽらん」でちょうどいい(事実以上のこだわり―ありのままに受け容れる「見方革命」を
不愉解な心―思い切り腹を立てて、あとはさらりと忘れてしまう ほか)
第2章 「世間」を捨てる―「成功」や「世間の期待」に踊らされず、「自分の物差し」で生きましょう(他人目―自分は自分と割り切る
独りよがりな親切―相手には余計なお世話 ほか)
第3章 「欲望」を捨てる―希望なんていりません。現在に感謝して楽しむ心を持ちましょう(泥沼にはまる誘惑―最初にきっぱりやめておく
詐欺にかかる強欲―買ってしまうほうにも責任はある ほか)
第4章 「自分」を捨てる―世間の操人形の「自分」など捨てて、あるがままに、ゆったり、のんびり生きる(性格を変えること―短気、怠け心は出てきたときに鎮める
特別な解決法―平凡なあたりまえのことを大切に ほか)



タイトルやamazonの中身!検索で面白そうだなと思って読んでみたのですが、何も残りませんでした。今までビジネス書を少しだけ読んで来たのですが、その反動でしょうか、こういった仏教系の話を読みたくなるときがあります。

でも結局何も残らないのです。ビジネス書を読んでいるのと同じなのかもしれません。言っていることもあまり変わりが無いような気がします。そういえば私が読んでいたビジネス書にも仏教の話もでてきたかもしれません。

そう考えると何ら真新しいことが書いてあるわけではないような気がします。同じようなことが書いてあるということは、大切なことは同じことなのかもしれません。

私は何となく聞いたことがあるという程度で、それを本当に理解しているか、実践しているかと言われれば、全然できていないと思います。

たぶんいくら本を読んだって、実践できないと思います。人間って変われるものなのでしょうか?私にはわかりません。

| | 06:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜明けの街で(東野圭吾)

夜明けの街で (角川文庫)夜明けの街で (角川文庫)
(2010/07/24)
東野 圭吾

商品詳細を見る


主人公の渡部は僕と似ていると思う。
臆病で卑怯者。それでいて甘い蜜だけは吸いたいと思っている。
最低な人間だ。

男の幸せとは何なのだろう?
たぶんおそらく家庭を大切に生きて行くことだろう。

そしてそんな事はほとんどの男がわかっていると思う。

でもこの「夜明けの街」での主人公のように幸せとは反対の方向に向かってしまう場合がある。

幸せは相当な努力なしでは手に入れられないのかもしれない。

また、物語の最後は東野圭吾らしい結末が待っている。「あっ」と驚くような結末。

| 小説 | 22:30 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身 (文春文庫)容疑者Xの献身 (文春文庫)
(2008/08/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る


最近ずっと本ばかり読んでいます。
やはり現実逃避なんだと思います。
でも、そんな時期があってもいいのではと思ったりもするので、読書にふけっています。

献身とは
「他人やある物事のために、わが身を犠牲にして尽くすこと。」
と、あります。

まさにそのとおりの内容です。

私は誰かに献身できるだろうか?

以前読んだ「働く理由 99の名言に学ぶシゴト論」に人のために生きるということも悪い人生でないと書いてあったような気がします。

仕事に関して言えば、自分以外の誰かを満足させることによって成り立っているような気もします。他人を満足させられたときに自分の心も満たされるような気もします。

では家庭においてはどうか?家庭においても同じかもしれません。献身というと大げさですが、誰かのために生きて行くことも幸せな生き方の一つかもしれません。

しかし、世の中の風潮としては個人が尊重される時代でしょうか。イメージですが昭和の妻は、夫に献身的な感じがします。それが男女平等ということで、女性もどんどん社会に進出して、共働きの夫婦が多くなってきました。

私は男尊女卑論者でも無いですし、我が家も共働きです。

何か話がずれてきましたので、元に戻します。

容疑者Xはなぜここまで献身できたのか?

それは純粋な心を持っていたからだと私は思います。
本を読んだ後、DVDも見たのですが、それで確信しました。

これは「恋」なのだと。

恋のパワーってすごいと思います。
むしろこの世で一番パワーがでるのではないかと思っています。

いわゆる恋愛初期のテンションがハイになる感じでしょうか。

それが相手のいろんな面が見えてくると、もっと好きになるorそうでも無くなるという二つのパターンに別れると思うのですが、いずれにせよ恋愛初期のような情熱的な感じが無くなってくるというのが大方だと思います。

容疑者Xは恋をしていたから献身できたのかもしれません。

献身されるよりも献身する生き方の方が幸せなのかなと思う今日この頃です。

| 小説 | 06:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。