ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人前で3分、あがらずに話せる本

人前で3分、あがらずに話せる本―もう恥をかきたくない!人前で3分、あがらずに話せる本―もう恥をかきたくない!
(2006/07)
金井 英之

商品詳細を見る


私は事務職をやってまして、人前で話す機会は年に数回程度なのですが、我社にも今さらですが朝礼という制度ができてしまって、その朝礼で順番で一人ずつなんでもいいから話すことになりました。

元々、人前で話すのは苦手ですぐ顔が赤くなってしまい、顔が赤くなっていることを意識すればするほどまた緊張してくるという感じでした。

そこで、人前で話すための技術を身につけたいと思い読んだ一冊です。

【目次】
Prologue あがりは誰でも克服できる!

1章 「プラスの暗示」を上手にかけよう

2章 コレがあがりを抑える「話し方の基本」だ!

3章 人前で三分、スラスラ話す方法

4章 話がスッキリまとまる「組み立て方」がある


5章 「最初の十秒」を決めればどんな話もうまくいく!

6章 聞き手が身を乗り出す話し方の「決定版」!

Epilogue 今すぐ行動を起こそう!



すごく心に響いた文章を引用します。

たった一度の貴重な人生をあがりに苦しめられ、恥をかき、悩み抜きながら独り悶々と過ごしてよいのでしょうか。
あがりの苦しみのなかで、歯を食いしばり、ただ時の過ぎ去るのを耐え抜くような道をあなたは選んでいませんか。



私の朝礼の挨拶は本の数十秒で終わります。いや、終わらせています。朝のだる~い雰囲気のなか長々と話せば白い眼で見られそうというのと、自分自身早く終わらせたいという気持ちでがあります。

しかし、大勢の前で上手に講演している人などには憧れもありました。自分の考えていることを人前で堂々と話すことができたらどれほど気持ちいいものなのかと。

数十秒で終わらせる朝礼ですら自分の番が回ってくる前日からドキドキして、何を話そうか悩み興奮して眠れなくなり、自分の順番が終われば、すごく「ほっ」とする自分がいます。
まさに、ただ時が過ぎるのをじっと我慢し続けている人生です。

自分でもこんなことをあと何十年も繰り返すのは苦痛だとわかるのですが、ではどうすればいいの?

この本ではこんな方法を紹介しています。

・あがらないための心の持ち方

・あがらないための話し方

・人前で話す話し方

・話の技術的要素

・話すときのちょっとしたコツ


人前でスラスラ話せるようになるには、時間がかかると思います。でも何も対策を打たなければ現状維持です。小さい頃大人になれば堂々と人前で話すことができるようになるだろうと淡い期待を持っていましたが、大人になった(?)今、相変わらず手と声が震え、顔が赤くなります。

次の朝礼のときにこの本に書いてあることを実践してみます。と思いつつ今からちょっドキドキしていました。次の朝礼はいつだっけ...

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←ドキッとクリック願いますm(__)m
スポンサーサイト

| ビジネススキル | 22:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頭のいい段取りの技術

頭のいい段取りの技術頭のいい段取りの技術
(2007/12/20)
藤沢 晃治

商品詳細を見る


404Blog Not Foundさんの2008年の仕事始めまでに読んでおきたいビジネス書x10のなかにあった一冊。
今頃になって読み終わりました。

404Blog Not Foundさんがおすすめしていた本なのですごく難しい本だと思って身構えて読んでみたところ、意外とわかりやすくて驚きました。

【目次】
第1章 「段取り」とは一体なにか?

第2章 余裕を生み出す「予定・時間管理」の段取り術

第3章 仕事スピードが上がる「環境・情報整理」の段取り術

第4章 超効率アップ!「知的作業」の段取り術

第5章 できる人の「コミュニケーション」段取り術

第6章 「ゴチャゴチャ仕事」の段取りのつけ方・動かし方─実践編

終章 段取りの目的は人生を楽しむこと!



ど~も私は段取りするのが苦手でいつも目の前にあるものから片付けてしまいます。段取りしていると、やらなくちゃならないことを忘れてしまいそうということと、次々とやらなくちゃならないことが浮かんできて力尽きてしまう傾向があるようで...

たぶんそれは段取りの方法が悪いんでしょうね。

ごちゃごちゃした仕事を片付けるための方法として、例えとして結婚式をあげているのですが、自分の結婚式の前にこの本を読みたかった...

自分の結婚式のときは、あれもしなくちゃ、これもしなくちゃで、本当にごちゃごちゃしたまま当日を迎えてしまって全然気持ちに余裕が無いままアッという間に終わってしまい、もうちょっと余裕を持って結婚式に挑みたかったです。

段取りの重要さをあらためて教えられた一冊でした。

ちなみに段取り技術の一つとしてパソコンのデータの整理とバックアップについても書いてあるのですが、早速本書で紹介している方法でデータを整理してみました。

それから仕事がちょっとはかどる気になりました(^^♪

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←ここよりうまい書評が沢山あります(ToT)

| ビジネススキル | 23:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FP技能士試験の合格発表です!

本日(平成20年3月8日)ファイナンシャルプランナー技能士試験2級の
合否通知が届きました~!

気になる結果は...

tennsuu.jpg


goukaku.jpg


合格しました!

FP2級はFP3級試験に比べ法人の税務やリスク管理、
経理処理等があり若干難しい感じがしましたが、
基本的にはFP3級の内容をしっかり勉強しておけば
合格できるような気がします。


私の場合、FP3級試験の時に比較的みっちり学習した(つもり)ので
FP2級の勉強はFP3級の時と比較するとやや手抜き感がありました...

それでも、3ヶ月間、1日2時間勉強しました。(合計180時間程度)

これからFP試験を受けようと思っている方や残念ながら
今回の試験で不合格だった方に参考になればと思い
私が行った勉強方法をご紹介します。

基本的に使った教材は2冊です。

【参考書】
FP技能士2級試験・AFP最短集中ゼミ ’08→’09 (2008)FP技能士2級試験・AFP最短集中ゼミ ’08→’09 (2008)
(2008/07)
白根 寿晴

商品詳細を見る


【問題集】
FP技能士2級試験・AFP厳選問題集 ’08→’09 (2008)FP技能士2級試験・AFP厳選問題集 ’08→’09 (2008)
(2008/07)
FPコラボレーション

商品詳細を見る


【STEP1】

最初にざっと参考書を眺めました。
解らなくてもどんどん前に進みましょう。

ポイントは一気に読みきるということです。
全部で6つの試験項目がありますので、
1日1項目読んで1週間以内に読みきります。

繰り返しますが、内容を理解する必要はありません。

もしFP3級を合格している方はこのステップを飛ばしてもかまいません。


【STEP2】

次に問題集にとりかかります。
ポイントは問題に答えないということです!

問題を読んだら解答をみて○×をなぜそうなるのか解答を書き写しましょう。
一度にいろいろ書き込まないほうが良いと思います。

一度に覚えられる量は少なくしましょう。そして、同じ問題を3日連続で
繰り返し読んでいきます。決して解かないでくださいね。

(具体例)
1日目 問1~問10(1回目)

2日目 問1~問10(2回目)と問11~問20(1回目)

3日目 問1~問10(3回目)と問11~問20(2回目)と問21~問30(1回目)

4日目 問11~問20(3回目)と問21~問30(2回目)と問31~問40(1回目)


とこんな感じで問題集を消化していきます。
上記の問題集はおよそ300問程度なので一日10問ずつ新しい問題に
取り組んでいけば30日で終わります。

この方法で問題集をやり終えたら、次に一気に最初から最後まで読みます。
一気にといっても一日で読むのは大変なので(私の場合は...)
1週間くらいかけても良いと思います。

そうすると個別の事項が徐々にいろんな事項との繋がりを
感じることができる
と思うので、
その時に繋がっている事項を問題集に書き込みましょう!

そうすることによって問題集が自分だけの参考書に生まれ変わります。

そこまで終わったらやっと参考書を読みます。
問題集で全体を把握しているでさらさら内容が入ってくると思います。

全然解らないうちに参考書を読むと
ちんぷんかんぷんで眠くなってきますが、
問題集をやってから参考書を読むことによって、
内容がすらすら入ってくると共に
細かい事項まで理解するのが容易になります。

次は無料で手に入る過去問をやっておきましょう。
きんざいのHPから過去門をプリントアウトして解いてみましょう。

きんざいのHPの過去問ダウンロードページはこちら
>>http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/

ここでのポイントは、過去問を模擬試験として活用するということです。
地方にお住まいの方は模擬試験を実施している資格の学校が
近所に無いという人が多いと思います。

私がそうでした...

一番近くて車で2時間30分もかかります。というか、
県内にFP技能士試験の模擬試験を実施している学校等がありませんでした。

話がそれましたが、模擬試験を実施している学校等が近くにない方は
過去問を模擬試験にしちゃいましょう!
実際の時間配分や試験のレベルがわかると思います。

それから、過去門を模擬試験とする場合自宅でやらないほうが良いと思います。
実際の試験会場にはいろんな人がいます。
書く音がうるさい人、貧乏ゆすりをする人、鼻水をすする音がでかい人など
様々な集中力を奪われる要素があります。

そこで、実際の試験を想定して人が比較的沢山いるところで練習してください。
図書館とかマックとかミスドとかは比較的どこにでもあると思うので、
そんな感じのところを探してみてください。

また、問題集を読むだけで解いてこなかったので本当に自分の力で解けるか
不安になっている頃だと思いますので自分の力を試してみてください。

過去問をやり終えたらちゃんと復習してくださいね。
FP技能士試験は比較的素直に過去問を聞いてくる問題が多いので
過去問も問題集と同じ要領で読み込んでくださいね。

最後に問題集をもう一回だけざっと読み込んでください。

これでFP2級の試験対策は終わりです。
基本的にはFP3級も同じ方法で合格しました。

FP試験は誰でも3ヶ月程度勉強すれば合格できる試験です。
ただし、3ヶ月間は他のやりたいことがあっても無視してください。
今時間がいっぱいいっぱいという方は何かすることを減らしてください。

今、時間がないという方が新たに試験勉強をするとおそらく挫折します。
ただでさえ忙しくて疲れているのに新たに何かするというのは
かなりの意思が必要になります。

だから、FP試験に合格するという目標を持ったら3ヶ月間だけは何か諦めてください。

試験が終わったら存分にやりたいことをしてください。
それが一番楽にしかも挫折しない方法だと私は思います。


もし、今やっていること全て辞めるわけにはいかないという方は...

朝2時間早く起きる...これは最終手段です。

私はFP試験を通じて税金や経済について
ずいぶんと理解できるようになりました。

もちろん税理士さんや大学教授のような専門家には全然かないませんが、
普通に生活しているレベルではFP2級レベルで充分だと思います。

日経新聞や様々な金融商品を理解できるようになりましたし、
それらに関する本を読んでも比較的すんなり理解できるようになりました。

「貯蓄から投資へ」という言葉が盛んに使われていますが、
自分の身は自分で守るしかありません。
FP試験は金融リテラシーの基礎を学ぶには一番良い方法だと思います。

FP技能士はこれから投資をしてみたいという方
身の回りのお金に関することを体系的に学びたい
考えている人にはもってこいの資格だと思います。

もちろんFPの資格を活かして独立するという手もありますけどね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

| FP | 15:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウェブ時代をゆく いかに働き、いかに学ぶか

ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
(2007/11/06)
梅田 望夫

商品詳細を見る


【目次】
序 章 混沌として面白い時代

第1章 グーグルと「もうひとつの地球」

第2章 新しいリーダーシップ

第3章 「高速道路」と「けものみち」

第4章 ロールモデル思考法

第5章 手ぶらの知的生産

第6章 大組織VS小組織

第7章 新しい職業

終 章 混沌として面白い時代



【感想】
正直言って難しかった~...
今思えばIT関連の本は初めて読んだみたいです。
ITに出会ってというか、パソコンを買って2年経ちましたがまだ全然わからないことだらけ。

最近ちょこっとタグを覚えました。改行とか段落とかほんの2、3個程度...
それから、HTML言語っていうんですかね、リンクの貼り方とか、画像の挿入の仕方とか。

どちらかというと、ウェブ時代をゆくではオープンソースの話題が多々でてきますが、linaxとかオープンソースって一体誰が何で作っているか不思議に思っていました。

だって、無償で膨大な時間と労力をかけるんですよ。本書にはオープンソースに参加する意義が書いてありますが、ほんとにプログラム作るのとか好きなんだなと思いますね。

その昔、学生の頃プラグラミング言語(BASIC?)の授業がありましてかなり意味わかんね~し、何の役にたつかわかんね~という感じでさっぱり興味が無かったのですが、今さらながらもっとちゃんと勉強しとけばよかったなと思います。

そしたら俺もオープンソース作りに参...してたなんてことは無いですね、たぶん。

また、自分の「好き」を見つけるために「ロールモデル思考法」たるものを作者は提案していましたが、個人的になかなか良い方法だなと思いました。「ロールモデル思考法」とは大量の情報を浴び、直感を信じお手本(ロールモデル)を選び続けることです。

「選び続ける」というのがミソです。「探し続ける」のではなくて「選び続ける」のです。フットワークを軽くして、お手本が見つかったら即実行。直感を信じロールモデルを選びます。なにか新しいことをはじめたら古いものを捨てる。よく言われることだけれどなかなかできないことであり、大切なこと。

本書には目次にもありましたが「知的生産」について書かれています。知的生産といえば勝間和代さん(関連記事:効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法 効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法)ですが、こちらも負けてはいません。ネットを使って手ぶらで知的生産です。どちらかというとこっちのほうがお手軽知的生産となっていますかね。

併せて、前書「ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる」も読みたくなりました。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←この辺もウェブの進化なんですかね?

| IT | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ページランクが...

何気な~くこのブログを見ていたら、いつも間にかページランクが1になってました!
って、読書になんの関係も無い話なんですが、たまには日記も書いていこうかなと思う今日この頃です。

2008年の目標の一つとして1週間に1冊本を読むという崇高な目標を掲げてみたものの、2ヶ月たらずで早くも目標達成ならずです。

一月まではFP2級の試験があったために、読書の時間がとれなかったという言い訳もいえるのですが、FP2級の試験も終わった2月は...今確認したところ3冊だったようです。

いろんな書評ブロガーのサイトを見ていると1日1冊なんてザラでなかには1冊30分で読破する方もいるとかいないとか。
速読系の本も2、3冊読んでみたものの早く読めるようになった気はしません(ToT)/~~~

今はWEB関係の本を読んでいるのですが、大体1日30P程度のスピードで読んでいます。時間は30分くらいでしょうか。気になったところのみを読んでいくような読み方も速読の手法の一つであるようなのですが、私の場合そんな感じで読んだら全く内容がわからなくなります。フォトリーディングの講習会?のようなものもあるのですが、3泊4日くらいの講習で、な、なんと30万円くらいだったような...
それで、1冊1時間くらいの速さで読めるようになればかなり費用対効果はあるのでしょうが、そこまで踏み出す根性も無く、ダラダラと読んでいる次第です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←今日はビジネス書じゃなかったけど...

| 雑記 | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。