ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

早朝覚醒(その2)

平成27年4月14日から早朝覚醒になったという日記を平成27年5月24日に書きました。

で、まだその傾向は治まっていません。

8月末から血栓性外痔核を患った時は、改善傾向にあったのですが、それが治ってからまだ再発です。

4時43分とかその辺に起きる時が多いような気がします。

現在12月なのでかれこれ半年続いています。

仕事も普通にしていますし、土日もスポーツにいそしんでいるので、まぁ何とかやっているのですが、日中頭がぼーっとしている時間帯があります。

特に夕方は眠気がけっこうやばいような気がします。

さすがに最近は辛くて、やべーなと思ったので、思い切って病院に行こうと思い、精神科兼心療内科の門を叩いてきました。

正直、精神科ってハードルが高くて、行くのに勇気がいりました。

なんかこう、偏見ではないですが、そういう患者さんを見たら、精神的にこうやられそうだなと。

また、自分がそういう病院に行くこと自体で、さらに気分がやばくなりそうだなと思っていました。

なんか、怖いなと。

でも、病院にいって改善されるものなら、改善したいと思って、思い切って受診してきました。

問診票に週に何回、お酒を飲みますか?という質問があったので、7日と書きました。

それを読んだ精神科医が、まず酒辞めようという診断をくだしました。

かれこれ5年くらいは毎日酒を飲んでいます。インフルエンザや最近の血栓性外痔核を患った時は、飲まなかったりもしましたが、その他は毎日飲んでいます。

でも量はそんなんでもなくて、ビール350ml1本と日本酒若しくは焼酎1杯程度くらいです。

しかし、元々お酒が弱い方なので、分解能力はあまり無いかもしれません。

たいがい顔も赤くなりますし...むしろ、全身赤くなります。


まぁ、半信半疑だったのですが、とりあえず酒を辞めてみました。

けっこうすんなり辞められました、自分でもびっくりしています。

酒なしでは寝れないと思っていましたが、10秒くらいで寝ているようです。

今日で禁酒2日目なんですが、今日は朝6時まで寝てました。本当は7時に起きたいのですが、それでも今まで4時くらいに目が覚めていたので、やっぱり原因の一つは酒だったのかなぁと思ってきました。

確かに心配事やストレスはそれなりにあると思うのですが、大したことでは無いような気もします。

あんまり考え過ぎないようにとアドバイスされた時があったような気がしますが、正直あんまり考えていないと思います。

う~ん、このまま改善してくれるといいな。

痔になったり、不眠症になったり、今年は体調の変化があった年です。年齢的にそういうお年頃なのかもしれません。
スポンサーサイト

| 日記 | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いぼ痔(血栓性外痔核)4~7日目

【4日目(9月3日)】
今日から仕事に行きました。
朝起きても結構痛かったのですが、仕事を休むまでの痛さでも無かったので、円座クッションを持参して職場に行きました。

座っていると、痛みが出てくるのですが、ずっと痛いという訳でもありません。

しかし、一旦痛みが襲ってくると、当初の痛さと大して変っていなかったような気がします。

ちなみに腫れは全然引いてる感じがしませんでした。

【5日目(9月4日)】
仕事に行ってから2日目になりました。
この頃からだいぶ痛みが出てくる時間帯が減ったような気がします。

私の場合、痛みが小さくなっていくというよりは、痛い時が減っていくという感覚でした。痛い時は最初と同じくらい痛いです。

今日から酒を飲み始めました(笑)ビール1本ですが。

今思うと、だいぶ良くなってきたのかもしれません。

【6日目(9月5日)】
今日は職場のフットサルの大会でした。
自分から職場の仲間たちを誘っておいて、自分は参加できないという残念な結果になってしまいました。

一応、応援だけでもということで、見学だけに行きました。

リーグ戦で負けてしまったものの、敗者トーナメントで引き分けになったとき、じゃんけん要員ということでじゃんけんに参加しました。

そのじゃんけんにも負けるという、いっさい何の役にも立たずに終わってしまいました。

そんな事が出来るくらい、痔は良くなってきているのだと思います。

今日は初めて、自分のいぼ痔を見てみました。

こりゃ痛いだろうと思うくらいふくれていました。
見た目はかなり派手です。

でも、大分痛みは治まってきました。
本当に徐々にという感じです。

【7日目(9月6日)】
いぼ痔ができてから1週間がたちました。
朝起きたら、全く痛くありませんでした。

注入軟膏の挿入もスムーズです。
最初は痛くて注入できませんでしたが、昨日くらいからきちんと入れられるようになりました。

きちんと入ると肛門から漏れてきません。
おかげでパンツも汚れなくてすみます。

私の場合、朝晩×14日分で28個の注入軟膏を処方されたのですが、もういいんじゃないかななんて勝手に思ってしまいます。

私の場合、外痔核なので、なんで肛門の中に軟膏をいれるのかいまいちわかりません。

まぁ、でもビビりなんで、処方された分はきっちり注入するのだろうと思っています。

いぼ痔になって1週間過ごしてみて、感じたことを書いてみます。

①痛みについて
なった当初は何をしても痛いです。むしろ何もしなくても痛いです。痛くて死にそうです。
医者いわく、1日半で痛みはだいぶ治まると言っていましたが、痛みの軽減を私が感じたのは4日目くらいからだったと思います。
しかも、軽減というよりも、痛む時間帯が減ってきたという感じです。
痛い時は最初と同じくらい痛いです。ずっと咳もくしゃみをできませんでした。くしゃみができるようになったのは1週間後です。

②座浴について
おしりをあっためた方が良いということで、座浴を勧めるネット記事を沢山読みました。
専用の洗面器みたいのがあるようですが、私はもっぱら風呂に入りました。多い時は1日3回入りました。5~10分程度温めると良いとありましたが、私は基本的に本を読みながら風呂に入るので30分以上入っていたと思います。
おかげでのぼせて大変だった記憶があります。体力をかなり消耗しました。
座欲は5~10分が良いと思います。
私の場合、痛みが引いたかというと、別にそうでもなかったような気がします。風呂に入っている時は、痛くなかったような気がしますが、出るとやっぱり痛かったような気がします。
もしかしたらずっと風呂に入っていると、痛みは無いのかもしれません。

③排便について
唯一の救いは排便時に痛くなかったということです。
ただ、私の脳は何もしていなくてもこれだけ痛いのに、排便したら死ぬ痛みだろうと認識していたことから、便はあまりでませんでした。
今ままで便秘という経験をしたことが無かった私は、1日出なかっただけでも、かなりあせりました。
だから牛乳やヨーグルトを食べて、せっせと排便を心がけました。

実際、出てみると全く痛くありませんでした。でも、排便後はなぜか痛くなりました。

私は風呂で本を読むのですが、トイレでも新聞や雑誌を読みます。だから、トイレに入っている時間が長くなってしまいがちで、それも肛門には良くないみたいです。
読書の時間が減ってしまうのは大変残念ですが、これからはトイレは5分以内に出てくるよう心がけたいと思います。


この1週間、地獄の苦しみでした。
でも、こんな時に改めて家族のありがたさが身に染みました。
また、健康で過ごしていられるときの素晴らしさも思いました。

これからはいぼ痔が再発しないよう、肛門に気を使いながら生きていきたいと思います。

| 雑記 | 22:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いぼ痔(血栓性外痔核)3日目

今日も朝起きてがっかりしました。

昨日と大して痛みが変わっていません。

早々に職場へ休ませてほしいと電話をしました。

職場にはいぼ痔であることを伝えていましたので、お大事にとの言葉をもらいました...

今日はできるだけ、お風呂に入ろうと決意しました。

朝からお風呂に入りました。

今日は肛門を温めることによって幾分、痛みが緩和されたような気がしました。

ただ、ほんの少しだけです。

劇的に痛みが無くなるという訳ではありませんでした。

また、注入軟膏の入れ方は横になってしたほうがスムーズと書いてあったので、ベットに横になって入れてみました。

すると、肛門に力が入らず、すんなりと入れることができました。注入後、肛門を触ってみても、軟膏が出てきている様子はありませんでした。

う~ん、ネットってすごい。

そういえば、昨日は怖くて排便できなかったので、今日こそはと思い、昼にヨーグルトや牛乳を飲んでみたところ、急に催してきました。

これはと思い、トイレに駆け込むと、意外や意外、まったく痛みがありませんでした。

そう思ったのも束の間、排便後は急激に肛門が痛くなりました。

腰を曲げてしか歩けない状態です。

これは風呂に入るしかないと思い、本日2度目の風呂へ行きました。

風呂に入ると確かに痛みは和らいできました。

1度目よりも痛みが治まってきたように感じます。

本当に徐々にという感じです。

ちなみにいぼ痔の腫れは全くもって引いてきている感じはしません。

医者には2週間後に来いと言われているので、腫れは当分引かないのかもしれません。ネットで見ても1カ月から1ヶ月半はかかると書いてあります。

せっかく先週、自転車を買ったのに当分乗れそうにありません。

むしろいぼ痔が再発しそうで、乗るのが怖いです。

明日は良くなっているといいな...

| 雑記 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いぼ痔(血栓性外痔核)2日目

朝起きた時、非常にショックでした。

昨日と全く痛みが変わっておりません。

医者には1日半で痛みはだいぶ変わってくるからと言われているので、今日の午後には痛みは引いてくるはずと期待していました。

仕事も休んでいるし、痛みで動けないしで、暇だからどうしてもネットでいぼ痔(血栓性外痔核)のことを調べてしまうのです。

いぼ痔(血栓性外痔核)になる原因を調査してみたところ、

・ゴルフ(二日前にした)
・重い物を持つ(ボーリングを二日前にした)
・座りっぱなし(二日前に飲み会でずっと座りっぱなしだった)
・便秘、下痢(下痢にはよくなり、いつもトイレは長い)
・急に腹に力を入れた(一日前に1年ぶりにサッカーをした)

さらには、
・最近、急に寒くなってきて、体が冷えていた
・1週間前からサドルが固い自転車に乗り始めた
・最近、ニンニクを大量に食べていた
・最近、辛い物を頻繁に食べていた


と、原因になりそうなことがわんさかあって、これという原因はわかりませんでした。

また、座浴というものが外痔核には良いそうで、さっそくやってみようと思いました。

でも、何で座浴をしたらいいのか悩みました。洗面器では小さすぎるし...

で、考え付いたのはベビーバスでした。実家に姪っ子のベビーバスがあるかもしれないということで連絡してみると、空気でふくらますタイプのモノがあるとのこと!

早速、入浴しに行きました。

う~ん、微妙。ズボン、パンツを抜いで、上半身も乳首くらいまでまくりあげ、ベビーバスにつかります。

入ってみた感想は、普通の風呂でいんじゃね、でした。

温めると痛みが和らぐとのことでしたが、私はあまり実感できませんでした。

ただ、1日目の痛みが100だとすると、2日目の痛みは95くらいだったような気がします。

医者は1日半で痛みはだいぶ良くなると言っていましたが、私の場合、2日経っても「だいぶ良くなった」とは言えない状態だったと思います。

それから、朝晩、注入軟膏を自分でいれなければならないのですが、痛くて入れられませんでした。洋式トイレに座った状態でいれようとしていたのですが、痛くて先っぽが入って行きませんでした。

途中で軟膏を絞り出しているような感じで、ちゃんと入っているのかわかりませんでした。

それから、姉も出産後、外痔核になったそうで、その時は半年間、治療を続けたそうです。

また、その半年間の間に何回かいぼができたそうです。

この地獄の苦しみが何回か訪れると想像しただけで、くらくらします。

恐ろしくて死にそうです。

| 雑記 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いぼ痔(血栓性外痔核)ができた

【いぼ痔1日目(8月31日)】
朝起きたら、肛門に違和感がありました。
私は胃腸が弱くすぐ下痢になります。
下痢の時には肛門が痛くなる時があります。
なので肛門が痛いということは年に何回かあるので、またいつものかななんて思って出勤しました。

でも、今思うと昨日は下痢なんてしていませんでした。

出勤してから徐々に肛門の痛みが増してきました。
イスから立ち上がるのも苦痛になってきました。

歩くのも困難になってきたので、昼休みにボラギノールを買って自宅で塗ろうと思い、帰宅しました。

トイレでボラギノールを塗ってビックリしました。

肛門の外側にぷっくりと腫れものができていました。

これはただ事では無いと思い、肛門科に行くことにしました。

すでに、動くことすら困難な状況でした。

その時は、まだ12時30分くらいでしたが、肛門科の午後診療は2時30分からということでした。

一刻も早く治療してもらいたいという気持ちでしたが、午後2時頃まで横になり、時間がくるのを待ちました。

2時過ぎになり、そろそろ病院へ向かおうとしたところ、ベットから動くことも苦痛でした。

ちょっと動くと肛門に激痛が走りました。

何とか車に乗り込み、病院へ向かいました。

その肛門科は一度行ったことがあったのですが、気が動転していたためか、なかなかたどり着くことができず、ナビを使ってやっとの思いで着きました。

受付で問診を受け取りましたが痛さのため、字が書けませんでした...

あまりにも辛そうに見えたためか、すぐに診察室に呼ばれて横にされました。

その時に、看護婦さんに、肛門を見せ、すぐに外痔核だねと診察されました。

始めて聞く言葉でしたが、いわゆる「いぼ痔」というやつでした。

まったくの想定外です。自分がいぼ痔になるなんて...


医者の診察まで30分くらい待たされたでしょうか。

早く治療してほしいという気持ちと、今肛門を触られたら死んでしまうという恐怖が入り混じった気持ちになりました。

医者が来て、肛門をグイっと広げられた時には悲鳴をあげてしまいました。

これはヤバいと思いました。恐ろしい器具も目の当たりにして、恐怖のあまり脂汗が出てきました。

世の中、こんなに恐ろしいことがあるのか...


とりあえず座薬を入れるとのことで、座薬を肛門に入れた瞬間...

「いてーーーーーーーーーーーー」

30代半ばになって、病院で絶叫しました。

私の悲鳴は病院中に聞こえたと思います。

周りにいた患者は何をされているのかと恐怖を感じたと思います。

座薬は、いぼ痔ができた肛門にはなかなか入っていかないのか、医者がぐいぐい押し込んで行きます。

地獄でした。

何もしなくても痛くて死にそうなところに、指でぐいぐい圧力をかけられたのですから、悶絶です。

力を入れるなという指示がありましたが、あの場面で力を抜くことができるような猛者はこの世にいるのでしょうか?

涙目になりながら、やっとのことで座薬の挿入が終わりました。

次は注入軟膏のようです。

注入難航の先っぽは座薬より細いようですが、怖いです。

座薬の恐怖が蘇ります。

一気に注入軟膏を差し込まれ、肛門の中に「どびゅっ」と注入されました。

治療が終わった時には意識が朦朧として立ちあがることができませんでした。

痛みは1日半くらいで収まるからという言葉が救いでした...

それからやっとの思いで家に帰り、横になっていたのですが、いっこうに痛みは治まりませんでした。

座薬は痛み止めだと思うのですが、まったく痛みは治まりません。

1日目の夜は痛みで眠ることができず、頭痛のときに処方された痛み止め(ロキソプロフェン)を飲んだところ、いつの間にか眠っていたようです。

明日には痛みは治まっているといいな...

ネットでは血栓性外痔核の痛みは1週間とか3~4日とか10日と様々書いてありましたが、私は医者の言葉を信じて1日半で痛みは治まると思っています。

| 雑記 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早朝覚醒

平成27年4月14日から早朝覚醒というものに悩まされています。

前日の4月13日に6時まで職場へ行く必要があったので、5時30分に目覚ましをかけておきました。

そしたら、その次の日も5時何分だか忘れましたが、とにかく早く起きました。

そんな日が毎日続いて、時には4時に目が覚めるときもありました。でも、その後、寝ることができればいいのですが、全く寝れないのです。

徐々に体調も優れなくなり、日中、頭がボーっとしてきました。

以前もこんな感じの時がありました。その時は2時とかに目が覚めて寝れないということだったと思います。

その時は明確なストレスがあったような気がします。そして、いつの間にか、2~3週間程度だったと思いますが、いつの間にか起きなくなっていたような気がします。

今回は収まる気配がなかったので、早朝覚醒が始まってから2週間後に病院に行ってきました。

以前、頭痛でMRIをとってもらった病院が神経内科もしているようだったので、そちらの病院に行きました。

そしたら、もっと遅く寝てみたらという提案を受けました。

今はだいたい12時頃に寝ていたのですが、午前2時とかに寝て、4時に起きるようだったらそれはやばいけど、さすがにそれは無いと思うし、そうすることで体内時計を元に戻すことができるのではないか、ということでした。

ということで、土日を使って提案を実践してみました。ところが、眠くなって午前1時に寝てしまいました...で、やっぱり5時に目が覚めました。

で、一向に改善されないのでまた今日も病院に行ってきました。

すると、医者も面倒くさくなったのか、あんまり深く考えなくていいんでね?ということで、また、4時間くらい寝てれば死なないし、朝、資格の勉強でもすればいいんでね?という話をされました。

こっちとしてはすごく辛いんですけどね。

ま~、2か月以上、早朝覚醒が治まる気配はありませんが、未だに何とか普通に生きているので、これが普通になるのかもしれません。

ただ、日中、眠くなる時もあるし、自分で今、俺やベーな、自律神経やられてんなと思う時もあるのです。

考えすぎなんでしょうかね?いや、やっぱり異常な状況だと思うんですよね。起きる時に強迫観念みたいな感じで起きるし。

この状況が死ぬまで続くとは思いませんが、早く改善してほしいなと思う日々です。

| 雑記 | 23:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

変わったことと、そうでないこと

私は人の性格、習慣は変わらないと思っていました。
確かに自分のなかで変わらない性格、習慣もありますが、一方で10年前と比べると変わったなぁと思うこともあると、ふと今日思いましたので書いてみます。

①お金に関すること
私は今からずっと前からギャンブルにお金をつぎ込んでいました。
具体的にはパチンコとパチスロです。
給料が入るたびに、全ての金を使っていました。
10年前も毎日のようにしていたような気がします。

仕事が終わると真っ直ぐパチンコ屋に行っていました。
私はギャンブルの才能が無かったので、ほとんど負けていたような気がします。いつだったか、パチンコの収支表をつけたのですが、途中で恐ろしくなってつけるのを辞めました。

いつしか自分の収入以上のお金をギャンブルにつぎ込んでいました。
銀行や消費者金融から借金してまでギャンブルをしていました。
今思うと、ギャンブル依存症だったと思います。

それが、いつしかパッタリとパチンコ屋に行かなくなりました。
最初のきっかけは資格取得のために勉強を始めたからだったと思います。

行政書士の資格を取るために勉強するようになって、ギャンブルをやらなくなりました。

そして、行政書士の資格を取得した後、もっといろんなことを勉強したくなって、FPの資格を取得しました。

そしたら、家計を管理したくなりました。そして、貯金するようになって、資産運用を始めるようになりました。

今は全くパチンコ屋に行きたいと思わなくなりました。
数年前にパチンコ屋に行ったとき、どうしようもなくつまらなく思えました。パチンコしている時間がすごくもったいなく感じました。

まさか自分がそう思う日が来るとは想像できませんでした。
いつの間にか変わるもんだなぁと思いました。

私の友人にはまだまだパチンコやってる人がいます。
別にパチンコすることを否定するつもりはないし、それは個人の自由だと思っています。

ただ、自分がパチンコをしなくなる日が、そして全く興味無くなる日が来たことに驚いているという話です。

もちろん私のパチンコ収支は大幅なマイナスです。

②酒に関すること
私は酒が弱い方だと思います。なぜなら、すぐに顔が赤くなって、耳のあたりがトクトクと脈打つからです。

10年ほど前までは、外に飲みに行く時くらいしか、お酒は飲みませんでした。

しかし、今は毎日お酒を飲んでいます。どんなことがあっても飲みます。

たぶんアルコール依存症です。
そんなに量は多くありませんが、必ず飲みます。

飲まないと夜眠る自信がありません。

日中は余裕で寝れるんですけどね。

そして、外で飲まなくなりました。
もう、外で飲むのが面倒くさいです。

パジャマ姿以外で飲むことが苦痛です。

一方で日中は全然飲みたくならないので、まだ軽症だと思っています。

また、家で飲むとよほど飲まない限り顔は赤くならないようですが、外で飲むと1杯で顔が真っ赤になります。

不思議だなぁと思います。



10年前と変わったなぁ、というか年をとると普通の変化ですかね。
しかし、10年前と全く変わらないこともあったりします。

| 雑記 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プレゼンテーション【3回目】

今日、事例発表会ということで、プレゼンテーションをやってきました。

その中で感じたことを書いてみます。

私の人生の中で、人前でプレゼンをするというのは3回目だったようです。

プレゼンテーションのようなことをすることになった
続・プレゼンテーションの感想

◎1つめ 「パワポに文字をいっぱい書かない」
これは、以前のプレゼンの時も思ったことなのですが、
改めて人のプレゼンを見て、そう思いました。
字がごちゃごちゃ書いてあると一気に興味が失せます。

年なんでしょうか...

また、字をいっぱい詰め込んでそれを読むだけだと
あんまり胸に響かないような気がします。

◎2つめ 「こめんどくさくしない」
今日の事例発表会にはいろんな部門の人が来ました。
一般の人も来ました。

そんななかで細かい部分なんてどうでもいいと思いました。
そんなん言っても、意味分かんないし、へ~ってなって終わりです。
これも胸に響きません。

だいたいで言いと思いました。
限りなくわかりやすく内容を考えることが大事かと思いました。
まぁ、これは聴衆によって考える必要があると思います。

決して独りよがりになってはいけません。
聴衆に興味をもってもらうことが一番です。

◎3つめ 「やっぱり慣れ」
人前で話すのが上手な人は生まれつき才能だと思っていました。
まぁ、それもあると思います。
いきなり上手い人っていると思います。

一方で自分は人前で話すのが苦手です。
前回のプレゼンでは膝がガクガク震えました。
声がぶるぶる震えました。

早く発表を終わらそうと早口になってしまいました。

でも、今回はそうでもありませんでした。
膝は若干震えましたが、それを客観視することができました。
だから、発表の途中で足を微妙に動かしてみました。

すると、震えが止まりました。

人前で話すことは、経験を積むことによって上手くなるかもしれません。

◎4つめ 「情熱を持つこと」
何かいい事を言っても発表者が情熱を持っていなければ
つまらない発表になってしまうような気がします。

情熱をもって取り組んだことを話すときは
話術とかテクニックとかあまり関係ないような気がします。

やたらめったらな熱さは嫌ですが。

データだけ見せられてもつまらないし、何も共感は生まれないような気がします。

◎5つめ 「自信を持つこと」
今回の発表のため、いつものごとく家族や友人たちに聞いてもらいました。
そしたら、けっこう褒められました。

上手くなったんじゃないの、と。

私は発表の最後の方になると、
聞いている人たちはもう飽きているのではないか
私が何を言っているのかわからないのではないか
という思いから、早く発表を終わらせなくちゃと思って
早口になる傾向がありました。

でも、内容も理路整然としているし、
話し方も悪くないと思う、
だから自信を持って発表したらいいよという言葉をもらいました。

私はけっこうこめんどくさい性格なのですが、
根は単純なようで褒められると素直にうれしくて
自信を持つようになりました。

だから、本番当日も最後まで堂々と話す事ができました。

自信無さげに話して良いことは一つもありません。
自信が無くても、焦らず堂々と話すといいかもしれません。

一番はいろんな人に聞いてもらって、
褒めてもらうことが良いかもしれません。
最初はダメでも何回も何回も練習するうちに良くなるはずです。

そして、発表する機会は今後何回も出てくると思います。

今回は50点でも、練習してきた経験や本番での経験は次の機会にきっと役に立ちます。7

◎6つめ 「推敲は大事」
今回の持ち時間は10分間でした。
始め原稿を作った時、5000文字くらいになりました。

1分間で話せる文字は300~400文字だそうです。
10分間だとだいたい3500文字くらいにおさめる必要があります。

そこからガリガリ削って行きました。

最終的には3300文字になりました。

今思えば、どうでもいいことを沢山書いていました。
推敲って大事だと思いました。


何かを人前で話すことは、準備段階から苦痛を伴います、自分の場合は。
でも、それをやり遂げた時の達成感は通常業務では言い表せないものがあったりします。

人前で話すからには、できる限り粗相が無いよう、
一生懸命、話す内容を練ります。

いろんなことを確認します。
無駄を省きます。
興味が持ってもらえるような内容に作ります。
わかりやすい構成を考えます。
ストーリー性を持たせます。

練習段階で録音して、自分の声を聞いて反省します。
いろんな人前で話してみます。

するといろんな発見があります。

そうすることによって一皮むけた感じがしてきます。

そうすると、また発表の場に立ちたいなんて思えてきます。


今回はこちらの方みたいに話せればいいななんて思って
何回も参考にさせてもらいました。

| 仕事 | 22:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

団体交渉で思ったこと

今日、団体交渉というものに参加しました。

経営幹部と労働者が交渉するというあれです。

職場に入ってから初めての参加だったような気がします。

労働組合というものにほとんど興味が無かったので、組合活動には全く参加していませんでした。

私はロスジェネ世代というのでしょうか、景気の良い時期は経験したことがなく、就職してからベースアップなんてことは経験したことがなく、むしろベースは下がる一方だったような気がします。

そんな状況が長らく続いて、労働組合の存在意義って何なのだろうかと思っていました。

組合活動費まで給料から天引きされて、給料が引き下げられるなんて、一体何のための組合活動費なのだろうかと思っていました。

労働組合の歴史について私はほとんど知りませんが、何となく自分も組合員になっていました。

こちらから積極的に脱退を申し出ないと、勝手に組合員になり続ける訳ですが...

一方で労働組合が無い職場も多くあって、それは悲惨な状況の職場もあると聞きます。

しかしながら、労働組合があっても、労働環境が改善されるというわけでもないと思います。

今の状況が、労働組合があったからこそ、現状程度で済んでいるのかわかりません。


で、今日の団体交渉の話題は賃金カットでした。

賃金を向こう3年間、8%カットするという話でした。

これはまた大きく出たなという気持ちと、それだけ財政状況が悪化しているのかと驚きというか、ちょっとやばいんじゃないという気持ちになりました。

リストラが当り前の時代に8%程度の賃金カットくらいなら仕方ないと思えなくもありませんが...と、こういう考えになるのは景気の悪い時代にしか生きていない世代だからかもしれません。

それが普通だと思えてしまいます。

一方で最近はアベノミクスで2年連続ベースアップなんていう声も聞こえてきます。

賃金8%のカットとなると、給料20万円であれば月1万6千円、30万円であれば月2万4千円の削減になります。年間にするとかなりの金額になりますね。

組合側の主張では住宅ローンを払っている人や子供への仕送りをしている人にとっては死活問題だという話をしていました。

正直言って、住宅ローンという商品はすでに時代に合っていないのではないかと思います。

終身雇用制で年功序列という制度は減っているさなかで、それを前提にして作られたであろう住宅ローンという商品は時代にマッチしていないのでは思っています。

じゃぁ、一括で家を買える人がどれだけいるのかという話ですが、一括で家を買えない人はもう家を持つ時代でもないのではないかという気がします。

次に仕送りですが、もうこれも無くしてしまってよいのではないでしょうか。最近は18歳から選挙権を与えるという話題が出てきています。いっそのこと18歳から成人ということにしてしまって、成人となったらもう仕送りはなしということにしてしまうと。

自分の場合は、20歳超えても両親から沢山援助してもらいましたが...

一度上げてしまった生活水準を下げると言うのはとても難しいことだと思います。

自分も軽自動車から普通乗用車へと乗り換え生活水準を上げました。また、ADSLから光へ、そしてガラケーからスマホへと上げてきました。

米もコシヒカリを食っています。

これらをまた元に戻すとなったら、相当な快適性を失う事になりそう...と思っていましたが、よくよく考えるとそうでもなさそうです。

実際に車で遠出する機会は増えましたが、別に軽自動車でも問題なさそうです。

ネット環境も別に光である必要性はなさそうです。

携帯はスマホが便利ですが、格安ケータイなら、ガラケーの時の料金とさほど変わりはなさそうですし。

米に関してだけは、コシヒカリで行きたいです。

そう考えると、月々の支出はかなり抑えられそうです。

たぶん組合交渉しても、賃金カットは変わらないでしょうから、本当にこれからの生活を考えて行く必要がありそうです。

いっそのこと転職か、とか思いますが、やりたいことの方向性も分からず、アピールできることも少なく、まずこの仕事で頑張っていくしか道はなさそうと思っています。

それと団体交渉を見ていて、同じ話の繰り返し、お互いの主張が交わらず、平行線を永遠とたどって物別れになったのですが、何かもっと建設的な話ってできないものなのかと思いました。

団体交渉とはこういうものなのかもしれませんし、もしかしたら交わらない会話も戦術のうちなのでしょうか。

けっこう面白いものを見たなという気持ちにはなりましたが、何だか大の大人の話し合いとは思えませんでした。

昨年の10月からはこのような話(噂程度)があったので、その時ならもう少し違った方策も見つけることができたような気がします。

個々人がもっと必死になって、策を検討したような気がします。

賃金カットで年間3億程度の支出減になるそうです。
今、我々の部署は20程度あったような気がしますが、それぞれの部署で年間1500万円の支出を削減できれば、年間3億円の費用が削減されます。

それは、何とかして達成できたことなのではないだろうかと思えるのです。

| 仕事 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成26年振りかえり

少し早いですが、平成26年を振り返ってみて反省やらしてみたいと思います。

【仕事について】
今年は仕事については、飛躍の年だったと思います。
他人からの評価はわかりませんが、自分的には
充実した一年だっと思っています。

それは、上司が変わったせいというのが大きな要因だったと思います。

3年前に上司が異動となって、今の上司が来ました。
元人事担当にいたこともあってか、
人の扱いが上手いというか、面倒見が良い人だと思います。

その人は私に仕事を与えてくれました。

今の職務が嫌いで、やりがいを見つけることができなかった私でしたが、
その仕事を与えてもらって、やりがいができました。

今ではその仕事の延長が私の進みたい方向性までを
見せてくれました。

そのせいで忙しくはなりましたが、充実した時間を過ごしています。

理想を言えば、このような状況に自らで作りださなければならないのかもしれませんが、
私は与えられた仕事によってやりがいを感じるようになりました。

でも、それでも良いと思っています。

自己啓発本には自主性を重要とありますが、
私はそればかりが仕事では無いような気がします。

サラリーマンであれば、自分の全く興味が無い分野の部署に行く場合もあります。
誰もがその状況を受け入れることができる訳では無いと思います。

我慢する人、そのような状況でもやりがいを自ら見つける人、
人事に直談判して異動の希望を申し出る人、
腐ってしまう人...いろんな人がいると思います。

私はあまり前向きに仕事に取り組んでいませんでした。

早く異動したいな~と思うくらいで、
特に何も行動しないでいました。

でも、やりがいのある仕事を与えられて
自主性がでました。

その仕事から派生していろんなことを自主的に取り組みました。

その結果、今の仕事に面白さややりがいを感じるようになりました。

与えられた仕事でしたが、今の状況は悪くないと思っています。

来年は異動しそうな予感もしますが、
異動してもしなくても前向きに取り組んで行こうという気持ちです。

【趣味について】
去年からボーリングを始めました。
週1のペースでボーリング場へ言っていましたが
ここ2か月はどうもやる気が起きません。

ちょっと飽きてきたのかもしれません。

来年はボールでも買って、やる気を奮い立たせたいと思います。

ゴルフに関しては10年目くらいでしょうか?
上手くなりません。
スコアが伸びません。

アベレージは多少良くなっているかもしれません。
まぁ、練習不足というのは自覚しているので
当然の結果です。

気持ちの持ち方的なものがわかってきたような気がするので
来年もこんな感じで頑張りたと思っています。

今年は17回ラウンドしたようです。
平均ストロークは96のようです。
昨年は95のようですから、1悪くなしました。

来年は92くらいを目標に頑張りたいところです。


【投資について】
今年は約16%増えたようです。
昨年は34%、おととしは15%増えたので
3年連続のプラスとなりました。

アベノミクスの効果でしょうか。

私は平成19年から投資を始めたのですが、
すぐにリーマンショックの波に飲まれ
一時期は元本の半分くらいまでになったのですが、
現在価値は元本の140%程度になりました。

今思うところは、投資して良かったなですが、
明日はどうなっているかわかりません。

実際、リーマンショックの時は
証券会社のマイページを見るのが恐ろしかったですから。

今年はまぁまぁの金額を投資にあてることができました。

給料はそんなに増えないような流れなので、
来年も今年と同じくらい投資に回せればと思います。

やはりローンを組んでいないということが
資産運用できる一番の要因だと思います。

今年が投信スーパーセンターから楽天証券へ
すべて移し替えしました。

銘柄も移し替えしました。

シンプルな投資となり、すっきりしました。

来年はいつ買うかが課題となりそうです。

今は実態無き株高が進んでいるような気がします。
来年かわかりませんが、一気に下げるような気がします。
明確な根拠はありませんが、リーマンショック前も
実態が伴わない感じで株価が一気に上がった記憶があります。

一方で実態が伴って株価が上がる時などあるのかという疑問もありますが、
何だか下がりそうな気がするので来年は投資するタイミングが難しそうです。

とりあえずドルコスト平均法ということで、
毎月積み立てでもしてみようかなと思っています。


【目標について】
今年の目標は7つもありました。

一つ目は失敗を恐れずチャレンジすることです。
二つ目は失敗しても気にしないことです。

仕事では目標を達成できたかなと思います。
大きな失敗は無かったような気がするのですが、
自分が行った仕事の評価はすべきだと感じました。
いわゆるPDCAサイクルは改めて感じました。

一方で私生活ではチャレンジしなかったような気がします。
来年はもっとチャレンジしなきゃと思いました。

3つ目が自律でした。
そして、4つ目が自立でした。
自分をコントロールして、他人に依存しないための目標だったと思います。
自律はできたような気がします。
これは酒に関してですが、二日酔いするほど飲まなくなりました。
酒を飲んでも、そそくさと帰ってくるようになりました。
それほど盛り上がる酒飲みの場に出くわさなかったということもあるかもしれませんが、
今年は二日酔いで次の日がつぶれたということが無かったような気がします。これは自律の結果だったような気がします。
自立については、比較的他人に依存しない生活を送っていたような気がします。
これは気持ち的な問題です。
実際にはいろんな人に助けられて生きているので、
かなり依存はしていますが、
気持ち的に依存は無くなったのかなと思います。
時々、依存しているなと思うときもありましたが、
目標として掲げていたので、
おっといけないというブレーキをかけることができたような気がします。

5つ目は親戚に会いに行くということでした。
千葉にいる祖母の親戚に会いに行こうかなとふと思って
目標として書いた記憶があります。
千葉には行ったのですが、親戚には会いに行きませんでした。
代わりに違う人と会っていました。
その親戚は祖母が亡くなった時や法事の時に
70代後半ですが、高速をぶっ飛ばして駆けつけてくれました。

物事を見る目が私と似ていて親近感を覚えました。
再来年は祖母の7回忌ですが、恐らく家族だけで行う予定ですので、
むしろこちらから会いに行きたいなと思います。
きちんと時間をとって会いに行きたいと思います。

6つ目は東京オートサロンに行くということでした。
気づいた時には終わっていたので、それは平成27年にということですが、
う~ん、一人で行くのも何なので
友達を誘ってみたいと思います。

7つ目は...
達成できませんでした。
1年間もあったのに達成できませんでした。
すごく残念です。
チャレンジしなかった...
いや、したけど...
なんか中途半端でした。
来年は中途半端なことは辞めて、勇気を持って結論を出し
前に進んで行きたいと思います。

| 雑記 | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。