ブログDE読書日記

ブログで自己啓発・ビジネス・資産運用・IT関連本のレビュー(感想)を紹介します。と、最初は思っていたのですがビジネス書以外についても書きます。っていうか、いわゆる日記ですね。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タネナシ(ダイヤモンド☆ユカイ)

タネナシ。タネナシ。
(2011/07/22)
ダイアモンド☆ユカイ

商品詳細を見る


ネットで見る限りでは私と症状が異なることからスルーしようと考えていたのですが、やっぱり気になって購入した次第です。

無精子症には2種類あります。
「閉塞性」と「非閉塞性」です。

閉塞性の無精子症とは何らかの原因で精子を体外に運ぶ管が詰まっている状況で、この場合はほぼ精子は造られていることから手術をすれば95%の確率で精子を採取できます。
ユカイさんはこのパターンです。

非閉塞性の無精子症とはその名のとおり閉塞(詰まっていること)していないのに、精子が無い。つまり元々精子を造っていない場合です。無精子症の80%が非閉塞性だと言われています。
非閉塞性の場合は手術をしても精子を回収できる確率は病院によって異なりますが、おおよそ30%です。
私の場合は非閉塞性でした。

ユカイさんは手術をして精子を見つけることができましたが、私の場合、精子を見つけることができませんでした。

確かに精子が見つかれば、まだ自分の遺伝子が入った子供を授かる可能性が残されることから、見つかるに越したことは無いのですが、ネットで拝見する情報によれば簡単な話ではなさそうです。

ユカイさんは子供を授かることができましたが、何回顕微授精しても、子供を授からないという人もいるのです。顕微授精は1回50万円くらいします。それから顕微授精をしている病院はそれなりにあるのでしょうが、実績がある病院となるとけっこう遠くに行かなければなりません。医療費や旅費といった金銭的な問題、また先の見えない治療による精神的疲労などは大変なものがあると思います。
顕微授精を20回しても授からず、1000万円使ったという方もいらっしゃるようです。

先が見えない治療というのは本当に辛いと思います。

ユカイさんはロックンローラーらしく、相当な女好きだったようです。
何人も女をとっかえひっかえして、更に離婚までして、いろいろと学んだようです。
私もすごく勉強になりました。
夫婦生活を継続するには「努力」が必要であること。

私はずっと今まで努力をしてこなかったかもしれません。
安定した生活の上であぐらをかいていたかもしれません。

でもユカイさんは子供が生まれても浮気をしていたみたいですね。
さすがロックンローラー。
先輩の内田裕也さんという大御所がいますから、ユカイさんの今後に目が離せません。

ただこの本のタイトルはずるい。タネありなのにタネナシと言っているのですから。
本当にタネナシなのは私の方です。

スポンサーサイト

| 暮らし・健康 | 11:19 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

読むだけで絶対にやめられる禁煙セラピー

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー (ムックセレクト)読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー (ムックセレクト)
(1996/05/01)
アレン・カー

商品詳細を見る


平成23年4月2日から禁煙を始めて何とか1ヶ月経ちました。
その間タバコを吸いたいと思うときは何回もありましたが、ニコチンパッチのおかげか何とか禁煙生活を続けています。

ニコチンパッチの効果は?と聞かれれば、効いているような効いていないような・・・

貼っててもタバコは吸いたくなるけど、貼っていないともっと吸いたくなるような気もします。
すでにニコチンパッチ中毒(笑)

4月30日に医者にいってニコチンパッチを処方してもらわなければ、ゴールデンウィーク中にニコチンパッチが切れてしまうのですが、どうも面倒くさくなって行きませんでした。

先日、同僚が読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー (ムックセレクト)を読んで禁煙したという話を聞きました。
しかも二人も!

その内一人は、私の偏見ですが絶対に禁煙するような人では無いと思っていました。
それが、本を読んだだけで禁煙しているということ、非常に驚きました。

ということで、ニコチンパッチも切れそうなので、私もこの読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー (ムックセレクト)を読んでみました。

あら、不思議(笑)タバコを辞めれそうな気になってきました。

1996年に発刊されたということで、だいぶ古い本だから、内容も古いのかなと思っていましたが、タバコを辞められないということに時代は関係ないようです。

よく非喫煙者から言われるのは、
・タバコは体によくない
・むしろ良いことなど何一つない
・タバコにいくらお金をつぎ込んでいるのか
などです。

喫煙者はいつもその認識はあると思います。
わかっているけど辞められないのですよね。

むしろこの本は、吸っていて生じる害よりも、タバコを吸う理由が無いことを教えてくれます。

自分の場合、なぜタバコを吸っているのかと考えた時に、
・習慣
 仕事の区切り
 食事の後
 決まった時間(出勤時など)
・イライラしている時
・リラックスしている時
・緊張している時
でしょうか。

禁煙セラピーではこういう状況にタバコを吸っても何もならないといっています。
(私がこう書くと短絡的だと思われますが、しっかりと理解できるようにこの本には書いてあります。)

例えばイライラしている時に吸うわけですが、このイライラの発信元がタバコだったりします。
ニコチンが切れてきてイライラする→そしてタバコを吸う→またニコチンが切れる→タバコを吸う
こういうサイクルがあるようです。

イライラする原因はニコチン切れだけでは無いかもしれませんが、イライラ感が倍増することは間違いありません。

この本を読んで禁煙したという同僚が話していた時に、誰かがその本を読んで洗脳されたのだろうと言っていました。
しかし、私はこの本を読んで逆だと思いました。
むしろ洗脳されているのは喫煙者の方だと。
(別に喫煙者を非難しているのではありませんし、私もまだタバコを吸いたいと思います。)

タバコを吸わないと不安で仕方ないという気持ち。
でもタバコなんて吸わなくとも、別になんてことないのです。

だって、タバコを吸わなくても普通に生きているひとは沢山いるわけですから。

ただ、生き方は人それぞれでしょうから、無くても困らないものでも、人によっては生きがいみたいなものもあると思います。

タバコを辞めたいと思っている人にとっては、禁煙セラピーの考え方は非常に勉強になると思います。

私は常々、継続することって難しいと思っています。
今は読んだばかりですから、気分も高揚して禁煙できそうなどと思っていますけど、1週間後や1ヶ月後はどうなっているかわかりません。

1本だけ。これが全てだと思います。

私は最初の禁煙はこれで失敗しました。1本くらいなら大丈夫だろうと。
それが間違いでした。

タバコは1本で依存症、中毒症状がでるそうです。

正直なところ、このまま一生タバコを吸わない事ができるのか不安です。
その一方でタバコを吸わなくてもいいなら、吸わないでいきたいとも思っています。

理由はどうであれ、せっかく始めた禁煙なので、続けようと思います。
禁煙セラピーではニコチンの代替品は辞めようと言っていますが、ニコチンパッチに頼っている自分に矛盾を感じますが、ニコチンパッチは処方されたとおり使用していこうと思っています。
なんせ、意思が弱いモノですから・・・(笑)

| 暮らし・健康 | 13:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

死ぬときに後悔しない医療

死ぬときに後悔しない医療 (小学館文庫)死ぬときに後悔しない医療 (小学館文庫)
(2010/02/05)
大津 秀一

商品詳細を見る


死ぬときに後悔する事25の著者と同じ本です。

今現在、私の家族の2名が末期がん患者です。
一人は父、もう一人は祖母です。

祖母は緩和医療を受ける予定です。申し込み手続きもすでに済ましました。
一方で父は緩和医療を受ける予定はありません。
父の緩和医療=ホスピスのイメージは「死が直前に迫った人が行く場所」「手遅れになった人が行く場所」「うす暗い場所」というものだと思います。

この本を読んで緩和医療の大切さを学びました。著者も言っていますが、緩和医療を受けることによって、完璧に誰もが「安らかな死」を迎えられる訳ではありません。医学的に完全に苦痛を取り除くことが難しい症状もあるだろうし、ましてや心の平穏というのは患者本人が到達しなければならない境地なんだろうと思います。

それでも、緩和医療について知っておく事は非常に重要だと考えます。自分の他人は価値観が違います。自分で考える自分の事と、他人(家族含む)が考える自分の事は大きく異なる場合があると思います。

だからこそ自分はどういう終末期を迎えたいかしっかりと意思表示しておかなければ、自分の意志に反した医療行為を受けることになるかもしれません。その反対もありえます。

しかしながら、忙しい毎日の中で「死」というか、病気で死にゆくときにどのような対応をしてほしいかを考えると言う事は非常に難しいと思います。そんな事考える暇があった、テレビでも見て、ビールでも飲んで、楽しい話でもして、そして布団に入って寝たいですよね。

私の場合は家族二人が末期がん患者となり、できるだけ苦しい思いをさせたくないという気持ちから緩和医療の本を読んだところです。家族皆が健康であればまず間違いなく読まなかったと思います。

医療関係者など特定の職業の人以外は、病気の終末期をそう見る機会は無いと思います。医学は相当進歩していると感じていますが、それでもこの本によればまだまだ非常に苦しい思いをして「死んでいく」人がいるそうです。その苦しみは患者や医者に知識があれば回避できるものもあるそうです。私は私の家族やもちろん私も回避できるのであれば、病気の終末期には苦痛を回避したいものです。

| 暮らし・健康 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

余命ゼロを生きる

余命ゼロを生きる~現役美容師、奇跡の物語余命ゼロを生きる~現役美容師、奇跡の物語
(2009/06/16)
佐藤 由美

商品詳細を見る


実家でとっている新聞(山形新聞)に特集が組まれているのを見て買ってみた。

【目次】
第1章 42歳、独身の私は、ひとりで告知を受けた
第2章 あこがれのニューヨークで、新しい私になる
第3章 念願の自分の城、そして突然の入院
第4章 顔のガンとの闘い
第5章 美容師を続けながら、4つのガンと生きる


ガンをかかえる父にも読ませてあげたい本だった。

病魔はいつ何どき襲ってくるのかわからない。

せっせと頑張ってきた挙句、病に倒れる人もいる。

悪事を尽くしてきた人が、長生きする場合もある。

そう考えると、何だか不平等を感じるときもある。


私の父もそうだ。

健康には人一倍、気をつけていたけれど、63歳でガンになった。


著者の佐藤氏はこう言っている。

「ガンになってよかったなんて思ったことはない。
けれど病気になり、多くのことを学んだの事実だ。」

「自分が自分をガンにしてしまったのではないか?と、考えている。」

「一般的に、ガンになる要因の一つにストレスがあげられるが、
私の性格、私の生活、私のものの考え方などがガンに影響していると思うからだ。」

「病気は自分で治すものだと考えている。
主治医を頼りすぎてもいけないし、
病気から逃げてもいけない。」

「恐怖心を抱かず、いま自分にできる限りのことを続けていくことが大切なのだと思う。」


父がガンになってから、確かに多くのことを学んだ。

両親がいつまでも元気でいる訳ではないこと。
それも私がいい年なのでその「いつまでも」のリミットはいつ来てもおかしくないこと。

家族のうち、一人が病気なると、その一人の分を誰かがカバーしなくてはならないこと。

誰かが病気になるということは、その看病を誰かがしなければならないということ。

自分が両親を支えてあげなくてはならないということ。
でも、それを負担にしてはいけないこと。
自分も自分の人生を生きなければならないこと。


それから、私も父と性格が似ているので、性格がもしガンに影響を及ぼすとしたら、考え方を変えていく努力をしなければならないということ。

自分だけの小さい世界に閉じこもるのではなく、外に向けて自分から飛び出してみること。

人間関係を大切にそして恐れずに飛びこむこと。

寛大な気持ちを持つこと。

自分を傷つけた相手を許せる心を持つこと。


何とかなるさ~の精神が大切かも。


それから、無いものねだりもいけないかもしれない。

ガンの特効薬を探し続けてもあまり意味が無いのかもしれない。

もちろん医師に対してきちんと説明を求めることや、代替療法の情報を集めることも意味はあると思います。

ただし、そこに固執しすぎると、そこに正解がある、探し求めているモノがあるとありもしないモノを追い続けて疲れ果て、いらだちが募るかもしれません。


私は患者ではないので、ガン患者がどんな気持ちになるのかはわかりません。

でも、父を元気づけてあげたい。

父が今どんな気持ちなのかは、表面上はわかっているつもりでも、心の奥底はわかってないかもしてない。

それでも、明るく楽しく充実した毎日を送れるように応援したい。

それが、積極的に父にかかわってくことか、それとも...


最近、本当にこう思う。

人生は思っていたよりも短いかもしれないと。

私も佐藤氏のように心底好きだと言えるモノが見つけられるように、日々行動していきたいと思う。

| 暮らし・健康 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ついていったら、だまされる

ついていったら、だまされる (よりみちパン!セ 30) (よりみちパン!セ 30)ついていったら、だまされる (よりみちパン!セ 30) (よりみちパン!セ 30)
(2007/11/22)
多田 文明

商品詳細を見る


ビジネス書多読メモさんで紹介されていて
面白うそうだと思って購入しました。

ビジネス書多読メモさんの書評は分かりやすくて
言いたいことが伝わってきて、しかもおもしろくて
いつも楽しみにしていたのですが、2008年の1月で
更新止まってるんですよね...

どうしたんでしょかねぇ。

リアル仕事が忙しいのでしょうか?

すごく楽しみだっただけに残念です。


まぁ、それはいいとして、早速この「ついていったら、だまされる」の
話題に入りましょうか。

まずはこの表紙のデザインを見てください!

もうこの表紙だけで買いたくなっちゃいませんか?

で、この本はよりみちパン!セというシリーズモノで
中学生以上の方を対象にした道徳?の授業で使われそうな
内容を扱っているようです。

そのシリーズの中の1冊がこの「ついていったら、だまされる」
なのです。

内容は悪徳商法に著者が実際に付いて行ってみるという
決死のノンフィクションです。

具体的には

・手相占い

・先祖のたたり

・デート商法

・出会い系

・ボランティア、オーディション

・スピリチュアル

などです。


成功本を読んでいるとなんとなく「性善説」的な話が多く
自分もどちらかというと性善説よりの考え方?かななんて
勝手に思っているのですが、こういった本を読むとやっぱり
騙すことに必死な人もいるのかななんて思ってしまいます。

ただ、騙そうとしている人は自分では騙そうとしている実感が
無い人もいるのかな?

確信犯もいるか...

ちなみに私の家にも5回くらいかな、「オレオレ詐欺」かかってきたようです。

そして、ばあちゃんが職場に電話をかけてきたなんていうことも
ありましたよ。

まだ、振り込んではいませんが...

思うんですけど、男って家に電話するときに
「名前(JIRO)だけど、○○いる?」って言わないですよね?

普通?は「俺(僕)だけど、○○いる?」って言わないですか?

なんだか自分の名前を言う習慣がないもので
恥ずかしいですよね。

今度からは家族間で暗号決めておこうと思います。

もちろん、オイラはJIROで( ゚∀゚)ノ 


【編集後期】

禁煙してから約3ヶ月...

禁煙するとたいがい太るという話はよく聞きましたが
10年以上、同じ体重を維持している私にとっては
そんなことは他人事と思っていました...

先日、近所のスーパー銭湯で3ヶ月前の健康診断以来
体重を量ってみたら、なんと3キロ増!!

1ヶ月1キロペースか!?

1年で12キロか!?

今日もとんかつ食べに行ったのですが

     ご飯 キャベツ タバコ  合計?
禁煙前 1膳  1杯    2本    4

禁煙後 2膳  3杯    0本    5


食欲の秋、こちらの冬は厳しいんです。

今のうち喰っとかないとね( ゚∀゚)ノ 

| 暮らし・健康 | 20:35 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どんどん目が良くなるマジカル・アイ

っていうか、読書じゃない?

まぁ~、本ということで。

私の視力は0.01というド近眼です。
小学校低学年までは2.0も余裕で見えたのですが、その見えすぎる目で毎日長時間「ゲーム」をやり続けたもんだから、あっという間に視力が下がりまして、中学生の時には常に1番前の席に座っていました。

高校になってからは遂に裸眼では生活できなくなり、そこから私のコンタクト生活が始まりました。

コンタクト生活はつけているときは違和感がなくてとても快適なのですが、毎日の付け外しが結構煩わしいです。

しかも、眠いときにそのまま寝れないし(酒飲んだときはそのまま寝てしまうこともありますが、次の日目が真っ赤になります。)、海に行ってもコンタクト付けてると海に潜るのためらうし、外すと何も見えないしでびみょ~に楽しめないし...

一番怖いのは、地震来たときメガネがつぶれて、コンタクトなんかめちゃくちゃになった時です。(まだなったときありませんが...)


そんで視力回復手術(レーシック)を時々考えるのですが、目をいじるのは怖いし、費用も結構高いしなかなか踏み切れません。

で、とりあえずこれで視力回復したらいいなぁ~と思って買ってみました。

この本は今年の4月に買ってから本日まで約6ヶ月間3日に1回くらいで見てました。

で、結果はというと目が充血しなくなりました(´∀`)

評価:☆☆☆

もっと毎日!どんどん目が良くなるマジカル・アイ 改訂版 もっと毎日!どんどん目が良くなるマジカル・アイ 改訂版
(2007/02)
宝島社

この商品の詳細を見る


本日よりブログ村に参加してみました。
よろしければクリックをお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

| 暮らし・健康 | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。