ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「新ブラックジャックによろしく」佐藤 秀峰


新ブラックジャックによろしく 1(移植編) (ビッグコミックススペシャル)新ブラックジャックによろしく 1(移植編) (ビッグコミックススペシャル)
(2007/02/28)
佐藤 秀峰

商品詳細を見る


腎臓移植の話。「新」でない方のブラックジャックはその時、その時の患者の話が色濃く出ていたような気がしますが、「新」ブラックジャックでは病気よりも斉藤 英二郎、皆川 由紀子、赤城 カオリという人そのものが話題の中心だったように思います。

斉藤 英二郎は何も決められない男です。それはわからないから。わからない事は決断できない。
一方で感情がそうしたいと思った瞬間、絶対にそれを押し通す。

その事を押し通すためなら、すさまじい行動力を発揮する。

誰かに似ているような気がします。

皆川 由紀子の気持ちもわかる。斉藤 英二郎を好きで好きで仕方無いのに、そして斉藤 英二郎も好きと行ってくれるのに、埋まらない距離感。最後までその距離が埋まることは無かった。

赤城 カオリはストーリー上、設定された人物に過ぎないかもしれないが、赤城 カオリの人物像は良かったのではないかと思う。移植から5年後の姿も良かったと思う。

やはりamazonの評価はイマイチ。私が良かったなぁと思う作品はいつも評価が低い。

何も決められない男の落とし所は...やはり医者として生きて行くことしか無かったようだ。そういう生き方は最初からわかっていたような気がする。最後を見てから言うのは反則かもしれないが。

人間は変わらない、と私は思う。彼は一般的な幸せを掴むことは難しいのだろう。そもそも一般的な幸せなんて何なのかわからないが。

斉藤 英二郎の性格が自分に似ているような気がする。全部ではないけど、決められないところとか。

決めないけど、時間は過ぎて行くから、後からその時を振り返ってみると、いろんな選択肢の中から、一つを選んでいることになるような気がします。

決めないけど、行動せざる得ない。きっとその行動に至るには、ほんの少しだけだけど、その方向に心が傾いているのだと思う。

一方で他人の事は簡単に判断できる。こうしたらいいとか。でもそれは想像力が欠如しているか。表面的な部分しか見ていないから。

でも、一番大きいのは表面的な部分だと私は思う。深層心理でどうなっているか、頭でわかっていても感情がとかそういう部分って、表面的な部分と異なる場合があるかもしれませんが、やはり表面的な部分で決断すべきなんだと思う。

医者とは何か?というのが、新ブラックジャックによろしくのテーマの一つだったような気がするけど、最後まで結論が出ていなかった。

私が考えるに医者は医者だと思いますけど。病気を治療する人かなと。

治せる病気と治せない病気があると思いますが、それはどの世界にもあること。できることとできないことがある、今は。

患者側から見れば、単なる風邪でもけっこう辛くて、その症状を緩和してもらえるだけでもありがたいです。もっとも風邪は自己の免疫力で治るものかもしれませんが。

不安、辛い状況を緩和してもらえるから、医者にはいてほしいです。

病気になったら治してほしいという需要は多いんでないでしょうかね。多くの仕事は需要があるから成り立つ訳で、医者も同じのような気がしますけどね。

う~ん、浅い考えですかね・・・
スポンサーサイト

| | 08:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「吉本隆明」


悪人正機 (新潮文庫)悪人正機 (新潮文庫)
(2004/11)
吉本 隆明、糸井 重里 他

商品詳細を見る


生きていくのに大切な言葉 吉本隆明74語生きていくのに大切な言葉 吉本隆明74語
(2004/12)
勢古 浩爾

商品詳細を見る


ビジネス書大バカ事典を読んで、もっと勢古浩爾氏の本を読んでみたいと思って、関連本を読んでみました。

勢古浩爾氏はどうも吉本隆明という人のことが気にいっているらしい。

あれだけビジネス書の著者をバッサバッサ切り捨てた著者はどういう人に興味があるのか、興味があったので吉本隆明氏について書かれた本を読んでみた。

吉本隆明という人物は「戦後最大の思想家」と言われているようだった。思想家って何?

wikipediaによれば

思想家は、様々な思想・考えに関する問題を研究し、学び、考察し、熟考し、あるいは問うて答えるために、自分の知性を使おうと試みる人。


となっている。

哲学みたいなものか?

読んでみたものの、ちんぷんかんぷんだった。吉本隆明氏の入門本とされるこれらの本を読んでも、ほぼ意味不明だった。

たまにわかるときもあるが、「ふ~ん」としかならない。
たぶん、すごく考えた先の言葉なのだろうが、1周して、むしろ100周くらいしているだろうか、なんだかそんなに大したことを言っているとは思えなかった。

入門本だから仕方が無いのか?といって、代表作である「共同幻想論 (角川文庫ソフィア)」など、読める気がしない。

まぁ、わからなくてもいいや。

吉本隆明氏は平成24年3月16日に亡くなったそうだ。戦後最大の思想家は死に対してはどう向き合っていたのだろうか、気になるところではある。

私は向き合うなんていうレベルには当然到達していない。背けているだけだ。死にたいと思う時はあるけど、それは単なる逃げだ。本当は死にたいなんてこれっぽっちも思っていなくて、実はおかれた状況から逃げたいと思っているだけなんだと思う。

逃げてもいいんだろうけど、頭でごちゃごちゃ考えているだけで、実際は何もできてないんだよな。
やっぱり行動してみないことには、何もわからないと思うんですよね。

| | 21:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜と霧 新版(著:ヴィクトール・E・フランクル)


夜と霧 新版夜と霧 新版
(2002/11/06)
ヴィクトール・E・フランクル

商品詳細を見る


神様のカルテ2でハルさんが同じ御嶽荘に住んでいる大学生 鈴掛 亮太に貸していた本です。
その大学生がすごく感銘を受けていたということで、読んでみました。

正直、ピンと来ませんでした。

私には想像力が無いのだと思います。

第2次世界大戦中の話だったと思うのですが、あまりにも現在の生活とかけ離れていて、共感?できる部分が少なかった...というよりも、無かったかもしれません。

人は極限状態のなかでどうなっていくか?という話なのでしょうが、読むとすぐに眠くなって、頑張って読まなければいけない本でした。

大学生 鈴掛 亮太はどこに感銘を受けたのでしょうか?

今、ここにある普通の生活がどれだけ幸せなことか?ということでしょうか。

今日はちょっとトゲがある文章になってしまいました。

たぶん心がトゲトゲしているのだと思います。
こんな時は本など読まずに、行動すべきかもしれません。

やはり経験しないと何事もわからないというのが私の実感です。
想像力がない私はやはり経験しかないと思う今日この頃なのです。

| | 21:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブッタとシッタカブッタ3 なぁんでもないよ(小泉吉宏)


ブッタとシッタカブッタ〈3〉なぁんでもないよブッタとシッタカブッタ〈3〉なぁんでもないよ
(2003/05)
小泉 吉宏

商品詳細を見る


たぶん仏教の事を書いてある本です。

今回はシッタカブッタシリーズの第3弾で、「ものの見方」と「自分」などについて書いてあります。

私が読書をしたくなるのは、何かを探しているときかもしれません。

最近は仏教系の本をちょくちょく読みたくなります。

仏教系と言えば、あんな本こんな本を読んだ時がありましたが、正直何が書いてあるかさっぱりわかりませんでした。

シッタカブッタは4コマ漫画です。読解力がない私でも絵があることによっていくらか何を言わんとしているか、ぼんやりですがわかるような気がします。

苦しみの根本には4つの基本があるそうです。
①生きる苦しみ
②老いる苦しみ
③病む苦しみ
④死ぬ苦しみ

さらに二次的な4つの苦しみがあるそうです。
①愛しい人やものとの別れる苦しみ
②嫌いな人やものと結び付けられる苦しみ
③求めるものが得られない苦しみ
④得たものが満足できない苦しみ

これを四苦八苦と言うそうです。

だから何というわけではないですが、聞いた時がある言葉の意味がわかったので、一応書いてみました。たぶん、すぐ忘れるでしょうから、稀に以前の記事を見返す時があるので、その時にあ~そんな話もあったなと思いだすようにと書いてみました。

シッタカブッタ、4コマ漫画と言えど、深いい話です。
私のすさんだ気持ちが洗われるようです。

読めば当たり前のような話なのですが、毎日の生活ではシッタカブッタのように煩悩に囚われて、苦しみながら生きています。

深いい話と言えばTCC広告賞受賞した東京ガスのCMを見ました。



言葉じゃねぇんだよな。と、思いつつ、言葉で表現しないと伝わらないと思う時もあったりします。

| | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある


ブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにあるブッタとシッタカブッタ〈1〉こたえはボクにある
(2003/05)
小泉 吉宏

商品詳細を見る


宗教系の本はタイトルや紹介文に惹かれて買ってしまう時があるのですが、実際に読んでみるとちんぷんかんぷんで消化不良の場合が多いです。

しかし、このブッタとシッタカブッタは何とか意味を理解しながら読むことができました。

数年前までは著者の伝えたいメッセージを読み取るのにさほど苦労しなかったような気がしますが、今は読みとるために時間がかかります。

そういえば、「著者の伝えたいメッセージを読み取る」こと以外でも数年前まで簡単にできていたことが、難しく感じるようなことって沢山あるような気がします。

最近では会話を成立させることが難しいなと感じます。お話好きの私は「会話」って得意分野だと思っていたのですが、最近は話をするのも、聞くのも難しく感じます。

以前は多少複雑な内容もわかりやすく話せたような気もしますが、今は難しい内容は頭に入ってこないためか、それを人に説明することなど全くもってできません。どう説明していいか、想像できません。

こうなったのは去年の4月に職場が変わってからでしょうか。もっとも苦手な分野の職場に来てしまったことから、仕事内容を覚えることを脳が拒否しているのです。

それが1年経った今でも続いているという、何とも情けない話です。

どんどん退化していっている感覚があります。

年齢を重ねるって進化していくことだと思っていましたが、実はそうでない、むしろ努力をしないと退化していくことかもしれないと思うようになりました。

そんなネガティブな私に少しの勇気と自信を与えてくれたのが、このブッタとシッタカブッタでした。

| | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

死なない病気―あとの祭り(渡辺 淳一)

死なない病気―あとの祭り死なない病気―あとの祭り
(2011/04)
渡辺 淳一

商品詳細を見る


ビジネス書の反動で多少ひねくれているような事(人の言葉を借りれば「世論とはひと味違う解釈、切り口」)を書いている本を読みたくなる今日この頃です。

著者の渡辺淳一さんは「失楽園」を書いた人というと、わかる方も多いのではないでしょうか。

何でこんなに何も感想が出て来ないのだろう。
ただ、「読んだ」という感想しかない。

最近、全国大会で入選した小学生の読書感想文を読みました。
素晴らしい文章でした。

何となく読書感想文みたいなものを書き続けても全然上達しないことはわかりました。
やはりきちんと学びながら書かないと上達しないのですね。

基礎が無いからメチャクチャな文章になってしまいます。

| | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

捨てちゃえ、捨てちゃえ(ひろさちや)

捨てちゃえ、捨てちゃえ捨てちゃえ、捨てちゃえ
(2010/02/20)
ひろ さちや

商品詳細を見る


何がきっかけでこの本を読んだのか?
たぶんamazonの「この商品を買った人はこんな商品も買っています」にあったような気がします。

<目次>
第1章 「こだわり」を捨てる―「かくあらねばならぬ」ではなく、「いいかげん、ずぼら、ちゃらんぽらん」でちょうどいい(事実以上のこだわり―ありのままに受け容れる「見方革命」を
不愉解な心―思い切り腹を立てて、あとはさらりと忘れてしまう ほか)
第2章 「世間」を捨てる―「成功」や「世間の期待」に踊らされず、「自分の物差し」で生きましょう(他人目―自分は自分と割り切る
独りよがりな親切―相手には余計なお世話 ほか)
第3章 「欲望」を捨てる―希望なんていりません。現在に感謝して楽しむ心を持ちましょう(泥沼にはまる誘惑―最初にきっぱりやめておく
詐欺にかかる強欲―買ってしまうほうにも責任はある ほか)
第4章 「自分」を捨てる―世間の操人形の「自分」など捨てて、あるがままに、ゆったり、のんびり生きる(性格を変えること―短気、怠け心は出てきたときに鎮める
特別な解決法―平凡なあたりまえのことを大切に ほか)



タイトルやamazonの中身!検索で面白そうだなと思って読んでみたのですが、何も残りませんでした。今までビジネス書を少しだけ読んで来たのですが、その反動でしょうか、こういった仏教系の話を読みたくなるときがあります。

でも結局何も残らないのです。ビジネス書を読んでいるのと同じなのかもしれません。言っていることもあまり変わりが無いような気がします。そういえば私が読んでいたビジネス書にも仏教の話もでてきたかもしれません。

そう考えると何ら真新しいことが書いてあるわけではないような気がします。同じようなことが書いてあるということは、大切なことは同じことなのかもしれません。

私は何となく聞いたことがあるという程度で、それを本当に理解しているか、実践しているかと言われれば、全然できていないと思います。

たぶんいくら本を読んだって、実践できないと思います。人間って変われるものなのでしょうか?私にはわかりません。

| | 06:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大河の一滴

大河の一滴 (幻冬舎文庫)大河の一滴 (幻冬舎文庫)
(1999/03)
五木 寛之

商品詳細を見る


近所の本屋で特集が組まれていたために購入してみました。
何だか最近「仏教系」の本に惹かれます。

というか、仏教の話が好きなのではなく、導入部に興味を注がれます。

人生は苦しみと絶望の連続である



こういうフレーズに惹かれます。
このフレーズの答えを探して買ってしまいます。

でも結局、その答えを読み取れず終わってしまいます。

読み取ろうとさえしていないのかもしれません。

現実と向き合って生きて行く。
期待しないで生きて行く。
辛くて当たり前と思って生きて行く。

肩肘張らずに生きていこうと思う今日この頃です。

頑張ることも大切だし、頑張らないことも大切。

無駄だと思うことも大切だし、無駄を省くことも大切。

よそ行きの顔も大切だし、ありのままの自分も大切。

何でも話すことも大切だし、話さないことも大切。

自分の一生ってすごく重いけど、世界中の人から見れば大したことはない。

肩肘張らずに生きて行こう。

| | 14:16 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

怒らないこと2

怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書)怒らないこと 2―役立つ初期仏教法話〈11〉 (サンガ新書)
(2010/07/29)
アルボムッレ・スマナサーラ

商品詳細を見る


率直な感想は「難しい」です。
仏教の考え方なんでしょうが、私には難しいと感じました。

以前もなぜ生きるという仏教系の本を読んでみましたが、導入部には非常に納得するのですが、だからどうしたらいいの?という部分が理解できません。

印象に残ったところは

「生きることは苦」であり、人は苦から他の苦に乗り換えているだけ


という部分です。

ずーっと立っていると、非常に苦痛です。時につまらない話を立って聞かされている時は苦痛です。これでも最初は一生懸命に話の意図を理解しようと頑張るのですが、途中から理解不能になってくると、非常に苦痛です。
その後に座るとすごく幸せ?を感じます。
だからといってずっと座っていると、それもまた苦痛です。

というような話は確かにそういう経験あるなと思います。

常々思うのですが、一冊の本から全て吸収し、著者が言いたいことを全てわかろうとすることなど難しいのだろうと思います。
だからといって読書に価値が無いかと言う訳でも無いと思います。

少しでも何かを学べれば良いのではないかと最近思います。

以前は沢山本を読みたいと思って、速読系の本を沢山(3冊くらい?)読みましたが、全然マスターできませんでした。
むしろ今は理解できない文章が多く、読むのに時間がかかります。
読み終わってもほとんど理解できない場合も多いです。

読解力が無いのかもしれません(悲)もうちょっと国語を勉強してみようかなと思う今日この頃です。

ちなみに怒らないこと2を読んで、ちょっとだけ怒りが無くなったかもしれません(笑)
「まぁ、いいか」の精神でしょうか?

怒るということが必要か?という議論もあると思いますが、
(怒れる大人が少なくなった?)
自分はなるたけ穏やかに生きて行きたいと思います。

| | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

人生に生きる価値はない

人生に生きる価値はない人生に生きる価値はない
(2009/02)
中島 義道

商品詳細を見る


ふらっと本屋に立ち寄った時に、思わず手にとってしまった一冊です。
どんなことが書いてあるのかなと、パラパラと見てみたら何だか「ひねくれていて」面白そうだなと思い思わず買ってしまいました。

著者は哲学者らしいのですが、私は「哲学」とは何なのか知りません。
辞書で調べてみたところ、哲学とは

①世界や人間についての知恵・原理を探究する学問。もと臆見や迷妄を超えた真理認識の学問一般をさしたが、次第に個別諸科学が独立し、通常これらと区別される。存在論(形而上学)、認識論(論理学)、実践論(倫理学)、感性論(美学)などの部門をもつ。
②自分自身の経験などから得られた基本的な考え。人生観。
(三省堂 大辞林より)



①は中盤あたりから意味不明です...orz

そういえば以前「中学生からの哲学「超」入門―自分の意志を持つということ (ちくまプリマー新書)」という本を読んでました。
全然意味がわかりませんでした。
「中学生」「超入門」でも理解できませんでした。

なぜ「人生に生きる価値はない」のかというと「どうせ死んでしまうから」というのが著者の主張だと思います。

そう言われればそうかもしれないけど...だからといって何もしないという選択肢も無いと思うのですが。

難しいことを言っているのですが、著者の行動は時に一見して「バカ」に見えたりもします。

考えすぎると、巡り巡ってごく当たり前のことに行きつくのかなとか思います。

「人生に生きる価値」はあるのか無いのか結論が出ているのかどうかさえ、私には理解できませんでしたが、言っていることはたまに面白く感じました。

【私が感じたこと】
・哲学は難しい
・哲学は面白い
・私は理屈っぽい言い回しが好きだ
・私は理屈っぽいことを言う人が好きだけど、毎日は辛い
・人生に生きる価値はあると思う
・哲学に深く携わることは今後無さそうだ
・哲学の入門書的なものを今後読んでみたい
 (ただし、小学生でもわかるやつ←中学生でもわかるやつがわからなかったから)
・この本はエンターテイメントである

| | 22:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。