ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

本は10冊同時に読め!

本は10冊同<br />時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)
(2008/01/21)
成毛 眞

商品詳細を見る


本を読まない人はサルである!と本書の副題であるように中身でも辛口でばっさばっさ本を読まない人を斬っています。例え本を読んでいようともノウハウ本や自己啓発本ばかりではいつまで経っても「庶民」から抜け出せないようです。とにかく、すぱっと言い切る口調には私には心地よく感じました。2007年から読書を始め1年ちょっとですが、今まで読んできた本とは一味も二味も違う感じです。

【目次】
第1章 仕事も生活も劇的に変わる!
     「速読」かつ「多読」の読書術

第2章 一生を楽しみつくす読書術
     人生は、読書でもっともっとおもしろくなる

第3章 「人生を楽しむ力」と「読書量」
     忙しい人ほど本を読んでいる

第4章 まずは「同時に3冊」から!
     実践!「超並列」読書術

第5章 「理屈抜きで楽しめる」読書案内
     私はこんな本を読んできた!

【感想】
第1章の多読&速読は目を速く動かすとか訓練が必要なものではないです。これまでの速読とはちょっと違う角度から速度について述べています。あまり具体的には書けませんが、この方法なら訓練をしなくても速読ができると私は思いました。特に集中力が最近めっきり減ったんだよな~という人には合うと思います。

けっこう、はちゃめちゃなこと言っているんですが実はこの本の著者の成毛眞氏は元マイクロソフト株式会社の社長なんだそうです。実はすごい会社の社長さんだったんですね。やはりすごい会社の社長さんは言うことが違うような気がします。

私はこの本をいろんなことで迷っているときに読みました。そんな時に読んだから、著者の言葉が自然な感じで頭に入ってきて、読み終えた頃には気持ちがすごい楽になりました。
この本は絶好調なときには読まないほうがいいと思います。たぶん反発したくなると思います。
ちょっと悩んでる人が読むと気持ちが楽になりますよ。題名から想像すると読書方法の本と思われますが、もちろんそれもありますがどちらかというと人生を豊かにしてくれる本、そんな風に私は感じました。

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
スポンサーサイト

| 読書法 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本

「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本「バカ売れ」キャッチコピーが面白いほど書ける本
(2006/06/20)
中山 マコト

商品詳細を見る


特に販売の仕事をしているわけではないけど、自分の考えたときの無い領域の本を読んでみたくなって買いました。

また、ブログを書くようになってから多くの人に訪れていただきたいと考えていたので、魅力的なキャッチコピーを書きたいとも考えていました。

そんなことで出会ったこの一冊。
極意は”売れるキャッチコピーは自分で考えちゃダメ”です。

【目次】
第1章 バカ売れキャッチコピーがみるみる書ける方法、教えます!

第2章 いい材料を30秒で集める方法、教えます!

第3章 バカ売れキャッチコピーの書き方10の法則

第4章 実際に、キャッチコピーをつくるところをお見せします!

付録 文字の大きさ、飾り方、工夫してますか?

【こんな人に良いのでは?】
・良い商品があるのに売れない
・売りたい商品が売れ残る
・売り上げをアップさせたい
・サイトの集客を高めたい


【キャッチコピーのメリット】
キャッチコピーのメリットはなんといっても、お金がかからないことです。(POP代とは多少かかると思いますが...)

著者が手がけたキャッチコピーで商品の売り上げが前月比で170%の売り上げになったなんていうものもありました。
キャッチコピーだけでここまでの効果があるとは驚きです。

ただ、著者のような売れるキャッチコピーが自分には書けるようになるかというと、この本を読んでみればわかると思いますが、自分で考えていてはおそらくほとんどの方は無理でしょう。

”自分で考えないこと”ここがポイントです。
そうすれば、きっとあなたにもバカ売れキャッチコピーが書けるようになります。

って、おまえは書けるようになったのかという声が聞こえてきそうですが...

販売や集客なんて一切したことも考えたことも無い私が考えたキャッチコピーは...
(ちなみに自分では考えてないですよ。)

このブログのキャッチコピーは






























気になるビジネス書の真実ここにあり!

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ←って、ないないって思った方はクリックしてくださいね(ToT)/~~~

| ビジネススキル | 11:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は未知の世界に行ってきました。

こんなの見たんですけど、
有名な方のようですから書評ブロガーさんなら知ってるかもしれませんが...
私は初めて知りました。

マインドマップ的読書感想文さんのこの記事からリンクされていました。

小飼 弾さんの404 Blog Not Foundというブログなんですが...

月間PVが125万だそうです。
一日4万何がし/PVってことですか。

す、すげー。

ところでPVって何?
PVとは”こちら”だそうです。

どんな人かなと調べてみたところ。
こんな感じの方です。

この方のブログを1時間くらい見てみたんですけど、
書評以外は何言ってるのかほとんどわかりませんでした(^^)

たぶん、すんごい事書いてるんだと思います。


世の中にはすごい人いるんですね。
まだまだネットは未知の世界です。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ←知らなかった人はクリックしてね

| 雑記 | 22:37 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きっと、よくなる!②「お金と仕事」編

きっと、よくなる! (2)きっと、よくなる! (2)
(2007/12/13)
本田 健

商品詳細を見る


【目次と感想】
83個の目次がありますので、特に良かったものを感想付きで紹介します。

自分の「稼ぐ力」をお金で買う
 資産が3,000万円できるまでは、自分の稼ぐ力に投資をすることができる人が、
 結果として資産1億円以上を作れる人とのことです。
 確かに積極的に自分に投資できる人はどんどん成長していくと思いますが、
 最近の物価の急上昇のあおりを受け、我が家の金庫番から決裁が
 下りるかどうかが問題となりそうです。
 今日の夜あたりに交渉してみます。
 俺に投資してみないか(゜o゜)と...
 
仕事がもたらす五つのすばらしい報酬
 仕事がくれるのはお金だけではありません。
 ちなみに私はお金以外は受け取っていなかったので、
 その他の報酬を受け取れるように意識してみます。
 多くの人は人生のなかで最も長い時間を費やすのは「仕事」だと思います。
 だったら、仕事から受け取れる報酬は全部受け取っちゃいましょう。

自分の仕事に返金保障をつけられますか?
 ぎくっ...
 給料がマイナスになる月もあるかも...なんて
 これからは、全力で仕事に打ち込む所存でございます。はい。

現代のわらしべ長者から学ぶもの
 この話が気になったのは単純に”わらしべ長者”って何?って思ったからです。
 言葉は聞いたことがあるけど、”座敷わらし”みたいなものか...
 
 って、全然違いましたけど、”わらしべ長者”とは
 物々交換をして奇想天外な出世をしていく日本の童話だそうです。
 で、その話を現実にやった人がいるそうです。
 その過程はブログで公開されているようです。
 現代版わらしべ長者のブログはこちら
(英語のサイトのためちょっとわかりにくいのですが、サイトの上のほうの赤いクリップがありますが、それが初め持っていた物で次々と右の物へ交換していったようです。) 

親兄弟と和解すると、人生はぐんとよくなる
 このことについては、鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルールで詳しく紹介されていたことですが、いろんな本で同じことが書いてあるということは、やっぱり親兄弟との仲と他の事柄ってリンクしてるんだろうなと再認識しました。

三秒で決断を下す練習をする
 ”即決マン”これが今年の私の目標です。
 ぐるぐる考えて、結局何もしないということが一番嫌なので、
 今年は何も考えなしに直感で生きていこうと思っております。

批判は自分の器を大きくするチャンス
 打たれ弱い私は、批判されるとすぐ滅入ってしまいます。
 強がってみるものの、内心ガクッとくるんですよね。
 相手に「自分を嫌いになる自由」を与えられる大きな器をもった人間に
 チャレンジします。

にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ ←ランキング応援ありがとうございます

| 成功哲学 | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。