ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さよならロッピィ

平成24年7月22日(日)午前9時に我が家のうさぎ、ロッピィが亡くなりました。

ロッピィ


ロッピィが我が家に来たのは1年半前の平成23年2月です。生後1月半で大阪から飛行機に乗ってやってきました。

初対面のときは何だかでっかい奴だなという印象で、これ以上でかくなったら、手に負えないなんて、たかだか15センチもない子ウサギを見て思っていました。

2月ですからまだ寒い時期で心配だったのですが、すくすくと育ってくれました。生後3カ月で健康診断へ行ったところ、1.1kgで何にも問題はありませんでした。

おっかなびっくり抱っこをしてみたり、近所の公園にうさんぽに行ってみたり、楽しい時間を過ごしてきました。

うさぎは声帯がなくて、鳴くことができないのですが、その分いろんな表情を見せてくれました。外に連れ出す時は小さなバックに入れていくのですが、病院へ連れて行って診察が終わると一目散にそのバックに入るくせに、うさんぽの時は絶対にバックに入ってくれませんでした。

うさんぽがよっぽど楽しかったのかな。もっと連れて行ってあげたかった。

ロッピィは去年の10月に体調不良をおこしました。ご飯を食べなくなって、うんちもしなくなりました。原因は何だかわかりませんでしたが、たぶん牧草が変わったことによるものだと思います。

それでも、病院で注射と点滴を1週間ほど続けたところ、もりもりご飯を食べ、もりもりうんちをするまで回復しました。正直、あの時はもうダメだと思ってました。全然食べないし、元気もありませんでしたから。

私が住んでいるところは冬は極寒の地で、うさぎには住みにくい土地なのかもしれません。だけどロッピィには長生きしてほしかったし、先代のうさぎはたぶん寒さで死んでしまったので、今回は寒くない環境を作ってあげようと思っていました。

断熱材を買ってきて、ケージの外側を囲った上で、中にヒーターを入れてあげました。極寒の地でも何とか20度をキープすることができました。

去年の冬は結構快適に過ごすことができたんじゃないかな。

春になって、ロッピィも1歳になり、徐々にたくましくなってきました。ちょっとやそっとではびっくりしなくなったし、何だか自分になついてきたようにも思えました。

ケージを開けるとすぐ出てくるし、自分の周りをくるくる走り回ったり、おやつを私の手の平でぺろぺろ食べたり、本当に癒されました。

かわいかった。でも、私はロッピィを守ってあげることができなかった。自分がアホだからロッピィを守ってあげることができなかった。

平成24年7月20日(金)から様子がおかしかったようです。体調不良になった時のように食欲が無く、うんちをしなくなったとのこと。牧草を変えたからだと思い、また元に戻せば大丈夫だと思っていました。

平成24年7月21日(土)に病院へ行ったところ、「厳しい状況」と言われました。明らかに衰弱していました。でも、体は大きく見えるのです。腹にいっぱい何か詰まっているようでした。

原因はわかりません。いくつかあると思うのですが、一般的には毛球症でしょうか。しかし、うんちに毛はそんなに混じっていませんでした。換毛期には3つくらい繋がったうんちが出てくるのですが、最近はそういううんちは無かったように思います。

繋がったうんちが出てくるということは、毛が上手く排出されているということでしょうから、もしかしたら今回は毛がうまく排出されずに腹がパンパンになったのかもしれません。

次に考えられるのはストレスです。もしかしたら最近ロッピィに環境の変化があったので、それでストレスがたまってうまく消化活動ができなかったのかもしれません。そしたら全部自分のせいです。

次に最近暑くなってきたので、アルミ板でひんやりシートなるものがあるのですが、それをケージの中に入れておりました。裏面には滑り止めとして、ゴムが6ヶ所ついています。

ロッピィはそのゴムの一つを食べてしまったようです。もしかしたらそのゴムが詰まってしまったのかもしれません。

原因はわかりませんが、とにかく腹がパンパンで苦しい様子でした。
夜にはリンゴを絞った汁を5ml程度飲ませることができました。ごくごく飲んでくれたので、これはもしかしたらとその時は思っていました。

午後10時30分頃に「くたっ」となったから、あ~もう逝ってしまうのかなと思いましたが、意外と頭を持ち上げてビシッとした姿勢になりました。

ロッピィは頭を撫でてもらいたがっていたようです。撫でるのを止めると、頭を起こしてこちらを見てきました。何で見たか忘れましたが、うさぎは頭や背中を撫でられると、母親に舐められているのと同じ感覚なんだそうです。

ロッピィも怖かったのかな。苦しかったのかな。きっと苦しかっただろうな。それなのに何にもできなかった。

日付が変わって22日の午前1時。あ~もうダメだろうといや意外とまだ大丈夫かもの繰り返しでした。ずっと撫でているにもこちらが眠気の限界が来て、いつの間にか眠ってしまいました。夜中に途中、何回か起きてみたら、じっとこっちを見ていました。見ているように感じました。「僕、まだ生きているよ」そう言っているように見えました。

もっと撫でてあげれば良かった。

朝7時頃にまたリンゴの汁を飲ませようとしました。今度は全然受付けてくれませんでした。きっと苦しかったのでしょう。もう何も入らないよと。

午前9時に病院へ連れて行きました。今日は風があって涼しくて、ロッピィも心なしか気持ちよさそうな顔をしていました。病院では注射をして、ガスを抜く処置をしてもらったのですが、そこで戻してしまいました。

うさぎは絶対に口から戻さない動物らしいのですが、ロッピィは限界を超えていたのでしょう。よっぽど苦しかったのだと思います。

そのまま、月に帰って行きました。

たった1年半の命でした。もちろん長さでは無いと思いますが、あまりにも早すぎる別れにただただ涙が溢れて止まりません。

もっと自分にできたことは無かったのか。毎日全力で可愛がってあげたのか。いつも自分の帰りを待っていてくれたロッピィに何かしてあげたことがあったのか。何も言わない事をいいことに、自分中心に生活をしていなかったか。もっとうさんぽにつれて行ってあげられたのではないか。

今回は、いや今回も後悔ばかり。自分に生き物を飼う資格など無いのかもしれません。

ロッピィ、ゴメンね。ロッピィからいろんなものをもらったよ。君の素直さ、我慢強さ、そして、沢山の癒しをもらったよ。君を撫でることで、こっちが癒された。ありがとう、ありがとう。

1年半という短い間だったけど、ロッピィがいてくれて本当に楽しかった。

あまりに早いお別れで辛いけど、ロッピィからもらったものを大切にしくからね。最後、辛かったよね、苦しかったよね。何もできなくてゴメンね。ロッピィが我慢して、最後に撫でる時間を作ってくれたんだようね。安らかに眠ってください。

今まで本当にありがとう。
スポンサーサイト

| うさぎとの生活 | 12:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロッピィ体調不良

1ヶ月ほど前から我が家のうさぎ(ロッピィ)が徐々に牧草を食べなくなりました。

1週間前には、ほぼ牧草やペレットを食べなくなりました。







ホーランドロップという種類のうさぎでずんぐりむっくりした体型をしているので、かなり痩せたのでしょうが、素人にはあまりわかりませんでした。

ただ全然ご飯を食べないのでこれはヤバイと思い病院に行き点滴やら注射やらをしてもらったのですが、自分たちでも強制的に食べさせてやらなくてはならなくて、注射器のような形をしたシリンジというもので、無理やり食べさることになりました。

正直抱っこすらできていませんでした。
嫌がるからいいか・・・なんて思って、自由奔放に育ててしまい、ケージから出たら手がつけられないほどわがままに育っていました。

だから抑えつけて、無理やりシリンジを口につっこんでご飯を流し込むなんて無理!と思っていました。実際無理でした。

でもやらないと死んでしまう!と思ったので、こちらも必死になって強制給餌をしました。最初はおっかなびっくりでしたが、3回もすると私は慣れてきて、ロッピィは観念してきてだいぶスムーズにできるようになりました。

やはりなんでも案ずるより産むがやすしなんでしょうね・・・

今は3日ほど通院して、点滴、注射をしてもらいましたが、だいぶ良くなったような気がします。
牧草は食べるし、うんちも沢山するようになりました。

よかった、よかった。

どうか長生きしてください。

| うさぎとの生活 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うさぎの健康診断(1回目)

今日は我が家のウサギ=ロッピーの健康診断に行ってきました。

特に心配な点は無かったのですが、とある理由からロッピーを家の外に連れ出さなくてはならなかったので、せっかくなので病院に行って健康診断と爪切りをしてもらうことにしました。

その家の外に連れ出さなくてはならない日が1年に2回あるので、その日に健康診断に行こうと思っています。これなら忘れずに済みそうなので逆に良かったかもです。

ロッピーは大阪から飛行機で仙台空港まで来たのですが(東日本大地震の約2週間前!)、それ以来外出はしていなかったので、怯えているようでした。

診察台に乗った時は大人しかったのですが、先生に耳を見てもらた時は、すごい勢いで暴れていました。そしたら看護師さん?がロッピーの毛をギュッと掴んで、抑えてつけていました。

それを見て、自分にはできないな・・・と思ったところです。

診断結果は特に異常なしということで、一安心です。

次に爪切りですが、抱っこしながら切っていましたが、ロッピーは全然暴れる様子はありませんでした。右手を胸に、左手でおしりをグイッと上げた格好で抱っこしていましたが、その体勢は暴れることができない体勢なのでしょうかね?

無事爪切りも終わり、あっという間に初めての健康診断&爪切りが終わりました。

ロッピーもドキドキだったと思うけど、飼い主も同じ位ドキドキしていたと思います。

それから、先生はかぎり木は歯の伸び防止には役に立たないと言っていました。
かじり木よりもうさぎの歯の方が硬いためだそうです。
歯の伸び防止は牧草を食わせることが良いと言っていました。歯が削れるのは、物を食べて歯ですり潰すという動作をするときだけだからだそうです。
逆にかぎり木は「あごの骨」や「歯のかみ合わせ」がずれる原因となってしまうとのことでした。

<健康診断(1回目)>
年 齢:生後3ヶ月
受診日:平成23年4月16日(土)
体 重:1.1kg
結 果:異常なし

ホーランドホップ

| うさぎとの生活 | 12:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウサギとの出会いと別れ

平成22年の年末にふと近所のホームセンターに行った時、ペットコーナーに立ち寄った。
平成23年はうさぎ年ということで、うさぎが全面的に売り出されていた。

その時に出会った子ウサギがかわいくて、家族会議の結果、とうとう平成23年1月10日に飼うことにした。

【子ウサギのスペック】
生年月日:平成22年12月
種類:ホーランドロップ(黒)
性別:不明(生後3カ月経過しないと判別不能らしい)

グッピー

毎日の世話が大変そうで正直飼うことに最初は乗り気では無かったのだが、見た目がかわいいということもあって思い切って飼ってみることにした。

早速、うさぎの飼育本を購入し、読んでみたところ、生後1カ月から1ヶ月半の子ウサギは初心者には飼育が難しいと書いてあり少々心配になってきた。初心者は生後1ヶ月半以上経ったものを選択すべきと書いてあった。

そして、飼ってから1週間程度はストレスが溜まるので、あまりうさぎに構わないようにと書いてあったので、かわいくてしかたなかったのだが、断腸の思いで必要最小限(ケージの掃除など)の接触を保ったつもりだった。

5日目から徐々にエサをやるときに頭を少しだけなでてやった。そしたら、なんだか少しだけなついてきたように感じた。ケージから出たがるように前足をケージにかけて「外の世界はどうなってるの?」と訴えかけているように感じた。

6日目は少しだけ、ケージの外に出してみた。ケージの前にバスタオルを敷いて、のこのこと歩いている姿はとても愛らしい姿だった。その時に撮った写真が上のものだ。

7日目(今日、平成23年1月16日)の朝はいつもより何だか元気が無いように感じた。ここ最近はケージの外に出たいような素振りを見せていたのに、今朝は丸まって動かなかった。それでもエサのペレットを与えてやると、いつもとかわらずポリポリと食べていた。

少しだけ心配だったけど、今日は祖母の四十九日ということもあり、そそくさと実家へと行った。
午前8時30分だった。

それから四十九日の法要が終わり、何となく心配だったので一旦我が家へと戻ってきた。

案の定、ぐったりしていた。一瞬、かなりくつろいでいるのかと、現実逃避をしてしまった。

しかし、やはり具合が悪いというのは一目瞭然で息も絶え絶え、目もうつろな状態だった。

今日は日曜日で動物病院も休みかと思いつつ、市内の動物病院へと片っ端から電話をかけた。3件目だったと思う。日曜も診療をしている病院があった。どうか診療してくれと思いつつ電話をかけたところ、隣県に往診へと行っているということでダメだった。

そうこうしている内に、徐々にウサギは衰弱していった。

パニックになりそうになりながら、県内の病院で日曜も診療しているところを片っ端から探した。車で1時間のところに日曜も診療している病院があり、電話をかけたところ冷たくあしらわれた・・・現実を受け入れられなかった。

もう、手遅れだとわかっていた。それでも、動物病院を探すことを止めることは出来なかった。やっとの思いで、というか一度断られたところに、何とか診てほしいとお願いしたところ、引き受けてくれるとの返事をもらった。

高速をかっとばし、20分程度で病院に到着した。時すでに遅し、ということはわかっていた。

既に死後硬直が始まっていた。

医師に死亡宣告をしてもらった。

我が家に来た、子ウサギは我が家に来て1週間、そして生まれて1ヶ月とちょっとでこの世を去った。

あまりにも早い別れとなってしまった。

帰り道、号泣して、前が見えなかった。

子ウサギは私たちが帰ってくるのを待っていてくれたような気がする。

帰ってきて30分もしないうちに息を引き取った。

最後の力を振り絞って、待っていてくれたと思ってしまう。


死んでしまった以上、その原因を探したところでもう2度と戻ってくるわけでは無いので、無意味だと思いつつやはり原因を探ってしまった。

思い当たる節はいくつもあった。

①飼ってから3日目で体を触ったこと、5日目でケージから外に出してしまったこと、これらの行為でストレスがたまってしまったのではないか。

②寒かったのではないか。一応ウサギ用ヒーターを入れておいたが、極寒の季節であることから、ストーブ無しでは寒かったのではなかろうか。

③野菜を与えてしまったこと。本来であればまだまだ主食であるペレットと牧草だけを食べさせてやるべきだったかもしれない。

どれが原因かわからないけど、ネットで探した情報が一番可能性が高いような気がした。


ウサギの飼いはじめに注意すること


ウサギの突然死について・・・


うさぎは生後2カ月までは飼ってはいけないということだった。
それまでのうさぎはとても弱く、突然死が多いということだった。

私が飼ったウサギは生後1カ月程度だったと思われる。
しかもホームセンターで飼ったものだ。生年月日も12月とだけ記入されており、詳細は不明だった。いつまで、母元にいたのか、それもわからなかったし、そのようなことが知っておかなければならないことだとも知らなかった。

どこかから生後間もなくホームセンターに移送され、そして数日後に我が家まで移送されたのだろう。急激な環境の変化が生まれて間もなく2回もあり、ストレスが溜まり、体調を崩したのだろう。

そういう子ウサギが多いとネットでは言っている。

真偽のほどはわからないが、理論的にはそうだと思う。

子ウサギが一番かわいい時期はやはり生後1カ月程度のものなんだと思う。

ウサギの成長スピードは早く、1ヶ月で2倍の体重となる。6ヶ月目には大人と同じ大きさになるらしく、その頃には売れ残りも多いように感じた。大きくなってしまったウサギは窮屈そうなケージの中にホームセンターでも取り残されていた。

売り手としては一番売れる時期=生後1カ月ほどの子ウサギに売ってしまいたいのだろう。買い手はというと多くがウサギ初心者の方が多いらしく、そんなに知識も無いだろうから(あくまでも推測)小さくてかわいいウサギを選んでしまいたくなるだろう。

需要と供給がマッチすれば売れるのだろう。

しかし、ネットで言っている生後2カ月未満の子ウサギを飼うことは非常にリスクがある=突然死が多いのであれば、売り手の方できちんと生後2カ月まで待って売ってほしいと思う。

もちろん自分の勉強不足で今回のような悲しい結末になってしまったことは、自分が悪いと思う。思わず感情先行で飼ってしまった自分が悪いのだろう。

悲しい思いをする人を減らすためには、やはり売り手の方で管理してほしいと切に願わずにはいられない。

ウサギを飼おうとしている方がもしこのブログを見るようなことがあれば、生後2カ月以上たったウサギを飼うことを薦めたい。そして、買う時にはウサギ専門店で買うことを薦めたい。

私の近所にあるホームセンター2件とも生後3週間程度の子ウサギを仕入れていた。もちろんこういったウサギの全てが私が飼ったウサギと同じ運命をたどるとは限らないが、悲しい思いをしないためには専門店で購入されることをお勧めしたい。

私もそうだが、近所にウサギ専門店など無いという方もいるだろう。それでもどうしても欲しい時は、生後3カ月程度までお店で買い置きしてもらうよう、交渉してみるべきだと思う。母乳を飲むことはできないが、生後3カ月もすると抵抗力が非常に強くなるらしく、突然死する確率も減るらしい。もちろんインターネット上で専門家(獣医)に質問することもできるので、そういった方に相談されるのが一番良いと思う。


1週間だけだったけど、本当に癒された時間だった。ありがとう。そして、ごめんね。勉強不足だった、知識が無いくせにデリケートなあなたを飼おうとした私が浅はかだった。あなたの死を無駄にしないためにも、このブログを書きます。

どうかこれから子ウサギを飼おうか悩んでいる方は、事前にウサギの飼い方の書籍やインターネットでそしてできれば獣医さんに相談して飼われることを切に願います。ホームセンターの店員さんに聞かれることだけは避けた方が良いと私は思います。

本当にありがとう。そして、本当にごめんね。

【追記(H23.1.18)】
購入したホームセンターより電話があったので、亡くなった旨を報告した。
以下、電話したときに確認したこと。
・生年月日:平成22年12月(日にちはわからないとのことだった。)
・入荷日:平成23年1月7若しくは8日(購入日の2~3日前だったと思うとのこと。)
 →入荷日から購入日が日数があまり無いことから、健康状態の詳細は不明だったが、見た目は元気そうだったとのこと。
・購入日:平成23年1月10日
・営業終了後の空調について
 エアコン30度及びヒーターをつけていたとのこと
・温度管理の説明事項について
 販売店では上記のとおり、温度管理していたことを通常説明するとのこと
 →私が購入したときは無かった

こんなこと言える立場ではないが(もしかしたら、私の管理が悪かったのかもしれないので)私と私の家族のように悲しい思いをする方がいなくなるような販売方法を検討していただくようお願いをした。

| うさぎとの生活 | 23:20 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。