ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第142回 日商簿記2級の合格発表

本日、私が受験した地方の商工会議所において
第142回簿記試験の合格発表がありました。

予備校の自己採点では79点だったので、
ドキドキしながら、合格発表のホームページを
のぞいてみました。

すると、何と2級の合格者はたったの3人でした。

そのなかに、自分の番号が...ありました!

5分くらい、舞い上がっていました。
(仕事中に...)

となりの人にも自慢してしまいました(笑)
(隣の人、ごめんなさい。どうでもいいことですね。)


確か2級の受験者は60~70人くらいいたと思うので
私が受験した地区の合格率は4~5%程度だと思います。

簿記2級を完全になめていました。

何か終わってしまって、気が抜けてしまいました。

勉強していた時、特に試験前の2~3週間は
勉強するのいやだな~、もう飽きたな~とか
思っていたのですが、
今は何だか寂しい気持ちです。

かといって1級を受験する気はありません(笑)
だって、難しそうですからね。

しばらく資格の勉強はお休みです。
来年くらいになったら、もしかしたら
また意欲が沸いてくるかもしれませんので
それまでは体でも鍛えたいと思います。
スポンサーサイト

| 簿記 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第142回日商簿記2級を受験しました

平成28年2月28日に第142回日商簿記2級を受験してきました。

平成19年に簿記を受けようと目標を立てましたが、
なかなか実現できずにいました。

それが昨年から仕事で簿記の知識があった方がよさそうになったことから、
昨年の6月から簿記の勉強を始めました。

簿記3級なんて簡単だと聞いていたので、
はじめから簿記2級を受けてやろうと思っていたのですが、
ネットの情報だと2級には3級の知識も必要だと言う事で
3級の参考書から読み始めました。

ところが2級どころから3級すら受かる気がしませんでした。

簿記試験をなめていました...orz

高校生がとる資格だとなめていたのですが、
実際に勉強してみて、高校生ってすごいなと思いましたよ。

それでも、6月からコツコツと勉強して、
11月の3級には無事合格し、平成28年2月の2級を目指して
またコツコツやってきました。

試験1か月前までは、頭の中がこんがらがっていて
これは合格できそうもないなと思っていたのですが、
最後の1ヶ月で全体を一気に復習してみると、
一気にわかるようになった気がします。

むしろ、試験1週間前にはもう勉強するところは無い、
みたいになって、気が抜けてしまって、
最後は尻すぼみになってしまいました。

本当は試験が近づくにつれて
学習時間は多くなっていなかなくてはならないのですがね...

それでも、第141回の簿記2級が相当難しかったそうなので、
第142回は簡単になるとネットで予想されていたので、
なんとかなると思って受験してみたのですが...

私は結構難しく感じました。

第1問の(3)と(5)でつまずいてしまいました。

(3)は商品売買以外の時に使用する「営業外受取手形」がわからず、通常の「受取手形」を書いてしまいました。
固定資産で受取手形?と、違和感を感じたものの、選択肢をよく見ないまま記入してしまいました。
でも、営業外受取手形は初めて聞いた言葉なので、どっちにしろ不正回だったと思います。

(5)は支店独立会計制度という言葉が良くわからず、間違ってしまいました。問題集でよくある言葉は本店集中制度だったような気がして、いつもと違う仕訳が必要なんだなと勘違いしてしまいました。
いつもどおりの仕訳を書けば、正解でしたが、支店独立だから本店勘定を使用してはいけないと思い、貸方に未払金(本店に後で広告宣伝費を支払う必要があるため)を記入して不正解でした。


また、第3問も非常に難しかったです。

難しいというか、設問の文章がいつもと比べて、何かプラスされていて、答えを出すために計算過程がいつもより増えているという感じでしょうか。

また、文章理解の能力がないと、どのように計算したらいいかわからないという感じがしました。

そんな感じで時間がかかってしまって、
やばい!制限時間に終わらない!という焦りから
減価償却の(2)を読み飛ばしてしまってまんまと間違えてしまいました。

時間がかかりそうな第3問は最後に解くのがセオリーをなっていたので、
最後に解いたのですが、それでも焦りました。

たぶん、のこり1時間くらいのところから解き始めたのですが、
20分くらい解いてみて、やばいこれは終わらないかもとか
思っていました。

だって、最後に法人税等を求める設問があって、
法人税等を求めるためには、税引き前当期純利益を求める必要があり、
税引き前当期純利益を求めるためには損益計算書を書かなければならない!
なんて思ったら、手に汗をかいてきて、
あ~やばい、やばいなんて思っていました。

貸借対照表でどうしても600円合わなくて、
何回も見直して、最後の5分くらいで解決しました!
でも、解答速報を見たら、その前の段階でいくつも間違っていて
結局、合計金額も間違っていました。
(合計は配点なしなんでしょうか?)


工業簿記をお目にかかったことがないケースがでてきて
焦りました。

まず、第4問。

能率差異は変動費のみで計算、という言葉。
素直に書いたのですが、どうやら固定能率差異は操業度差異に含めるようでした。

これは、初めて知ることでした...

そして、最終の第5問...

第2工程月末仕掛品の前工程費を答えなさいという問題。
その他は、問題集で何回もしてきたので、ふんふん♪という感じで計算したのですが、
月末仕掛品の前工程費って何?

どうも前工程費と原料Yは別々に計算する必要があるらしく
ごっちゃにして計算する知識しかなかった私は
めっちゃ焦りましたが、
何となく出した答えが正解しており、
第5問は満点の20点の予定です。

で、自己採点の結果...

79点でした。

合格点が70点なので、何とか合格していて欲しいものです。

で、今回簿記2級を受験してみて思ったことが
次のとおりです。

①捨て問なんて無い
ケアレスミスはできる限りなくしましょう。
よく言われる言葉です。
そのとおりです。できる限りなくす技術を身につけましょう。
いろんな方法があると思います。
その方法は...誰かに譲ります。

でも、試験は緊張するものです。
今日の試験中も鼻血を出していた受験生がいました。
きっと、緊張のせいだと思います。

それくらい緊張する人もいる訳で、
試験となると、多かれ少なかれ緊張はすると思います。

模擬試験で90点とった!とか、
過去問は全て100点とれるようになったとか
それと試験は別であります。

だから、ケアレスミスはどうしても出てくるものだと思っていた方がいいかもしれません。

だから、捨て問と呼ばれる難しい問題も解けるようにしておいた方が良いと思いました。

聞いたことが無い言葉でも、簿記の内容を理解して問題を解いていれば、
何となく解けなくもないような気がします。

満点とるつもりで学習する気がいが必要な気がします。

ケアレスミスの分を捨て問でカバーするみたいな感じです。
と、私は思いました。

②やっぱり解く順番
おおむね第3問は時間がかかるようです。

142回の2級もそうでした。

第3問を最後に回すことによって、
第4問、第5問がゆとりを持って解けました。

時間が無い中で第4問、第5問を解いていたら
間違っていたかもしれません。

第3問、回によっては第2問も時間がかかるケースがあるので、
時間がかかる問題は後回しにして、
工業簿記に取り掛かった方が良さげだと思いました。

③ネットの情報をうのみにしない
これもネットの情報ですが(笑)

第141回日商簿記2級が難しく合格率が低かったので、
142回は優しい問題で、合格率が高くなるようだ
みたいなことがささやかれていましたが、
本当にそうでしょうか?

私は142回も難しかったと思います。

ただし、私は1回から141回までを受験していませんでの
比較はできませんが、
何となく142回も難しかったと思います。

なので、優しくなりそうな回を狙って受験するというのは
株価の予想するのと同じで無謀なような気がします。



最後に...

簿記試験って、日本でもっとも受けられている試験らしいです。
多くの人が簿記の知識を持っていることを思うと、
何だかすごいなーと思います。

ただ、工業簿記の知識は転職しない限り、
使う事が無いような気がして、
残念でなりません。

| 簿記 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成26年度 認定ファシリティマネジャー(FM)試験の合格発表

平成26年9月1日にファシリティマネジャー資格試験の合格発表がありました。
http://www.jfma.or.jp/qualification/successful-candidate/2014.php

仕事の合間にそそくさと見てみると...
自分の受験番号が...ありました!

とりあえず合格できて、良かった、良かった。

ただ、私、実務経験が足りなくて、認定ファシリティマネジャー(CFMJ)資格への登録ができません。

| ファシリティマネジャー | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

認定ファシリティマネジャー試験の感想

平成26年度認定ファシリティマネジャー試験を受験しました。

その受験勉強と試験について感想を書きます。

まず受験勉強の方から。
参考書は「総解説ファシリティマネジメント(以下「総解説」という。)」と
「総解説ファシリティマネジメント追補版(以下「追補版」という。)」があります。
総解説の方はでかくて重いです。字も小さくて、読む気がしません。
ページ数も513ページとかなりのボリュームです。

総解説は2001年に初版が発行されたため、内容も古くなっているため、
最近の動向について追補版として225ページのものが発刊されています。

正直これはあまり読みませんでした。これは辞書です。

用語解説みたいな感じで使いました。

しかし、試験では総解説や追補版の文章や図がそのまま問題として出てきました。
といっても、どこが出るのかわからないので、これだけのボリュームがある参考書を
まるごと覚えるのは現実的ではありません。

次に過去問ですが、最新4か年の過去問題集が1種類だけ発刊されています。
監修がファシリティマネジメント資格制度協議会、
編集が認定ファシリティマネジャー資格試験研究会となっています。

認定ファシリティマネジャー試験を主催しているのが
ファシリティマネジメント資格制度協議会なので
公式と言っていいのか...

むしろ他で出す気もなさそうです。

私はこの過去問を5~6回ほど読みました。
対策としてはそれで十分だった気がします。

ほとんど風呂場が勉強場所でした。
どうも机に座って、いざ始めようとすると
どうも集中できない傾向がありました。

また、コーヒーショップなどでも集中できました。
多少ガヤガヤしている方が集中できるのかもしれません。

それから、過去4年間の試験問題なので、
内容的に古いものがあります。

その時の数値などがそうです。
調べると逆転している項目もありました。

試験問題は繰り返し出題されるので、
変わる数値は新しいものを覚えた方が良いかもしれません。

また、勉強してみて思った事は、
今までの資格試験と比べると
内容がぼやけている気がしました。

おそらくファシリティマネジメントという分野自体が
比較的新しいため、その手法もまだ進化中ということがあると思います。

それから内容が抽象的なものが多いような気がして
勉強内容を具体的に活かすイメージがつきにくかったです。
恐らくこれは私の理解不足かもしれません。

どの資格試験もそうですが、
まったく聞いた事が無い言葉はなかなか頭に入ってきてくれませんでした。

SLA、KPI、SECIモデルなんて全く縁の無かった言葉だったので、
イメージするのに苦労しました。
イメージできないと、覚えられないので...

また、私は施設管理や設備管理といった事に興味が無かったので、
頭に入りにくかったこともあったかもしれません。

むしろ、数字や法律系が好きだと自分では思っています。
以前から簿記をとってみたいなと思っていましたが、
結局とらずにいて、
興味が無かった施設管理系の資格の勉強をしていました。

これでいいのかなと思いつつ、何となく勉強していましたが
実際仕事上、役に立っているような気がしますし、
頑張っている自分がけっこう好きだったりしました(笑)

次に試験についてです。
試験は80分×3、90分×1の長丁場です。

こんなに集中力持つかなと思っていましたが、
実際やってみるとあっという間でした。

見直している時間はほとんどありませんでしたし、
見直す気力もありませんでした...

試験問題は比較的素直な内容だったと思います。
過去問を理解、暗記していれば解ける問題がほとんどですし、
若干ひねった問題もありますが、
落ち着いて考えると過去問の知識で解けると思いました。

この試験はまず間違いなくその業務に就いている人が受験するのだと思いますが、
業務上知っている、知っているべき内容も結構出題されますので、
その辺は楽かもしれません。

時事的な問題もありますので、
日頃から最近の傾向と情報を把握しておくことも必要かもしれません。

ですが、日々新しい情報は発信される時代に
どの情報を把握すべきか難しいところですが、
施設管理系の仕事をしている方であれば、
自分の業務に関係ある部分については知っておいた方が
良いかもしれません。

択一は過去問をしつつ、疑問があるところや関連項目について
総解説などで確認しておけば合格点はとれると思います。

次に論述ですが、これは実際に書くしかないと思います。
論述の模範解答があれば、それを読めばいいのですが、
無いので、実際に自分で書くしかありません。

私が思ったのは実際に自分の言葉で書くのがいいと思います。
もちろん問われている事にたいしてちんぷんかんな回答はダメですけど、
自分の言葉で書く事が大切かなと思いました。

過去問をしっかりやっていれば、
論述のキーワードは少なくとも2つくらいについて
説明はできると思います。

その説明できるキーワードを使って論述を展開するしかないと思います。

ポイントは与えられた問題にきちんと答えることだと思います。

与えられた問題に対しての課題とその解決方法を書けばOKなのかなと。
実際、自分が合格しているかわかりませんが(笑)

それから、試験では下書き用紙が渡されるのですが、
私は90分もあると思ってゆっくり下書きをしていたのですが、
最後の方は時間が足りなくなりそうで焦りました。

90分はけっこうあっという間という感覚でした。

何となく構成を考えて、下書きはイメージ図的なものにして
後は本番用紙に書いていった方が良いかもしれません。
(それができればの話ですが...)

最後に、私が受験した会場ですが、
クーラーがガンガン効いてて寒かったです。

半そで、短パンの人もいたので人によりけりだと思いますが
私は寒かったです。

なので、寒がりな人はクーラー対策として
長袖、長ズボンで行く事をオススメしておきます。

| ファシリティマネジャー | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

平成26年度 認定ファシリティマネジャー(FM)試験の解答予想

平成26年7月6日に実施された認定ファシリティマネジャー試験を受験してきました。
認定ファシリティマネジャー試験はマイナーなためか解答速報をどこも出してくれません。
そもそもこの試験を扱っている予備校がありません。

でも、解答速報が気になるので、自分で作りました。
総解説ファシリティマネジメントやその追補版及びインターネットで調べはしましたが確実ではありませんので、参考になされる方はあくまでも個人の見解ということをご了承ください。

また、解答予想に誤りがある場合はコメント欄にて記入してくだされば、適宜訂正します。
それでは、以下解答予想です。

【FMの概要】
問1 2
問2 8.4.6.3.2
問3 2.1.3.5.6
問4 1.1.2.3.1
問5 6.2.8.5.3
問6 2
問7 5
問8 2.1.3.3.2
問9 2
問10 4.5.7.1.2
問11 3.2.1.3.2
問12 2
問13 1と4
問14 2.1.3.2.3
問15 1と3
問16 4.3.1.8.5
問17 5.1.4.2.3
問18 3.2.1.3.2
問19 3.2.1.2.3
問20 2
問21 2
問22 3.8.2.5.1
問23 3.6.7.4.5
問24 2

【FMの実務Ⅰ】
問1 3と4
問2 1と2
問3 2と3
問4 4.8.5.1.3
問5 1と3
問6 8.2.5.3.6
問7 2.5.4.8.6
問8 1.2.4.8.5
問9 1.3.4.5.8
問10 2.1.2.1.3
問11 1と4
問12-1 2と3
問12-2 2.1.2.2.1
問13 2.3.1.2.3
問14-1 3と5
問14-2 1と5
問15 1.2.2.2.3
問16 2.5.4.7.6
問17 1と4
問18 1.3.6.7.5

【FMの実務Ⅱ】
問1 7.4.8.1.2
問2-1 3.4.5
問2-2 2.3
問3 7.3.8.6.5
問4 2と4
問5 1.2.3.1.2
問6 7.5.2.1.8
問7 2.1.2.3.1
問8 1と3
問9 3.2.2.1.1
問10 3.2.1.3.3
問11 4と5
問12 3と4
問13 2.8.5.6.7
問14 7.1.3.5.4
問15 3と4
問16 1.2.3.2.1
問17 7.5.4.1.2
問18 1と4
問19 2.2.2.2.1
問20 2と4

| ファシリティマネジャー | 21:31 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

行政書士試験のサイトを作りました!

平成18年度に行政書士試験に合格してから
ずっと行政書士のサイトを作りたいなと思っていたのですが
やっと重い腰をあげて作ってみました。

>>行政書士とは|仕事内容と資格を取るための学習方法

行政書士って資格的にはメジャーだと思うのですが
実際に何しているのかわからないという方が多いと思うんですよ。

具体的に仕事内容をイメージして勉強したほうが
モチベーションも維持できると思います。

ですからまず行政書士の仕事内容を解説してみました。

そして、学習スタイルについても説明しています。
独学・通信教育・通学講座どのような学習スタイルが自分に
あっているのかそれぞれの特徴を書きました。

また、行政書士試験には法令等と一般知識それぞれ膨大な範囲から
出題されるわけですが、効率よく最短で合格する勉強法を紹介します。

中にはちょっと書いていてアツくなりすぎて
自分よがりな文章になっているかもな~なんて思うときもありました。

でも、まぁそれが自分の言いたい事だったのでとりあえずそのまま
アップしてみました。

私が行政書士試験に合格した勉強方法は決して楽な方法では
ありませんが、やれば必ず合格するための力はつくと思います。

もちろん全てを真似する必要はありませんが、何か一つでも
参考になればと思って作りましたので、これから行政書士試験を
受験しようと思っている方は暇なときでもご覧になってみてください。

| 行政書士 | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FP技能士試験の合格発表です!

本日(平成20年3月8日)ファイナンシャルプランナー技能士試験2級の
合否通知が届きました~!

気になる結果は...

tennsuu.jpg


goukaku.jpg


合格しました!

FP2級はFP3級試験に比べ法人の税務やリスク管理、
経理処理等があり若干難しい感じがしましたが、
基本的にはFP3級の内容をしっかり勉強しておけば
合格できるような気がします。


私の場合、FP3級試験の時に比較的みっちり学習した(つもり)ので
FP2級の勉強はFP3級の時と比較するとやや手抜き感がありました...

それでも、3ヶ月間、1日2時間勉強しました。(合計180時間程度)

これからFP試験を受けようと思っている方や残念ながら
今回の試験で不合格だった方に参考になればと思い
私が行った勉強方法をご紹介します。

基本的に使った教材は2冊です。

【参考書】
FP技能士2級試験・AFP最短集中ゼミ ’08→’09 (2008)FP技能士2級試験・AFP最短集中ゼミ ’08→’09 (2008)
(2008/07)
白根 寿晴

商品詳細を見る


【問題集】
FP技能士2級試験・AFP厳選問題集 ’08→’09 (2008)FP技能士2級試験・AFP厳選問題集 ’08→’09 (2008)
(2008/07)
FPコラボレーション

商品詳細を見る


【STEP1】

最初にざっと参考書を眺めました。
解らなくてもどんどん前に進みましょう。

ポイントは一気に読みきるということです。
全部で6つの試験項目がありますので、
1日1項目読んで1週間以内に読みきります。

繰り返しますが、内容を理解する必要はありません。

もしFP3級を合格している方はこのステップを飛ばしてもかまいません。


【STEP2】

次に問題集にとりかかります。
ポイントは問題に答えないということです!

問題を読んだら解答をみて○×をなぜそうなるのか解答を書き写しましょう。
一度にいろいろ書き込まないほうが良いと思います。

一度に覚えられる量は少なくしましょう。そして、同じ問題を3日連続で
繰り返し読んでいきます。決して解かないでくださいね。

(具体例)
1日目 問1~問10(1回目)

2日目 問1~問10(2回目)と問11~問20(1回目)

3日目 問1~問10(3回目)と問11~問20(2回目)と問21~問30(1回目)

4日目 問11~問20(3回目)と問21~問30(2回目)と問31~問40(1回目)


とこんな感じで問題集を消化していきます。
上記の問題集はおよそ300問程度なので一日10問ずつ新しい問題に
取り組んでいけば30日で終わります。

この方法で問題集をやり終えたら、次に一気に最初から最後まで読みます。
一気にといっても一日で読むのは大変なので(私の場合は...)
1週間くらいかけても良いと思います。

そうすると個別の事項が徐々にいろんな事項との繋がりを
感じることができる
と思うので、
その時に繋がっている事項を問題集に書き込みましょう!

そうすることによって問題集が自分だけの参考書に生まれ変わります。

そこまで終わったらやっと参考書を読みます。
問題集で全体を把握しているでさらさら内容が入ってくると思います。

全然解らないうちに参考書を読むと
ちんぷんかんぷんで眠くなってきますが、
問題集をやってから参考書を読むことによって、
内容がすらすら入ってくると共に
細かい事項まで理解するのが容易になります。

次は無料で手に入る過去問をやっておきましょう。
きんざいのHPから過去門をプリントアウトして解いてみましょう。

きんざいのHPの過去問ダウンロードページはこちら
>>http://www.kinzai.or.jp/ginou/fp/

ここでのポイントは、過去問を模擬試験として活用するということです。
地方にお住まいの方は模擬試験を実施している資格の学校が
近所に無いという人が多いと思います。

私がそうでした...

一番近くて車で2時間30分もかかります。というか、
県内にFP技能士試験の模擬試験を実施している学校等がありませんでした。

話がそれましたが、模擬試験を実施している学校等が近くにない方は
過去問を模擬試験にしちゃいましょう!
実際の時間配分や試験のレベルがわかると思います。

それから、過去門を模擬試験とする場合自宅でやらないほうが良いと思います。
実際の試験会場にはいろんな人がいます。
書く音がうるさい人、貧乏ゆすりをする人、鼻水をすする音がでかい人など
様々な集中力を奪われる要素があります。

そこで、実際の試験を想定して人が比較的沢山いるところで練習してください。
図書館とかマックとかミスドとかは比較的どこにでもあると思うので、
そんな感じのところを探してみてください。

また、問題集を読むだけで解いてこなかったので本当に自分の力で解けるか
不安になっている頃だと思いますので自分の力を試してみてください。

過去問をやり終えたらちゃんと復習してくださいね。
FP技能士試験は比較的素直に過去問を聞いてくる問題が多いので
過去問も問題集と同じ要領で読み込んでくださいね。

最後に問題集をもう一回だけざっと読み込んでください。

これでFP2級の試験対策は終わりです。
基本的にはFP3級も同じ方法で合格しました。

FP試験は誰でも3ヶ月程度勉強すれば合格できる試験です。
ただし、3ヶ月間は他のやりたいことがあっても無視してください。
今時間がいっぱいいっぱいという方は何かすることを減らしてください。

今、時間がないという方が新たに試験勉強をするとおそらく挫折します。
ただでさえ忙しくて疲れているのに新たに何かするというのは
かなりの意思が必要になります。

だから、FP試験に合格するという目標を持ったら3ヶ月間だけは何か諦めてください。

試験が終わったら存分にやりたいことをしてください。
それが一番楽にしかも挫折しない方法だと私は思います。


もし、今やっていること全て辞めるわけにはいかないという方は...

朝2時間早く起きる...これは最終手段です。

私はFP試験を通じて税金や経済について
ずいぶんと理解できるようになりました。

もちろん税理士さんや大学教授のような専門家には全然かないませんが、
普通に生活しているレベルではFP2級レベルで充分だと思います。

日経新聞や様々な金融商品を理解できるようになりましたし、
それらに関する本を読んでも比較的すんなり理解できるようになりました。

「貯蓄から投資へ」という言葉が盛んに使われていますが、
自分の身は自分で守るしかありません。
FP試験は金融リテラシーの基礎を学ぶには一番良い方法だと思います。

FP技能士はこれから投資をしてみたいという方
身の回りのお金に関することを体系的に学びたい
考えている人にはもってこいの資格だと思います。

もちろんFPの資格を活かして独立するという手もありますけどね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

| FP | 15:20 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「FP技能検定」受けてきました。

ファイナンシャル・プランニング技能検定2級を受けてきました~。

今回の学習期間は去年の11月から学習開始したので、
約3ヶ月間でした。

受けてきた感想は

...けっこう難しかったです。


時事的な問題が多かった(?)ために
既存の参考書ではまだ載ってなかった部分があり
資格の学校や模擬試験など受けていなかった私は
苦しみました。

新聞等で最新の情報をみっちり読んでおけば対応できそうな
感じもしました。

早速きんざいのHPで解答を見ようと思ったら案の上
重い、重い。

何回も更新クリックして10回目くらいににやっとつながったよ...

FP技能試験解答はこちら↓↓
http://www.kinzai.or.jp/ginou/fpnews/2008/01/2008127-2.html

3級の時よりも曖昧なところがけっこうあったので、
どきどきしながら答えをチェックしましたところ

学科 50/60点
実技 48/50点(配点がわからないので予想点数)

それぞれ6割以上で合格なので、
自己採点では合格してそうです(^o^)丿

マークシートの段ズレがなければ...

FPは自分の仕事とはさほど関連が無いのですが
今後の私生活において役立てば良いかなと思って
勉強してみました。

試験会場ではさまざま年代の人がいまして
社会人なのに頑張っている人を見ることが出来て
なんか励まされました。

資格ホルダーにならないように気をつけながら
今後も何かしら勉強したいと思った一日でした。

【FP2級の試験で活用した問題集】

FP技能士2級AFP試験厳選問題集’07~’08FP技能士2級AFP試験厳選問題集’07~’08
(2007/07/18)
FPコラボレーション

商品詳細を見る

合格するために必要最小限の知識を身につけることができます。とのことですが、
実際使ってみた感じだと、この問題集ときんざいのHPからダウンロードできる過去問を
繰り返し解いていけば、試験対策は完璧だと思います。

【FP2級の試験で活用した参考書】
FP技能士2級AFP試験最短集中ゼミ’07~’08FP技能士2級AFP試験最短集中ゼミ’07~’08
(2007/07/17)
白根 寿晴

商品詳細を見る

いきなり参考書から読み始めると、途中で息切れしてしまいそうになるので
初めは問題集からやったほうが無難だと私は思います。

問題集をある程度やってから参考書を読むとスラスラ頭に入ってきます。
問題集で得た知識を整理するのに役立ちます。

この2冊ときんざいのHPからダウンロードできる過去問だけで
FP技能士2級は合格できます。

ただ、過去問の答えはきんざいのHPからダウンロードできるのですが
解説がないためになぜそうなるのかわからない場合があります。

その時はインターネットを使って調べましょう。
解決しない問題はまずありませんよ。

逆に自分で調べたものはただ読んだ解説より
ずっと忘れにくいので調べたほうがいいときもあるかもしれませんね。


↓最後まで読んでくださいましてありがとうございます↓
にほんブログ村 本ブログ ビジネス書へ

| FP | 21:43 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

\(^o^)/

今日はFP3級試験日でした。

学科はまぁぼちぼちかなぁ~、実技は手ごたえばっちしってな感じでした。

で、答え合わせした結果

 学科 56/60
 実技 15/15

普通にうれしいっす。

ただ、学科で見直して回答変えたところが間違ってたり、昨日勉強したところを間違えたりとそこは悔しい思いをしたので、次につなげたいと思います。

とりあえず目標達成ということで、これから酒でも飲みます。

| FP | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FP試験日前日

とうとうFP3級試験が明日になりました。
7月5日から今日(9月8日)まで勉強してきて今回の勉強法について振り返ってみたいと思います。

勉強を始める前は試験までの期間が短い(約70日)から不安だったのですが、今思うと問題集も一冊しか買わなかったということもありますが、最後は時間がありすぎて同じ問題を何回もやりすぎて飽きてしまってモチベーションが下がってしまいました。(同じ問題集を8回もやってしまいました。)逆にいえば複数の問題集に手を出さなかったことで自分がやった問題集の内容はほぼ完璧に覚えることができたような気がします。

まだ試験も終わりもしないで気が早いのですが次回(FP2級)はもうちょっと問題量が多い問題集でも買おうかなと思います。(でも薄い問題集でも合格できるようであればそっちのほうが良いような気もしますが...)
また、迷いがっ...

とにかく、明日は電卓を忘れないようにしたいと思います。

| FP | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。