ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

この世でいちばん大事な「カネ」の話

この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)この世でいちばん大事な「カネ」の話 (よりみちパン!セ)
(2008/12/11)
西原 理恵子

商品詳細を見る


「カネ」の教育を受けて来なかったような気がするので
お金について知っておこうかなと思って読んでみました。

まずは読みやすい「よりみちパン!セ」シリーズから読んでみようかなと...

意外と言ってはなんですが、実はお金ってすばらしいものですよ!
というような話かなと思って読み始めたのですが、
いえいえ全然違います。
もっとリアルな話。

カネがないとどういうことになるか?という話で著者の西原さんが
小さい頃貧乏だった話から始まります。

本当に貧乏だと夢も希望も無くなるそうです。そして、親が夢も
希望もないと、小さい時にこんな親になりたくないなと思っていた
姿にいつのまにかなってしまうという負のスパイラルが続くのだそうです。

いつも読む成功の法則や自己啓発系の本には、夢や希望は諦めなければ
いつか必ず叶う...いや、違うな、なんていうんだろう...
読んでいていてなんとなく違和感、どこか自分とは遠い世界の話のようで
しっくりこない感じがいつもするのだけれど、この本はリアルに感じる。

といっても、私は幸いにも裕福な家庭で育ったわけでもないと思うけど
ちゃんと家もあって、食べたい時に食べたいものが食べれて、
しかもおもちゃもそれなりに沢山買ってもらって育ちました。

親はギャンブルもしないし、酒もほとんど飲まないので
修羅場なんて見たこともありません。

だけど、なんとなく言わんとしていることはわかります。

私は幸せな家庭で育ったんだなと改めて感じ、そして親に感謝です。

また、西原さんは貧しいアジアの国々を回っているそうですが、
日本とは比べ物にならないほどの貧困がそこにはあるそうです。

先日「世界がもし100人の村だったら」というテレビでも見ましたが
小学生にも満たないような子供が家族の食う分を稼ぐために
働いている状況がアジアの国々ではあります。

なぜ、そんな状況になるのか?政治の問題なのか、親の問題なのか
わかりませんが、そんな国の子達は負のスパイラルから抜け出せるのでしょうか?

その子達にも夢や希望はあるそうです。でも西原さんは言っています。無理だろうと...

比較する?比較して良いのかさえ疑問ですが、それに比べて自分は、
ヤル気さえあれば何でも出来る状況にありながら、夢や希望をもっていない。

先進国の多くは選択肢がありすぎるために、自分のやりたいことが
見つけられないのだろうか?

そして、そのまま一生を終えるのだろうか?

漠然と目の前の仕事をやっつけながら生きていくことも
必要な時もあるのだろうか?

決してやりがいが無いわけではない。
やりがいがない仕事なんてないかもしれない。
その仕事のとらえ方、考え方、やり方、先を見通す目
自分がしている仕事によって誰かが笑顔になっているとすれば
自分の仕事にやりがいが無いわけがない。

今は仕事を選べる経済状況でないことも認識しているが
それでも今の仕事も含めてやりがいを見つけていきたい。

どうも最近気づいたのだが、人からありがとうと言われると
単純にうれしいことがわかってきた。

仕事の対価としてありがとうと言われるような仕事をしたい。
業種ではなく仕事の仕方で何でも良いような気がする。

ただ、一点。なにかあった時に家族を守ることができる
経済力だけは絶対に持っておきたい。

ところで「よりみちパン!セ」って青少年向けの単行本のような
気がするのだけど(実際、漢字には全部ふり仮名が書いてあるし。)
三十路手前の私が読んでも読みごたえ十分ですごく勉強になったのだが...
私の心はまだ青少年なのだろうか(笑)
スポンサーサイト

| お金 | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界にひとつしかない「黄金の人生設計」

世界にひとつしかない「黄金の人生設計」世界にひとつしかない「黄金の人生設計」
(2003/11/21)
橘 玲、海外投資を楽しむ会 他

商品詳細を見る


今日紹介するのは前回に引き続き「橘玲」氏の本でございます。

「人生設計」ってなんかいい響きですね~。

ちないに私は今まで人生設計したことありません。

が、しかし、今更ながら今年一年「人生設計」考えてきました。

その考えるきっかけになった一冊です。

人生で大半の人が通る道であろう

 ・不動産について
  →持ち家か?賃貸か?

 ・生命保険
  →生命保険の仕組みとは?

 ・日本の社会保障制度について
  →年金と医療保険制度

 ・教育費ついて
  →一人の子供を育てるためにいくら必要?


【目次】
第1部 不動産は人生にとってほんとうに必要か?
 STEP1 持ち家と賃貸はどっちが得か?
 STEP2 不動産の値段はどうやって決まる?
 STEP3 世にも不思議な不動産市場

第2部 6歳で子どもでもわかる生命保険
 STEP4 生命保険の仕組み
 STEP5 不思議の国の保険会社
 STEP6 DIYで保険ポートフォリオをつくる

第3部 ニッポン国の運命
 STEP7 年金と医療保険について考えてみよう
 STEP8 やがて哀しき国民保険
 STEP9 ニッポンという問題

第4部 自立した自由な人生に向けて
 STEP10 人生設計の基礎知識
 STEP11 「もうひとつの人生」を目指して


【感想】
どれもこれも考えるのがめんどくさくて
スルーしてきた問題。

ですが、大人になった今いろんな決断をせまられます。

家を買うのか、賃貸のままでいくか?

生命保険ってどのくらいの保険金が必要?

年金っていったいいくらもらえるの?

医療保険っていくら払ってるの?


見てみぬふりをしてきたことが、この本によって
考えせざる得なくなりました。

ただ、いつまでもスルーしてるわけにはいきません。

問題をしっかりとらえて、正しい知識を身につけ
決断し、実行していかなければ 
いつか、あれっ、人生立ち行かなくなったぞ。。。
なんてなりかねませんから(ToT)/~~~

考えるきっかけを与えてくれた一冊でした。

↓↓学ぶために必要なおすすめ本が沢山ありますよ↓↓
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

【関連書籍】
「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社プラスアルファ文庫)「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社プラスアルファ文庫)
(2004/08)
橘 玲、海外投資を楽しむ会 他

商品詳細を見る


お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
(2002/11/26)
橘 玲

商品詳細を見る


【関連記事】
「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計

亜玖夢博士の経済入門

| お金 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計

「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社プラスアルファ文庫)「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社プラスアルファ文庫)
(2004/08)
橘 玲、海外投資を楽しむ会 他

商品詳細を見る


今日紹介する本は「亜玖夢博士の経済入門」の橘玲氏が書かれた
「黄金の羽根」を手に入れる自由と奴隷の人生設計 (講談社プラスアルファ文庫)です。


【目次】
PART1 人生設計編

 STEP1 サラリーマンのための「自由」の思想

 STEP2 幸福な人生のための知識

PART2 ファイナンス編

 STEP3 知っていると役に立つ金融市場の知識

 STEP4 得する借金の法則

【感想】
12月といえば皆さんは何を思い浮かべますか?

 クリスマス?

 ボーナス(^o^)丿

 ボーナスでローン返済(ToT)/~~~

いえいえ、年末調整ですm(__)m

サラリーマンの方はちょっと期待してしまいますよね。

いくら戻ってくるのかなぁ~なんて、
そして、給料明細にのらないのならば
家族(とくに嫁さん(笑))に秘密でこっそりと
自分のふところへ...なんて。

まぁ、余談はこのへんしておきまして
年末調整と同時に「源泉徴収票」をもらいますよね。

実は私今まで源泉徴収票の見方なんて全然知りませんでした。

なんとか控除とかなんとか所得とか
あれ?俺もっともらってるのに意外と所得少ないな
なんて言ってましたから。。。

いやいや、この本を読んでがらっと勉強するように
なりました。

給料は上がらないのに、税金でがばっともってかれる
みたいな話を聞いて、あーそうなんだなんて思ってましたが
実は日本のサラリーマンは税金上自営業者よりも恵まれているんです。

詳しい内容はこの本に任せますが

 ①サラリーマンは(税金上)恵まれている。

 ②日本の税金が安い

という、一般の常識とは全く逆になるとのことです。

ただし、第2の税金といわれる

 社会保障費(年金と健康保険)

が、税金に比べ非常に高いのです。

なので、給料の額面より手取りががばっと
違うように感じるのです。

ただ、税金・社会保障費ともに自分へ再分配されるわけですから、
一概には高い高いと声高に叫ぶわけにもいかないわけですが。

この本には会社は人件費を削減でき
個人は手取りを増やすことができる
「サラリーマン法人化計画」なるものが
紹介されてあるのですが、
実現可能かどうかは別として
なかなかおもしろい考えです。

なお、後半は借金に関することなのですが
お得な借金をしながら、
資産を増やす方法が書いてあります。

金融に無知だった私には刺激が強い内容でした。
\(゜ロ\)(/ロ゜)/

クレジットカードは作りすぎるな!ってことですかね。
あたりまえのことですみません。


↓↓今日も訪問していただいて感謝です↓↓
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

【関連商品】

亜玖夢博士の経済入門亜玖夢博士の経済入門
(2007/11/28)
橘 玲

商品詳細を見る


世界にひとつしかない「黄金の人生設計」世界にひとつしかない「黄金の人生設計」
(2003/11/21)
橘 玲、海外投資を楽しむ会 他

商品詳細を見る


臆病者のための株入門 (文春新書)臆病者のための株入門 (文春新書)
(2006/04)
橘 玲

商品詳細を見る


【関連記事】
亜玖夢博士の経済入門

| お金 | 22:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日経金融機関ランキング

こんばんは。

本日は読書関係ではありませんが、
銀行の顧客満足度ランキング(日本経済新聞社調べ)
を紹介します。

ビジネス書を読む方は投資に興味ある方が
多いと勝手に思っているので(笑)、
はい、どうぞ!

第1位 ソニー銀行
 遂に1位の座に輝きました。
 自分も使ってますが、一つの口座で5つまで
 目的別に分けることができる機能があって
 とっても便利。
 外貨MMFの手数料は証券会社よりも安い!
 
第2位 新生銀行

 こっちは逆にとうとう1位の座を明け渡してしまいました。
 理由は無料振込回数の削減か?
 それでも最低3回までは無料なので証券会社への
 振込にはとっても重宝してます。

第3位 セブン銀行
 ATMの立地は群を抜いている模様。

第4位 大垣共立銀行

第5位 東京スター銀行

第6位 東京三菱UFJ
 さすがメガバンク。
 でも、自分は地方に住んでいるので
 お目にかかったことはないんです(悲)

第6位 川信金
 信金って地元重視のイメージがあったんですけど
 意外(失礼)と全国的に人気あるところって
 あるんですね(世間知らずな私)

第8位 りそな銀行


第9位 三井住友銀行


第9位 城南銀行

だそうです。

やっぱり、パソコンや携帯から振込や
残高照会ができる利便性や、外貨預金などの
品揃えや振込手数料の安さが決めてだったようです。

確かに、私もここ1年でネットバンク4つも開設
してしまいました。(ちょっとやりすぎか(T_T))

個人的には、イーバンク
もなかなか良いと思ったのですが
意外と第14位でした。

投資を考えている人はネットで振込
できる銀行は便利だと思いますよ。。。


では、では。


↓↓今回はあまり関係なかったんですけど、どうぞ↓↓
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ
 

| お金 | 22:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

働かないで年収5,160万円稼ぐ方法

ひさびさの更新です。

ビジネス書を買おうと本屋に行った時にふらっと買ってしまいました。

前々からうさんくさい本だな~なんて見ていたのですが、なんか買ってしまいました。

正直驚きの内容でした。

本当にこんなんで稼げるの??なんて思いましたが、興味深々で同じような本を数冊買ってしまいました。

ネットビジネスについてなんとなく知っていたつもりでしたが、ずいぶん以前から大金を稼いでいる人がいるなんて知りませんでした。

この本はネットビジネスについて紹介している本なのですが、具体的に

① オークションで稼ぐ方法

② アフィリエイトで稼ぐ方法

③ 情報起業で稼ぐ方法

について紹介されています。


世の中私の知らないことだらけです。

もっと、もっと勉強しなくては(^^ゞ

評価:☆☆☆☆☆

お世話様です。
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

| お金 | 22:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

会社にいながら年収3000万円を実現する

昨日、ブックオフに行きました。お目当ての本を見つけた後ふらふらしていると目に止まってなんとなく買ってしまった本です。
早速帰ってからアマゾンでレビューを見てみるとこの著者(和田秀樹氏)はものすごい数の本を出しているようで、なんかうさんくさくて買ったの失敗したかなと思いながら読み始めました。

題名のとおり会社を辞めずに起業やら副業やらをしましょうという内容なんですが、確かに、会社を辞めて背水の陣で起業しても失敗したら、借金だけが残って路頭に迷ううことになりそうですが、勤めながら小資金で副業やったほうがリスクは小さいし、それがだめでもまた違うことに挑戦できるし。

ましてや、一発目で成功する確率はかなり低そうですし...

起業や独立するって、何か覚悟みたいのがないと成功しないと勝手に神聖化していたけど、この本を読んでもっと肩の力抜いてちょっと副業的なものをしてみようかなぁ~と考えを改めてみました。

それから、今回から勝手に本の評価をしてみたいと思います。
(☆~☆☆☆☆☆の5段階評価で)

評価:☆☆☆☆

会社にいながら年収3000万を実現する―「10万円起業」で金持ちになる方法 会社にいながら年収3000万を実現する―「10万円起業」で金持ちになる方法
和田 秀樹 (2003/11)
祥伝社

この商品の詳細を見る

| お金 | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。