ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

花火大会2009

今日は地元の花火大会。

20090730195918.jpg

去年(2008年)も同じ日にブログを書いていました。

http://tkhrsnd.blog110.fc2.com/blog-date-200807.html

去年の記事によると禁煙を始めてから10日目となっています。

その禁煙はその5ヵ月後に挫折しています(笑)

年始の飲み会のときに誰に勧められる訳でもなく
自分からタバコを吸っていました。

それから一日1本だったのが、一日5本になり
今では禁煙前と同じように一日15本くらいになってしまいました...

唯一の救いはタールが5mgから1mgになったことでしょうか。


また、禁煙してから5カ月で5キロ増量したのですが
タバコを吸うようになってから3キロ減りました。

やはり禁煙すると太るようですね。

理由は何と言ってもご飯がおいしくなります。

特に白いご飯が格別にうまい!

1回目の禁煙では体重が結局2キロ増えたという結果になりました。

次回の禁煙は一年後にします!と自分を追い込むために
宣言しておきます。


それでは皆さん、夏を楽しみましょうね♪

スポンサーサイト

| 雑記 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自己啓発本について

RPGの進め方に、人生が見える
>>http://anond.hatelabo.jp/20090716234551

実は、「自己啓発本」が好きで「節約」が趣味で「英語」やってる自分に満足しちゃってる俺自身を顧みて、将来に臆病になりすぎて今を楽しめない自分になっていないか?と、ふと思ったりする。

そして、ほとんどのRPGで、レアなアイテムは使わずに最後まで取っておき、ゲームクリア時に多大な金額を残している傾向に気付く。

俺(26歳)、どんだけ将来に対してチキンなんだよ。リアルもバーチャルも。



という記事に同感。

自分もRPGをするときは、絶対ボスを倒せるレベルになるまで経験値を上げ
決して冒険はしない。

人生もそんな感じ。

しかも最近ではインターネットで情報を集めようとすれば
いくらでも集められる時代なもんだから、
集めるだけ集めて消化不良になって
結局何も決断できないなんてパターンも多々ある。

自己啓発本もそうだ。

何冊も同じような本を読んで、
ちょっこっと刺激を受け、
ヤル気を出す。

でも3日も立つとそのヤル気もいつの間にか
どこかへ行ってしまっている。


「地道な努力」よりも、はるかに人生を好転させる努力の仕方
>>http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20080111/1200020891

↑で言っているように、人を成長させるのは環境かもしれない。

自己啓発本のノウハウ?もなるほどと思うけど、
結局使わなくては無意味。かな

無理やり使おうとすれば、職場で浮く可能性もある。

だから、自分を成長させたかったら成長できる環境に飛び込むのが
良いのかもしれない。

ただ、最近何となく思うのだけど
仕事内容というのは、
AさんがやるのとBさんがやるのとでは全然違って見えるときがある。

要は仕事内容はやる人によって面白そうにも、魅力的にも見えるし
逆につまんなそうにも、ショボそうにも見える。

だから、自分が成長できる環境というものは
自分で作ることもできるのかもしれない。


それにしても皆さんいろいろ考えていて、
しかもそれを表現するの上手い。


| 雑記 | 23:12 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドルコスト平均法について

2007年に「金持ち父さん 貧乏父さん」を読んでから、投資をしようと決意し、それから何冊か投資関連の基本書を読んだ。

そのほとんどがインデックス投信若しくはETFを毎月一定額積み立てる方法を推奨していた。

そう、この方法こそが「ドルコスト平均法」だ。

ドルコスト平均法のメリットは株価が安い時には多くの株式を取得でき、株価が高い時は取得する株式が少なくなることによって、結果的に平均取得単価が低く抑えられることだ。

例えば以下の条件のときに、1万円ずつ積み立てた場合と1口ずつ購入した場合を比較してみる。


【条件】

4月 5月 6月
基準価格 10,000円 15,000円 5,000円


▽1万円ずつ積み立てした場合(ドルコスト平均法)

購入した月 4月 5月 6月 合計
何口買える? 1口 0.66口 2口 3.66口
いくらかかる? 10,000円 10,000円 10,000円 30,000円


▽1口ずつ購入した場合

購入した月 4月 5月 6月 合計
何口買える? 1口 1口 1口 3口
いくらかかる? 10,000円 15,000 5,000円 30,000円

ということで、同じ3万円でもドルコスト平均法の方が0.66口も多く投資信託を購入することができる。

私が読んだ投資関連の本は入門書的な分類に属する本が多かったので、このドルコスト平均法は最初にどの投信を買うのを決めてしまえば、あとは何も考えず積み立てていけば良いので、おすすめの投資方法として紹介されていた。(ただし、1年に1回程度のリバランスは必要。リバランスについては後日説明するかも。)

それが、今日(平成21年7月13日)の日本経済新聞で何とも興味深い記事を読んだ。

日本経済新聞では以下の条件でドルコスト平均法を活用した場合の投資収益率を調査していた。


【条件】

・23歳から投資開始

・日経平均株価に連動する投信に毎月1万円ずつ投資

・配当は考慮しない

投資開始年現在の年齢日経平均株価(円投資収益率(%)
1952年80歳175418.5
57年75歳587210.2
62年70歳1,449114.1
67年65歳1,45551.8
72年60歳3,1871.3
77年55歳5,036▲17.8
82年50歳7,260▲31.8
87年45歳21,566▲37.0
92年40歳19,345▲29.5
97年35歳18,003▲22.4
2002年30歳11,024▲14.9
07年25歳17,287▲16.5

(引用:日本経済新聞(平成21年7月13日朝刊))

 

こんな具合で決して、ドルコスト平均法は万能ではない。

どちらかというと、経済がどんどん拡大していく場合にはドルコスト平均法も有効な気がするが、そんな時代はいつ投資しても利益がでるような気もする。

表からわかるように、最悪は現在45歳の人だ。この年代の人が日経平均ではなく、ダウ工業株30種平均に同様に投資してれば80.8%のプラスだったそうだ。

そう考えると、日経平均株価に連動する投信を毎月積み立てていることが少し怖くなった。

去年さわかみ投信の社長である澤上篤人氏の講演を聞いたときに、安い時に買って、高い時に売れみたいな話は確かにそうなのかもしれない。

安い時なんて誰もわからないし、高い時も誰にもわからない。

いや、誰かはわかるのかもしれないが、大して投資に時間をかけるのが面倒な自分は全然わからない。

これは今さらながら中国にでも毎月積み立てて投信でも購入したほうがよさげに思えてくる。

新興国への投資はギャンブルだから、投資資金の10%以内に抑えよ、みたいな話が投資関連本にはよく出てくるが日本に投資するほうがよっぽどギャンブルに思えてくる。

これからますます少子高齢化が進み、人口減少も突入した日本に投資するのはちょっと怖いような気がする。

ただ、自分が属している国というだけで、投資資金の多くを振り分けると言うのはナンセンスなのでは?と思えてくる。

 

ドルコスト平均法はどのような期間をとるかによって、かなり結果が異なってくることを知れたので、まぁ良しとしよう。

俺は投資しているから老後は安心!なんて余裕ぶっこいていたけど、方向転換しないと老後ひぃひぃ言って生活しなくてはならなくなりそうだ。

まずは、日経平均株価に連動する投信の割合を減らした方がいいような気がしてきた。その分は...

1 貯金する

2 国債を買う

3 外貨を買う

4 外国投信を買う

5 商品に投資する

6 使う(笑)


さぁ、どうする俺?

| 資産運用中 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飲み会が辛い今日この頃・・・

自分にとって飲み会はストレス発散の場ではない。

むしろストレスを溜める場所になってしまっているような気がする。


それはなぜか?

それは自分に話題が無いから、何も話せない。

人の話が面白いと思えない。

愛想笑いが疲れる。


なんともまぁ情けない話である。

少なくとも5年前くらいまでは飲み会は好きだった。

それがいつしか嫌いになっていった。
辛い場所へと変化していった。

父がみんなでわいわい、がやがやみたいなのが嫌いな人なので、その性格が俺にもあるのだろう。

そんな父を見て育ったので、俺はそういう人間にはなりたくない、もっとみんなの輪の中で楽しくしていきたいと思って、しかも事実楽しくやっていた。

それが年を重ねるごとに変化していった。

何がどう変化していったのかは自分でもわからない。

結果として飲み会という場所が嫌いになっていた。

基本的には話すことは大好きで、人の何倍のしゃべるのが特技?でもある。

しかし、今は飲み会で自分が話すことはほぼない。

人の話を聞いて、愛想笑いを繰り返す。

しかも内心ではくだらない、いやくだらないという感情も起きていないかもしれない。

もっとも嫌な人間になってきていることはわかる。


人間関係が大切なのはよくわかる。

でも、上手くできない。

いや、まだ笑っていられるだけ良いのかもしれない。

過去と比較してイマイチなだけかもしれない。

まぁ、聞く人がいるから話す人も話すことができるわけで、俺の存在の必要かということにもなる。

そうか、過去の俺と飲んでいた時は回りの人は聞く側の人だったわけだ。

それが今になって、今度は俺が聞く側の人になった訳だ。


よく自分の話だけをすると嫌われるというが、そんな人はちょっとだけ羨ましい。

なぜなら自分の話など何をしてよいかわからない俺は、会話が続かないからである。

会話はキャッチボールであると言われるけど、俺は受け取りもせず、後ろに過ぎていく玉を見ているだけである。


こんな風に自己嫌悪に陥る時もある。というか、飲み会の後はここ最近いつもそうだ。

一応反省しているようで、何も変わっていないから、ただ何となくそう思っているだけで、飲み会のたびに後悔する。

ハメをハズしすぎても後悔するし、ハメをはずせなくても後悔する。

さて次回の飲み会はどうかな?

| 雑記 | 00:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

余命ゼロを生きる

余命ゼロを生きる~現役美容師、奇跡の物語余命ゼロを生きる~現役美容師、奇跡の物語
(2009/06/16)
佐藤 由美

商品詳細を見る


実家でとっている新聞(山形新聞)に特集が組まれているのを見て買ってみた。

【目次】
第1章 42歳、独身の私は、ひとりで告知を受けた
第2章 あこがれのニューヨークで、新しい私になる
第3章 念願の自分の城、そして突然の入院
第4章 顔のガンとの闘い
第5章 美容師を続けながら、4つのガンと生きる


ガンをかかえる父にも読ませてあげたい本だった。

病魔はいつ何どき襲ってくるのかわからない。

せっせと頑張ってきた挙句、病に倒れる人もいる。

悪事を尽くしてきた人が、長生きする場合もある。

そう考えると、何だか不平等を感じるときもある。


私の父もそうだ。

健康には人一倍、気をつけていたけれど、63歳でガンになった。


著者の佐藤氏はこう言っている。

「ガンになってよかったなんて思ったことはない。
けれど病気になり、多くのことを学んだの事実だ。」

「自分が自分をガンにしてしまったのではないか?と、考えている。」

「一般的に、ガンになる要因の一つにストレスがあげられるが、
私の性格、私の生活、私のものの考え方などがガンに影響していると思うからだ。」

「病気は自分で治すものだと考えている。
主治医を頼りすぎてもいけないし、
病気から逃げてもいけない。」

「恐怖心を抱かず、いま自分にできる限りのことを続けていくことが大切なのだと思う。」


父がガンになってから、確かに多くのことを学んだ。

両親がいつまでも元気でいる訳ではないこと。
それも私がいい年なのでその「いつまでも」のリミットはいつ来てもおかしくないこと。

家族のうち、一人が病気なると、その一人の分を誰かがカバーしなくてはならないこと。

誰かが病気になるということは、その看病を誰かがしなければならないということ。

自分が両親を支えてあげなくてはならないということ。
でも、それを負担にしてはいけないこと。
自分も自分の人生を生きなければならないこと。


それから、私も父と性格が似ているので、性格がもしガンに影響を及ぼすとしたら、考え方を変えていく努力をしなければならないということ。

自分だけの小さい世界に閉じこもるのではなく、外に向けて自分から飛び出してみること。

人間関係を大切にそして恐れずに飛びこむこと。

寛大な気持ちを持つこと。

自分を傷つけた相手を許せる心を持つこと。


何とかなるさ~の精神が大切かも。


それから、無いものねだりもいけないかもしれない。

ガンの特効薬を探し続けてもあまり意味が無いのかもしれない。

もちろん医師に対してきちんと説明を求めることや、代替療法の情報を集めることも意味はあると思います。

ただし、そこに固執しすぎると、そこに正解がある、探し求めているモノがあるとありもしないモノを追い続けて疲れ果て、いらだちが募るかもしれません。


私は患者ではないので、ガン患者がどんな気持ちになるのかはわかりません。

でも、父を元気づけてあげたい。

父が今どんな気持ちなのかは、表面上はわかっているつもりでも、心の奥底はわかってないかもしてない。

それでも、明るく楽しく充実した毎日を送れるように応援したい。

それが、積極的に父にかかわってくことか、それとも...


最近、本当にこう思う。

人生は思っていたよりも短いかもしれないと。

私も佐藤氏のように心底好きだと言えるモノが見つけられるように、日々行動していきたいと思う。

| 暮らし・健康 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。