ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2017年の投資方針

【主要指標の変動率】
日経平均 +3.60%
(日経平均プロフィルより http://indexes.nikkei.co.jp/nkave/archives/data)
TOPIX +0.4%)
NYダウ +13.4%
円/ドル 3.43円 円高ドル安
上記、変動率は個人で調べたもので、正確性には欠いているが、個人で使用するものなので良しとする。

日本の株価に関しては、2016年の初めは下げたようだが、トランプさんの効果か年後半には2016年当初の頃の値に戻ったようだ。

値動き幅は19,000円台から14,000円台まで下げたときもあったようなので、変動幅はかなり大きかったと思われる。

一方でNYダウは13%増となっていたが、これが今まで比べて良かったのかそうでもないのか不明だったので、過去の年毎の騰落率を見てみた。

ダウ平均2016
世界経済のネタ帳(http://ecodb.net/stock/dow.html)より

グラフの上昇角度を見るとかなり良かった方だと思われる。

やはりトランプさんの効果なのだろうか。


【保有投信騰落率(一部)】(H29.1.6時点のデータ)
・たわらノーロード日経225 +11.72%
・ニッセイTOPIX +9.30%
・ひふみ投信 +4.53%
・結い2101 △1.81%
・三井住友DC全海外株式 +13.97%
・ニッセイJリート +13.96%
・ニッセイグローバルリート +7.23%

まず疑問に思ったのが、日経平均やTOPIXに連動するインデックスファンドの騰落率が日経平均やTOPIXの騰落率とだいぶ違うこと。

多少期間がずれているが、ここまで違うものなのか?
安いときに誰かが沢山買うと、こうなるのだろうか?

どちらが本当なのか調査したいところだが、そこまでの気力が無いので、ここまでとしておく。


【運用成績】
2016年(1年間)+5.44%
2007~2016年(10年間 設定来)+38.06%

自分が保有する投資信託全体の騰落率を見ると、+5.44%だったので、良好な成績だったと思う。目標利回りを5%とみているので、目標は達成された。

このまま、自分が定年退職(仮に60才とみているが、実際はもっと延長されそう。)するまでの目標金額は今の保有資産で5%の利回りをしていけば、すでに達成できる資産となっていた。

改めて複利の効果をすごいと思った。

もちろんだが、ずっと5%以上の利回りが得られる訳でもないし、何らかの理由で保有資産を取り崩すこともあるかもしれない。しかし、貯蓄などしたことが無かった自分が10年間で目標を達成できるとは思いもしていなかった。

人って変わることもあるんだなと思った。(変わっていない部分も沢山あるけど。)

まず間違いなく定年まで今ある保有資産を取り崩すときはある(例えば車を購入するときなど)ので、これからも余力資金は投資に回したいと考えている。


【2016年末の保有資産別割合】



保有資産の残高をみると
・国内株式  39%
・海外株式  54%
・国内リート 4%
・海外リート 4%
となっている。

目標のポートフォリオは
おおむね「国内株式40%:海外株式60%」なので、2017年も保有資産割合どおりに投資していこうと思う。

また、2017年から確定拠出年金を活用していく予定なので、どの商品を対象とするか様々考えてみた。

①先進国株式のインデックスファンドのみ
 →何だか面白くないので辞めた。
②確定拠出年金のなかで、自分好みのパートフォリオを作ってみようということで、
 国内株式インデックスファンド 40%
 先進国株式インデックスファンド 50%
 国内リート 5%
 海外リート 5%
 →後々、いろいろ考えそうなので辞めた。
③保有商品全体で目標とするポートフォリオを形成する。
 これがもっとも良いような気がする。
 →面倒くさいので辞めた。
④初心に帰った。
 国内株式インデックスファンド 40%
 先進国株式インデックスファンド 60%
 →採用(予定)


ここ数年は1年に1回しか、投資のことは考えないのですが、そのせいかすごく面倒くさかったです。

誰かが言っていましたが、普通に仕事をしている人は、投資は趣味でも特技でもないので、ほったらかしにできるのが重要みたいなことを。

確かに。1年に1回しか考えないので、いちいち調べるのが面倒でなりません。
それでも、今のところは、普通預金や定期預金と比べ物にならないほどの利益を出してくれているので、1年に1回考えるだけでこれだけの恩恵をもらえるなら面倒だなどと言ってられません。(面倒な思いをして、マイナスとなることもありますが。)

いずれにせよ、自分はどんなことでもですが、投資は特にシンプルイズベストだと再確認しました。(なんか以前もそう思ったような気がします。)
スポンサーサイト

| 資産運用中 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2016年の投資について

【アセットアロケーション(2015年12月末時点)】




【運用成績】
・2015年の成績  +1.25%
・2007年から通算 +38.52%

【主要指標の変動率】
・日経平均株価 +9.33%
・NYダウ △2.2%
・ドル / 円 2円70銭円安ドル高


・eMAXIS TOPIXインデックス  +12.09%
・eMAXIS 先進国株式インデックス  +0.12%
・eMAXIS 新興国株式インデックス  △2.68%
・eMAXIS 先進国リートインデックス +1.36%
・eMAXIS 国内リートインデックス  △5.05%

・ひふみ投信 +21.75%
・結衣2101  +6.73%

昨年の投資は全体的に値動きが小さかった年だったなぁという印象でした。

経済的には一進一退の動きだったのでしょうか?

何となく覚えているのは新興国が不振だったということ。

特に中国は経済情勢が不安定だったような気がします。

アメリカでは0金利を辞めたとか辞めないとかでしょうか。

日本はどうなんでしょうか?

東京オリンピックが決まって、特需があるような気もしますが、高度経済成長期?のときのようなオリンピック景気は訪れないような気もします。

むしろ東京オリンピックが終わってからが怖い気がしますが...

自分が購入しているインデックスファンドの年間騰落率を見てみると、日本株式がけっこう良かったりしていますが、積立している自分はその恩恵をあまり受けられなかったようです。

また、直販投信であるひふみ投信は年間騰落率が+21.75%と素晴らしい成績だったようです。

信託報酬1%ちょっとと、インデックスファンドと比べるとけっこうお高めですが、それに余りある好成績だったようです。

一方で結い2101はアクティブファンドながらここ4年間はTOPIXに負けている状況です。
東日本大震災があった2011年は大幅にTOPIXを上回っているので、下落相場の時が得意なのかもしれません...

確かに現金比率も高く調整できるようなので、リスク回避の役割を持っているのかもしれませんが。

直販系の投信について面白い記事があったので、リンクを貼っておきます。
投資信託分配金

最近は投資について考える時間が非常に少なくなってきています。

なので、やっぱり投資はシンプルが一番のような気がします。

ということで、今年(2016年)も何となくインデックスファンドを積立するような気がします。

配分的には国内株式:外国株式=50:50若しくは40:60くらいで積立てできればなぁと考えています。

| 資産運用中 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資方針【2013年】

【2012年12月31日のポートフォリオ】



2012年は初めて投資信託の解約をしました。

投資信託は投信SCと楽天証券にて保有していたのですが、楽天証券の方を全部解約しましたので、現在のポートフォリオは投信SCにて保有している投資信託です。(直販もちょびっとあった。)

何となくの指標や投信の1年間の騰落率を調べてみました。

・日経平均 +22%
・TOPIX +7.3%

・結い2010 +6.6%
・ひふみ投信 +18.33%

・外国株式インデックスe +28.95%
・eMAXIS 新興国株式インデックス +30.39%

なんかTOPIXが嘘くさいですが...

昨年とうってかわって軒並みすごいプラスですね。
こんな風になるなんてまさかの展開です。

本当、株価ってわからないものだとつくづく思いました。

このまま、右肩上がりで行ってほしいものです。
そして、実体経済にも反映なってほしいものです。

私の運用実績も大幅に回復しました。
昨年の今頃はもう傷はふさがらないと思っていたのですが、たった一年でほぼ傷がふさがったという、うれしい誤算でした。

【運用成績】
・2012年の成績 +14.79%
・通算(2007年~)△0.40%

で、今年はどうしようかと検討中なのですが、とりあえず投信SCで保有している投資信託は全て解約しようと思います。

投信SCにある投信信託は投資を始めた2007年頃に買ったもので、同じようなインデックスファンドでもっと信託報酬が安いものがゴロゴロありそうなので、移し替えようと思っています。

それと、コモディティのやろうが全然ダメなんで、辞めようと思います。

外国債券についてはどうしようかな~...

というか、ほとんどのインデックス系は連動しているような気がするので、どれ保有しても同じような気もするし、かといって最近の日本株式の値上がりっぷりを見るとそうでもないような気もするし...

やっぱり、基本に忠実なのが良いのかもしれませんね。

というか、欲を出すと痛い目を見るのが常なので、無難なとこ行くのがいいような気がします。

| 資産運用中 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初めての投資信託解約

車を購入したのですが、いろんな事情があって資産はほぼ投資信託で、現金はほとんど持っていませんでした。

で、強制的に投資信託を解約する事になりました。

投資信託は投信SCと楽天証券に持っているのですが、投信SCの方はリーマンショック前に積み立てていたものですから、マイナスが半端無い感じです。

楽天証券はプラマイゼロみたいな感じでした。

投資信託は10種類程度、買っていたのですが、どれを解約するかが、悩むとこでした。

最近の実績をみて、マイナスのものを解約するべきか...

今後、有望そうなものを残すべきか...

なんて、いろいろ考えてもわかりませんでした。

で、選択した結果が、もっとも合理性がない結論です。

解約すれば、運用損のものは、その時点でマイナスが確定してしまいますから、それが嫌で、プラスマイナス0程度の楽天証券の方を解約しました。

でも、まぁ解約という行動が経験できてよかったです。

手続き的にはボタンを何回か押すだけの簡単な行為なのですが、今まで一回もしたことがなかったので、びくびくしながらクリックしました。

結果的に楽天証券の方を解約したのですが、なんとなく投信SCで持っている投資信託は将来有望でなさそうなので、今年中に解約して、楽天証券で持っていた投資信託を買い戻したいと考えています。

そもそも同じようなインデックスの投資信託で、投信SCで持っている方が信託報酬が高かったりするので、当然といえば当然なのですが...

それも、強制的に解約をせざる得ない状況で解約という行動ができたからこそ、できる行動なのかなと思います。

| 資産運用中 | 09:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資方針【2012年】

【2011年12月31日現在のポートフォリオ】




【運用成績】
・2011年の成績 △9.84%
・通算(2007年~)△15.70%

【主要指標の変動率】
・日経平均株価 △18.68%
・TOPIX      △20.09%
・NYダウ        4.69%
・香港ハンセン  △21.34%
・ドル / 円  5.11円高ドル安

もっと円高が進んだような気がしたのですが、そうでもなかった?のでしょうか。
他にもREIT指数や商品指数など見てみたいですが、どこで見れるかよくわからないのでヤメときます。
単独の指標と比較すると、「まだマシ」だったようです。これが分散効果でしょうか。

【2012年の投資方針】
①CMAM日本株式インデックスe
②CMAM外国株式インデックスe
③eMAXIS新興国株式インデックス
を、毎月積立していきます。

投資信託を5年間積立をしてきましたが、始めた年が悪かったのか1年しかプラスの年がありません。正直、恐いです。プラスに転じることがあるなんて想像できません...orz

今換金するのも恐ろしいし、かといって積立を辞めることもできそうにありません。

今年は一気に盛り返してくれることを期待しています。頑張れ世界!

| 資産運用中 | 20:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RE:投資信託積立【2011年9月分】

私は毎月投資信託を積み立てているのです。
毎月26日に自動で買付をするよう楽天証券で設定しているのですが、どうもいつも高値掴みをしているような気がして、今月はその自動積み立てを解除して、任意の日に手動で買付したところです。

買付した日は平成23年9月2日です。

で、今日26日がいつもの積立日だったので、主要なデータを比較してみたいと思います。

主要データ 9月2日 9月26日 比較
日経平均株価 8,950.74円 8,374.13円 △576.61円
TOPIX 769.78 728.85 △40.6
NYダウ 11,276.82ドル 10,771.48ドル △505.34ドル
香港ハンセン 20,212.91 17,407.80 △2,805.11
ドル / 円 1ドル=76.77円 1ドル=76.35円 42銭円高ドル安



と、まぁ自分の勘がいかに当てにならないのかを再度認識したところです。

| 資産運用中 | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

投資信託積立【2011年9月分】

毎月同じ日に積立を行うように設定していたのですが、先月にドルの格付け格下げに伴う世界同時株安を受けて、そろそろ買い時じゃねなどと勝手に考え、積立以外の日に買ってみました。

そして今月も勢いで本日買付を行いました。

理由は野田新内閣発足です。
市場の反応はあまりにも未知数のため、とまどっているなどと書いてあり、最初からあんまり期待されない方が後々良くなる可能性が高いかなと思ったからです。

でもそんな予想は意味が無いとわかっています。

でも勢いで買ってしまいました。

今の心境は少しでもプラスになったら定期預金にしたい気持ちです。
投資は気持ちにゆとりが無いとできない行為だと思う今日この頃です。


投資来収益率 ▲13.2%

<H23.9.2終値データ>
・日経平均株価 8,950.74(-110.06)
・TOPIX 769.78(-8.50)
・NYダウ    11,276.82(-216.75)
・ドル / 円 1ドル=76.77円

| 資産運用中 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドル格付け格下げに伴う世界同時株安

世界同時株安が進んでいます。
原因は様々あるのかと思いますが、ドルの信用が怪しくなってきたというのが事の発端でしょうか?

日本に関しては、円高が進み政府介入もあったのですが、そのかいも虚しく未だに円高が進んでいます。

平成23年8月11日AM8:09現在で1ドル=76.69円となっています。

1年前の8月の終値は1ドル=84.16円だったようです。

私は5年前に初めて海外旅行に行ったのですが、その時は1ドル=120円台だったような気がします。

そうすると
・5年前 10万円 → 833ドル
・今   10万円 → 1303ドル

その差470ドル、率にして64%もアップしています!
まぁ、それはしょうがないとして、ここは投資のチャンスではないかと思うのです。

私は毎月自動で積立てをするように設定しています。
したがって毎月同じ日に積立てをしています。

悪い癖だと思うのですが、私が積立てる日はいつもその月内でも高い日のような気がしてならならいのです(笑)

だから、今月は思い切って(自分的には…)、積立て以外の日に購入してみることにしました。

購入した投資信託は以下の3本です。
・CMAM 日本株式インデックスe
・CMAM 外国株式インデックスe
・eMAXIS 新興国株式インデックス

<参考データ(H23.8.10)>
・日経平均株価 9,038.74円
・TOPIX 776.73
・NYダウ 10,719.94ドル

| 資産運用中 | 08:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年の投資方針【まとめ】

【H23年度購入(保有)投資信託一覧】
名称 販売会社 販売手数料 信託報酬 信託留保財産額
CMAM
日本株式インデックスe
楽天証券 ノーロード 0.3885% なし
CMAM
外国株式インデックスe
楽天証券 ノーロード 0.525% なし
eMAXIS
新興国株式インデックス
楽天証券 ノーロード 0.63% 0.3%
eMAXIS
国内リートインデックス
楽天証券 ノーロード 0.42% 0.3%
eMAXIS
先進国リートインデックス
楽天証券 ノーロード 0.63% 0.3%
損保ジャパン
DBLCIコモディティ6
投信SC 1.05%1.1025% 0.3%


毎月の積立分=いわゆる今後の購入分は
国内株式 → 50%
先進国株式 → 40%
新興国株式 → 10%
で、購入していこうと思います。

また今まで購入してきた投信信託を上の表の6つに変更したいと思っています。

どこかで聞いたことがあるような気がしますが、金融商品って購入するよりも売却する方がずっと難しいような気がします。

含み損を抱えたまま売却するのは、よくよく考えると信託報酬の低い同じインデックスファンド(一部違うものもありますが)に乗り換えるのだから、今後の運用成績はほぼ間違いなく「良くなる」はずなのですが、どうも抵抗があったりします。

ちょっと趣旨が異なりますが、山崎元氏の「素人の株式投資」が陥りやすい10の難点が参考になるような気がします。

2月中に整理できたらいいなと思っていますが、優柔不断なためどうなるか・・・です。

| 資産運用中 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011年の投資方針【その他】

【国内リート(H22年まで)】
名称 販売会社 販売手数料 信託報酬 信託留保財産額
三井住友・グローバル・リート・オープン
(の国内リート分:10%)
投信SC 1.575% 1.6695% 0.3%
【国内リート(H23年から)】
名称 販売会社 販売手数料 信託報酬 信託留保財産額
eMAXIS
国内リートインデックス
楽天証券 ノーロード 0.42% 0.3%



【海外リート(H22年まで)】
名称 販売会社 販売手数料 信託報酬 信託留保財産額
三井住友・グローバル・リート・オープン
(の海外リート分:90%)
投信SC 1.575% 1.6695% 0.3%
【海外リート(H23年から)】
名称 販売会社 販売手数料 信託報酬 信託留保財産額
eMAXIS
先進国リートインデックス
楽天証券 ノーロード 0.63% 0.3%



【コモディティ(H22年まで)】
名称 販売会社 販売手数料 信託報酬 信託留保財産額
損保ジャパン
DBLCIコモディティ6
投信SC 1.05%/td>1.1025% 0.3%
【コモディティ(H23年から)】
名称 販売会社 販売手数料 信託報酬 信託留保財産額
損保ジャパン
DBLCIコモディティ6
投信SC 1.05%/td>1.1025% 0.3%

| 資産運用中 | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。