ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祖母に胃ガンが見つかった

携帯に一通のメールが届きました。
父から「相談したことがあります」との事。

嫌な予感を抱えつつ、父に電話をすると
祖母に胃ガンが見つかったということでした。

連絡をくれた父は2年前の5月に大腸ガンの手術を受けました。
そして、今年の5月は祖母の胃ガンが見つかりました。

電話で話を聞いたときはあまり実感がわかなくて、そして何て言っていいのかわからず会話もあまり無いまま電話を切りました。

そして、すぐに実家に向かいました。

祖母は不在でした。何でも母子会の会合に出掛けて行っているとのことでした。1時間程度、父と話をしているうちに祖母が帰ってきました。

意外とというか、前から思っていましたが祖母は大正生まれの85歳で戦争も経験しているためか、胃ガンの告知にも動揺していないようでした。
父が大腸ガンを告知された時は、かなり落ちこんでいる様子が伺えましたが、祖母はいつもと変わった様子はなく、女の人って強い、昔の人って強いなって思いました。

そりゃ、祖母が何とも思わない訳は無いと思いますが、普通どおりにしていられる姿には本当に強いなと思うのです。

祖母は知人に「85歳にもなって、手術をするとなれば回復するまで時間がかかりすぎて大変だ」という話を聞き、できれば薬で何とかしたいと言っていました。

確かに高齢者の手術は負担が非常に大きいと思うし、1ヶ月も寝たきりになっているとリハビリがすごく大変そうです。
まだ、祖母の胃ガンの進行度がわからないので何とも言えませんし、私にはどの選択が良いのかわかりません。
明日、総合病院に行くことになっているので、そこで医者の話を聞いたうえで、祖母が決めることになると思います。

私は両親が共稼ぎで、祖父が5歳の時に亡くなっているので、おばあちゃんと多くの時間を過ごしてきました。今どうなっているのかわかりませんが、私が小学生の時は土曜日は午前中で終わりだったので、土曜のお昼は祖母が作ってくれたご飯を食べていました。

パンケーキやチャーハンをよく作ってくれました。私はそのパンケーキやチャーハンを今では自分で作って食べています。

私が大人になれた、大きくなれたのも祖母のおかげだと思っています。そして今の自分の考え方、価値観、性格は祖母と似ているなと思うところが多くあります。

祖母とはいろんな話を沢山してきました。半日くらい話したときもあったと思います。今でも祖母とはよく話をします。恐らくアラサー(男)でこんなに祖母と話す人はいないというくらい話をすると思います。

今日の一件を受けて、自分は祖母孝行を何かしただろうか?と考えました。沢山話すことは孝行というよりも、自分が話したくていつも話しているような気がします。

父の時も思いましたが、病気になってからいつも気づくんですよね。よくある話ですね。

私はこれから祖母のために何ができるのだろうか...

祖母に聞けばきっとこう言うだろう。
「お前が幸せになることが私の幸せだ」と。

私はすでに最高に幸せな生活をしていると思います。
ハングリー精神がないと言えばそれまでですが、私は今十分に幸せだと思っています。

私の願いは祖母が苦しい思いをしないことです。
だから、私は祖母が苦しい思いをしなくて済むようにできることをしようと思います。
スポンサーサイト

| 祖母のこと | 17:28 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

安室奈美恵 コンサート『PAST<FUTURE』に行ってきた

安室奈美恵ファンクラブに入って早3年。

今年こそは良席が当選することを願って安室奈美恵 コンサート『PAST<FUTURE』のチケット先行予約を申し込んだところ、また今年も後ろの席でした。

ちなみに2010年5月22日の仙台サンプラザです。

仙台サンプラザ

まぁ、チケット取れただけでも良かったのかもしれませんが、私はファンクラブに入れば前の方の席が取れるとばかり思っていました。
しかしよくよく考えてみると、ファンクラブ会員もかなりの人数がいると思いますので、2000人程度しか入ることができない仙台サンプラザでさらに前の方の席は50席程度なので、ファンクラブに入っただけで良席を確保できる保証はどこにも無いことわかりました。

後ろの方の席でしたが、安室奈美恵の「かっこよさ」は十分に伝わってきました。

コンサートにはいろんな世代の人が携わっているとは思いますが、舞台に立つ人は若い人だけで、その若い人だけで多くの人を魅了する姿には感動しました。

かっこいいなぁ~、安室奈美恵。

自分も自分に与えられた使命=仕事を一生懸命しようと思いました。
ただ、安室奈美恵のダンスを見ていると肩の力が抜けていて、そりゃものすごい練習量なのでしょうが、踊っている姿からはそれを感じさせないダンスに、あ~自分もこうありたいと思いました。

もちろんダンスのことではなく、そのスタイルのことです。
一生懸命に日々を過ごしつつ、肩の力を抜いて生きていきたいと思います。

| 雑記 | 16:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。